高島市

Takashima 20201121

高島のメタセコイア並木へ行ってきました。
紅葉度は70%くらいだったかな?
夏の新緑の時期には何度か行ったことあったけど、秋は初めて。綺麗だった〜
望遠レンズが欲しくなった。

もっとみる

となりまち-高島市(発酵のまち高島)へ(その2)

旅行に行くと立ち寄るのが道の駅。高島市にも「藤樹の里あどがわ」があります。大きめの道の駅で、いつもにぎわっています。

江戸時代の始めに陽明学者として活躍した中江藤樹さんが、高島市の出身なので、道の駅にもその名がついています。

1.高島ちぢみ

肌着が代表的かと思いますが、季節がらマスクの販売もおこなっていました。

2.高島扇骨(せんこつ)

以前は、扇子の骨の部分(竹)を作り、京都で紙を張り

もっとみる
ありがとうございます。
11

となりまち-高島市(発酵のまち高島)へ(その1)

地元大津市の北にある高島市。食に関しては「発酵のまち 高島」としてPRしています。

滋賀県に住むまで、鮒ずしの存在自体知りませんでしたが、お酒、みそなど様々な発酵食品があります。そんな中で、今注目は、「お米ヨーグルトのアレルノン」。

500gで1,000円を超えるので、市販のヨーグルトと比べて高めですが、高島市に行ったついでに購入しました(効果のほどはよくわかりません。)。

ランチは、友人に

もっとみる
うれしいです!
12

創り手が考える「高島ちぢみ」が夏場のマスク素材に向いている理由。

わたしは滋賀県に北西部・高島市(繊維産地的には高島産地と呼ばれています)で 株式会社杉岡織布 (すぎおかしょくふ)(http://www.biwa.ne.jp/~sugi-tex/)という会社で機屋(はたや)をしている杉岡定弘といいます。この度はnoteにて、あなた様の目に留めて頂きありがとうございます。

数か月前にnoteに登録していたものの、特に ブログ (https://ameblo.jp

もっとみる
嬉しいです!!
17

発酵の魅力、豊かな自然資源と食文化(2)

発酵の魅力、豊かな自然資源と食文化(1)に続き、発酵のまちと称される滋賀県高島市の魅力的な発酵文化をご紹介します。

この記事は、発酵から少々脱線して観光になりましたが、今回のように発酵をキーとして日本全国各地にある土地や自然や文化や歴史を見る楽しさを発見、興味が湧きました。

5.岩佐醤油(マルイ醤油)

140年以上の歴史を持つ岩佐商店は、ここ高島市の風土に育まれ、昔と変わらぬ天然醸造桶仕込み

もっとみる
わーい (^O^)/
12

発酵の魅力、豊かな自然資源と食文化(1)

昨年末、ご縁(機会)があって、発酵の街と称される滋賀県高島市を訪れました。その驚くべき発酵文化をご紹介したいと思います。

発酵のテーマパーク 滋賀県高島市

高島市は、びわ湖の北西に位置し三方を山に囲まれ、滋賀県湖西地域で最大の安曇川を中心とした幾つもの美しい川がつくる扇状地。

そこには日本でも珍しい水と発酵の文化があります。比良山系からびわ湖に流れる潤沢な美しい湧き水があり、年間を通じて湿度

もっとみる
感謝、感謝!ありがとうございます。
8

雑記:近江聖人の故郷

過去に紹介していなかった話。

数年前に滋賀県高島市安曇川を訪れたのであるが、ここは中世の石造物も多いが、江戸時代前期の陽明学者で「近江聖人」と称される中江藤樹の出身地でもあり。

JR安曇川駅前には中江藤樹の銅像が建っている。

安曇川駅からひたすら東に進み、三十分ほど歩いた所に道の駅「藤樹の里あどがわ」があり、その南隣に陽明園と近江聖人中江藤樹記念館がある。

陽明園は、陽明学の祖・王守仁(号

もっとみる

究極のエコ

エコロジーがテーマなコラムを見ていて滋賀県に住む知人の家を思い出した。
知人は滋賀県の高島市という所に住んでいて何度かお邪魔させてもらった事がある。

このあたりの家にはちょっと変わった台所がそれぞれの家にあります。
この一帯はそこかしこから水が湧き出ていて、野菜を洗ったりお米を研いだりしてます。
家の端に作られた溜め池のようなところにいつも並々と水が湛えられていてその中には鯉とか鮒とか魚が飼われ

もっとみる
ありがとうございます(^ ^)
8

あなたとわたしのスケッチ会 Vo.12

参加者が交代でモデルをする、お絵かきワークショップのご案内です。滋賀県高島市にある「白湖」で開催します。特別な知識や道具は要りません。お気軽にご参加ください。

概 要

・日 時 2020年3月20日(金)13:00 - 17:00
・参加費 3,000 円(軽食付き)
・定 員 6名
・場 所 白湖(滋賀県高島市勝野 1229)

軽食とパンの販売

今回は特別に、主催ののぞみるきが働く<信州

もっとみる