アイツが悪いと言いたいが

先日、ご近所で亡くなられた方がいた。我が家の目の前の方だ。

 私が住んでいる市町村は、今も町内会が機能しているような地域です。

 そうすると、町内会に入っておられる方で、亡くなった方が出た場合、お葬式のお手伝いがあります。しかし、今回は、お葬式のお手伝いはなしとなりました。

 しかし、町内会の方々に亡くなられたことを知らせなければなりません。その「お知らせ」の用紙を作成することを依頼されまし

もっとみる
次回の記事もがんばります。
2

先生と私

某名門校の高校教師であった伊熊寿夫の葬儀には錚々たる面々が参列していた。政治家、高級官僚、大学教授、大企業の社長、幹部、それに一流俳優や音楽家もいる。みな世に名のしれた人々ばかりであった。彼らは久しぶりに集まるとあっという間に高校3年生だった頃に戻ってしまった。しばし高校時代の思い出ばなしに花を咲かせ、そして互いの近況も話したが、政治家や官僚連中は現在の政治について語り、大学教授は大学の未来につい

もっとみる
愛…いただきました
30

あなたの親は不死身?

この前母親の葬式のプランを、

母親と一緒に見に行ってきた。

スタッフの方には、珍しいですねと

母親からは、ほんま変わった奴やと

一般的ではないとの意見を聞いた。

いやいや、そうじゃないだろうお母様。

あなたがぽっくり逝ったとき、

私がしんどい思いをして、準備しなきゃ

いけないんでしょうが。

もう60過ぎたんだから、いつでも

その時が来てもいいように準備を

しておくのは普通じゃ

もっとみる

葬式やお墓にお金をかけないで人生を締めくくる方法

最近は、墓も葬式もなくていいという「0葬」というものがあるらしい。

つまり、火葬したらそれで終わらせるということ。

遺骨の処理は火葬場に任せ、お墓そのものをいっさい持たないという選択だ。

先日亡くなったおふくろの場合は、先祖代々のお墓があるので、そこにお骨を収めることになったが、個人的には葬式やお墓にはいっさいこだわりがない。

自分が死ねば後はどうなるか、それを見届けることもできないわけだ

もっとみる
ありがとうございます!!励みになります!

コロナ下の葬式

第9期(1998年-2003年)の全国人民代表大会常務委員会副委員長を務めた曹志が、7月1日に亡くなった。故人には何ら知識もなく、また興味もないが、新コロ以降初となる副国級の葬式なので、念入りに内容を確認しておく必要がある。

 まず、中国共産党大物御用達となっている八宝山革命公墓での葬式開催なのに、「中共中央の委託」で代表者のみが参列している点が興味深い。

 今回の代表者は栗戦書だ。現在の全国

もっとみる

母が亡くなった

看護師さんが先生を呼びに行って2〜3分後に女性の先生がやってきた。

 どうやら主治医ではなく、代理の先生らしい。

 またもや、よくテレビドラマなどで見かける心音をきくのと、目の瞳孔を見るのをした後これまたよく見る「◯時◯分、死亡を確認しました」というようなのがあった。

 義父は母の名を呼びながら、感謝の言葉を話しかけていたが感傷に浸る事も遮られるようにして看護師さんに

「着替えさせますけど

もっとみる
ありがとうございます
4

18.繋がり続けている命

鳥葬ってご存知だろうか。

 弔いの方法といえば、一般的には日本では火葬が普通だ。滅多にお目にかかることもないけれど、火葬場ではらはらと灰が舞う中熱気の中に白くなった骨が横たわっているあの光景は強く眼に残っている。ここ最近で死について考えている時、たまたま葬儀の仕方にはどんなものがあるのか気になって調べている時に「鳥葬」を見つけた。

もっとみる
よろしければ他もぜひご覧になってください!
4

あの日、僕は(一)

一 この日、若槻亜衣は涙した

 あまりに突然のことだった。
 朝の東京駅は混雑している。案内板の前で渕上風花はぽつねんと、一人佇んでいた。さっきから目の前をたくさんの人が行き交って、肩身が狭い。待ち合わせ相手が早く来ないだろうかと思った。
 風花はどうにもぼんやりしてしまう。これから電車に揺られ向かう先ですることがなんだったか、うっかりすると忘れる。それくらい、信じられない事実が舞い込んできたの

もっとみる
いいことありますように
6

母が倒れた9

二日目も変化が無く、一日中待合所で過ごした私たちはこのような状態が今後しばらく続くのでは無いかと思い始めていた。

 義父は、明日電話がなければ病院に行かないとすら言う。

 早く亡くなってほしいわけでは無いが、さすがに疲れてきたのだろう。

 この日は木曜日で、私も現実的な問題として日曜日まではいられたとしても、月曜日には会社に戻らないといけないだろうと考えていた。

 変な話、亡くなれば忌引き

もっとみる
ありがとうございます
2

納棺こぼれ話 4

おばあちゃんのご納棺へ伺いました。

おしゃれなおばあちゃんで、仏衣ではなく、生前お気に入りだったお洋服を着せ付けてほしいとのこと。

一式を受け取り、どのように着せ付けるか確認のために広げる。故人様は筋肉のゆるみの影響で便を漏らしてしまうことが多いので、基本的にはオムツをつけている。これは私たちでも、お風呂に入っていただく湯灌以外の時は外さない。

そういった事も含めて、腰回りなどが入るかどうか

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです😊
3