若林恵

衝撃を受けた本を紹介します

 今回は私が以前に読んで、衝撃を受けた本を紹介してみたいと思います。『次世代ガバメント 小さくて大きい政府のつくり方』(若林恵・責任編集)です。
 この本は、私が以前から好きで読んでいた『WIRED』日本版編集長をされていた若林恵さんが責任編集ということで目に止まり、惹かれて手に取りました。行政の関連ということで、自分の仕事にも関係するのかな?と思って読み始めたのですが、自分が以前から課題と思って

もっとみる
ありがとうございます!
2

がゆらぎまう 1/2063

「薄暗いレコード屋で何時間も飽くことなく時間を過ごせる」人、それを人生の何よりも面白いと思える人たちによって音楽は支えられている。学問も同じ。 ー 若林恵 と 鷲田清一

 だけどもう、大学での教育は壊れかけている。目標と成果と上手下手を数字で測り合い、押し付け合い、そのくせ互いにそっとその膜の向こうでは少し引いたまま。なぜならそれが楽(らく)だから。ただそれは、責められない。だって、生きていける

もっとみる

告知 |「次世代」スポーツのあり方を考える ーソーシャルなスポーツの可能性とは?

12月18日に、SPBSのオンライン配信イベントで、黒鳥社・コンテンツディレクターの若林恵さんとお話しさせていただきます。

若林さんには、最新号で気候変動の問題に取り組むイギリスのサッカークラブ『Forest Green Rovers』、メンタルヘルスの問題に取り組む『FC Not Alone』を取材していただきました。

また、12月17日に発売される『週刊だえん問答(黒鳥社)』は、若林さんに

もっとみる
ありがとうございます!

【70-文化】政治・経済に侵食される「文化」のゆくえ|若林恵

文・若林恵(黒鳥社コンテンツディレクター)

政治的言説はご法度

かつて隆盛を誇り、ハリウッド映画はもとより、世界の音楽シーンのメインストリームに位置するヒップホップやブラックカルチャーにも多大な影響を与えた香港映画は、中国資本による長年の切り崩しによってほぼ崩壊の憂き目にあっていると聞く。中国の巨大マーケットに深く入り込み、そこに背を向けることが困難になればなるほど香港の文化産業は中国政府に首

もっとみる
ありがとうございます!
11

モズラーの海の家:MMTと負債と想像力のレッスン 若林恵(黒鳥社 コンテンツ・ディレクター)#8

NewsPicksパブリッシングでは、毎月1本、ニュースレターを発行しています。 ここで私たちが皆さんと共有したいのは「今すぐ役立つわけではないけれど、10年かけて効いてくるインサイト」です。 私たちが信頼する各界トップランナーによるリレー連載(「スロー・ディスカッション」と名付けました)のかたちで、毎号お届けします。登録はこちらから(無料)。

若林恵 | Kei Wakabayashi
黒鳥社

もっとみる
May the Hope be with you .
3

小さなものの積み重ねがだんだん大きくなっていくのが実業の特徴で、必ず理論的な裏付けと経験と実績によって成り立っていくものである。確実にどういう方向でなにをするのかをわかってやっていないとかたちができあがらない。 2020/10/31

 最後の夏休みが終わり、土曜日。夏休みと言いつつも昨日は仕事をしたりしたせいで休み感はなかったのだけど、今日は、休みだ。朝からだらだらと飲み始め、読み始め、過ごした。昨日の来客に向けて片付けた部屋も綺麗だ。とてもいい土曜日。

 若林恵『さよなら未来』やっとこさ読了。10月はチマチマとこれを読んでいた。もっとさっさと読み終えているはずが、家を買ってしまったもんだからそれ関係の本に脱線してしまったの

もっとみる
あなたの幸せを本の神に祈ります!
1

「ビジネス・ニュートラリティと言うのは、終わった」 2020/09/27

 ご飯やお酒を制限しながら何がしたいかと言えば体重をもう少し減らしたいというのがあって、朝から軽めのランニングもしてみたらちょっと調子がいい。

 ポッドキャストは聴かないんだけど、ポッドキャストを本にした『こんにちは未来』のシリーズが面白いのでちょっと興味を持っている。佐久間裕美子+若林恵『こんにちは未来 メディア編 みんなもっと好きに言ったらいいのに』を読んだ。この本を出している黒鳥社というの

もっとみる
ありがたやー、ありがたやー
8

あなたは道具の奴隷か?フェイスブックの製品か? ~イヴァン・イリイチ『コンヴィヴィアリティのための道具』~

道具によるひとの奴隷化

悩めるひとりの働く女性。

自分のキャリアのためにはどのタイミングで子どもを産むのがいいかと、上司に相談したところ「出産に『いいタイミング』なんかあるわけないじゃない」と言われて、とても気が楽になったと言う。

こんなエピソードを若林恵が紹介している(『NEXT GENERATION GOVERNMENT次世代ガバメント 小さくて大きい政府のつくり方』(黒鳥社 2019年

もっとみる
大変うれしいです。
4

「格差とか分断とか言われても、日本人にはあんまりピンとこないじゃないですか」みたいなことを平気で言うんだよ。 2020/09/23

 早朝起きてランニングへ行ってみたものの、今日は体が重いというか、疲労が残っている感じで、なんか連続してやるもんではないのだな、ということがわかったような、わからないような、そういう感じだったのだけど、8キロくらいでリタイアしててくてくと歩いて帰ってきた。

 まぁなんで定期的に運動しているかというと止まるところを知らぬ体重増加に対する対策なのだけど、食事というより酒で摂取しているカロリーが高いよ

もっとみる
スキなことを書くとスキな人が集まるんだって

自分の性別に関する自己認識はこれだけの幅があるんだってことがわかるし、そう考えると、「男」「女」のあいだにあるグラデーションは実は無限にあるということだよね。 2020/09/21

 連休というのはとても良い。のんびりと娘と遊んだりできる。妻がちょいとお出かけだったので娘を連れてプラネタリウムに行ってみた。自分も学生の頃に行ったことがあり、相当久しぶりの来訪だったのだけど、なかなか混んでいて時間ギリギリに着いた時には満席だった。ネットで予約しておけばよかったと悔やまれる。プラネタリウム舐めてた。なので次の回を見ることにして、先にランチ。久しぶりの外食でランチなんだけどレストラ

もっとみる
励みになります、ありがとう
4