若林恵

サンデル教授の『これからの「正義」の話をしよう』から10年――再来を遂げた「リバタリアニズム(自由原理主義)」とは?

by 早川書房ノンフィクション編集部

2010年5月22日、一冊の哲学書が刊行された。ハーバード大学のマイケル・サンデル教授による『これからの「正義」の話をしよう』。

NHK「ハーバード白熱教室」の効果もあり、本書はこの年を、そして2010年代を代表するベストセラーのひとつとなった(2020年2月10日現在99万部。電子版を含む)。

さまざまな事例を出して「君ならどう考えるか」と学生に問いか

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
30

若林恵さん、佐久間裕美子さんのお話を伺って

アカデミーヒルズの読書会「66ブッククラブ」、ポッドキャスト「こんにちは未来」の公開収録と、久しぶりに若林恵さんからお話を伺う機会がありました。「こんにちは未来」は佐久間裕美子さんとの対談です。お二人はエディターとライターという立場を取りながらも、今どきのジャーナリズムを体現されているように思うのです。

アメリカのいま:民主主義

 ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のインスタグラムが

もっとみる
ありがとうございます
4

ヒップホップ・ビジネス最前線! Mass Appealは本物志向の「作り手ファースト」で勝負する

「才能を支える。業界を変える。文化をつくる。」をテーマに掲げた、音楽と仕事の明日を考える1Dayカンファレンス「NSOM_HR」が11月30日(土)に渋谷・QWSで開催された。第3回となる本レポートでは、米国NYのメディア企業「Mass Appeal」のMatt Gralenを迎えたセッション「メインストリーム化するヒップホップ・ビジネスの最前線」の模様を振り返る。

コンテンツメーカーの新しいか

もっとみる

ラナ・デル・レイにごめんなさい 【月刊ブラックスワン・ジュークボックス  vol.1】

日々の新譜を紹介するソーシャルコンテンツ〈blkswn jukebox: daily〉でとりあげた作品のなかから注目作をランキング!さらに、紹介しそびれたシングル曲などをもセレクトした「その月に気になった曲」プレイリストに、〈blkswn jukebox: daily〉編集委員ふたりによる総括談話を加えた〈blkswn jukebox: monthly〉登場です!

【Monthly Playba

もっとみる

本当のアーティスト・ファーストを勝ち取るには? tofubeats/dj newtownに学ぶ

「21世紀の音楽ビジネス」を学び、それを担うプロを育てていくプロジェクトとして、今年の7月より本格的にスタートした「New School of Music|新しい音楽の学校」。プロジェクトの一環として、11月30日(土)に音楽と仕事の明日を考える1Dayカンファレンス「NSOM_HR」が開催された。当日は国内外の先駆者たちによる3つのレクチャーに加え、大手レコード会社3社(ソニー・ミュージックエン

もっとみる

ジョイのボーイズクラブ|MITメディアラボ所長の辞任騒動をめぐる覚書 【若林恵】

TEXT BY KEI WAKABAYASHI

【まえがき】

下記に掲載したテキストの骨子は、伊藤穰一さんがMITメディアラボ所長を退任した直後に書いたもので、どこかに出そうかどうしようか迷っているうちに思わぬ時間が経ってしまった。

騒動の顛末については、特に終盤になってからかなり熱心に追いかけていたので、新しい情報が出てくるたびにSNSで大騒ぎになるのをリアルタイムで、こういうと大変失礼だ

もっとみる

みんなとマリファナの話をしよう vol.1

昨年「真面目にマリファナの話をしよう」(文藝春秋)を上梓した後、いろんな分野の専門家と、マリファナ/カナビス/大麻の問題を、様々な観点から対談したものを、「みんなとマリファナの話をしよう」という副読本にまとめました(Sakumag.comで発売中)。そのnote版がこちらになります。Kindle版は只今営利準備中。計73000字。

医療とマリファナの話をしよう 正高佑志(医師)/ 若林恵(コンテ

もっとみる
わーい!
17

黒鳥社より年始のご挨拶|blkswn CEO土屋繼

今からちょうど2年前(正確には3年前の年末)のことだ。
しばらく音沙汰がなかった若林から1通のメールが届いた。

「WIREDクビになった。色々あるんだけど、俺のために会社つくってくんない?」

何だそれは・・・・・・苦笑。

これまでも現実世界の実務的な話になると、この男は僕に連絡してくる。
これで社会人になってからは3回目だ。
もちろん即答で「了解」と返した。

それから諸々の準備と調整を

もっとみる

地方行政こそがキーになるかと:読書録「次世代ガバメント」

・次世代ガバメント 小さくて大きい政府の作り方
責任編集:若林恵
出版:黒鳥社

WIRED日本版の編集長を務めていた「若林恵」氏のムック本。
何かのブログ記事に少し紹介されてて、何気にポチッとしたんですが、これが面白くて…。
途中で中断するのがもったいくて、帰省先まで持ち込んでしまいましたw。

「政治」ではなく、「行政」をターゲットにして、ネットによる効率化とネットワーク活用によって、住民の多

もっとみる
感謝!…です!
6

メジャーレーベルはCD時代の終焉に何ができるのか? 三社三様のヴィジョンを問う

2019年7月3日に連続講義としてスタートした「New School of Music | 新しい音楽の学校」。その一環として、音楽と仕事の明日を考える1Dayカンファレンス「NSOM_HR」が2019年11月30日(土)にSHIBUYA QWSで開催された。本レポートでは、ソニー・ミュージックエンターテインメント(以下、SME)エイベックス(以下、avex)、ユニバーサル ミュージック(以下、U

もっとみる