【100日後に旅の本を出す町田】あと47日後

【100日後に旅の本を出す町田】あと47日後

年末に旅の本を出版するために執筆活動をしています。 誰かに「お願いします!書いて下さい!」と懇願されて作り始めたわけでは決してないので、届け方までしっかり自分で考えなきゃいけないと思います。 そこで今回は、12月10日に出版予定の旅の本を出すにあたっての「最悪の事態」を少し考えてみます。 大きく3つあり、 1 準備出来ていない 2 売れない 3 ネガティブな本になる だと思うんですが、 1 準備が出来ていないに関しては、 ちゃっちゃと文章を書ききって、印刷会社に依

スキ
1
【二次創作】アンソロに誘われた!受ける?断る?【お悩み解決】

【二次創作】アンソロに誘われた!受ける?断る?【お悩み解決】

同人活動をある程度長くしていると個人主催のアンソロジーに誘われること、ありますよね。 私YAYAも今まで数度アンソロには寄稿したことがあり、主催経験はなくとも共催経験はあります。 今回の記事は、自分自身の経験も踏まえた上の主観も含む内容になることをご了承ください。 「アンソロ、誘われたけど自分なんかが書いて/描いていいのかな?」 「ぜひ参加したい!けど、揉め事もアンソロは多いっていうし不安だな…」 「自分の本を優先したいから申し訳ないけど断りたい」 「ぶっちゃけアンソロ

スキ
3
短い業務連絡。

短い業務連絡。

今回は業務連絡です。 2つ記事を削除しました。 なんか、内容が説教臭かったのと、なんか読んでいて嫌な気分になったので。 そういった内面のドロドロしたような物やお説教臭いものは印刷物で作った方がいい気がするので、noteには好きな事とか下らないこととか告知とかをメインで綴って行こうと思っています。 やっぱり、ネットやSNSって無料の公共の場所だからね。 自分のドロドロした部分の文章やお説教や愚痴やネガティブな部分の文章が好きな方はごめんなさい。 ここには、そういったものは載せ

スキ
1
『Live and Let Live』増補改訂版のおしらせ

『Live and Let Live』増補改訂版のおしらせ

2016年に自費出版した『Live and Let Live』という本に加筆・修正したものをnoteとBASEで販売します。記事単位でも購入できますが、マガジンごと買った方が多少お得です。オリジナルとの差異は ・誤字脱字の修正(発見次第随時修正します) ・2017年以降の情報を基にした加筆(全章合わせて約1万字) ・図版の大部分とディスコグラフィーの省略(図版に関しては後日、アルバムジャケットなどを追加予定) 加筆だけでなく、各章の構成も見直して相当手を加えました。読みやす

スキ
3
11/8発売予定『修道女 鈴村智久小説集成第一巻』

11/8発売予定『修道女 鈴村智久小説集成第一巻』

書籍名 修道女 書籍サブタイトル 鈴村智久小説集成 第一巻 販売価格 6,945円(税抜) 販売予定日 2021年11月08日 著 鈴村智久 サイズ B6 オンデマンド(ペーパーバック) ページ数  694p                               出版社 MyISBN - デザインエッグ社 【作品内容紹介】 一人のカルメル会シスターの生と死を通して、信仰とは何かを問いかける表題作「修道女」。プールサイドで出会った謎めいた美青年との対話の中で、次第に明ら

Amazonで直接PODができるようになった!紙媒体販売がより容易に!
+5

Amazonで直接PODができるようになった!紙媒体販売がより容易に!

こんにちは。日本将棋同人です。弊団体は棋書の電子書籍、紙書籍をAmazonで出版しております。過去にAmazonで書籍を出版する方法をまとめました。 今まではAmazonでプリント本を出版するには、ネクパブなどの出版社を通す必要があったのですが、今回あらたにAmazonのKDPページから直接プリント本を出版できるようになったみたいなのでご報告します。 いつも通りKDPの著者ページにいくと、ペーパーバックの作成という項目が増えてます。 ペーパーバックの印税は60%で、電子

スキ
2
自分が出した電子書籍を買ってみた

自分が出した電子書籍を買ってみた

 こんにちは、亀山真一です。  タイトルの通り、僕が自費出版した『勇者と魔法と歌声と』の電子書籍版を購入しました。  先に紙媒体で出版してモノも持っていましたから、サンプル版をダウンロードして「これが電子書籍か」なんて眺めていただけで、わざわざ購入する気はなかったんです。  が、Kindleさんは僕が作者と知りませんから本編もどうぞと広告を送りつけてくるんですね。  ……あれ、割引キャンペーンやってない?  電子版でも一冊1000円以上したはずなのに、たまたま499円に

スキ
16
Re:自費出版について
+7

Re:自費出版について

 こんにちは、橘です。今回は自費出版についてのお話です。  (自費出版に関する今までの経緯は、以前公開した「自費出版について」という記事をご参照ください)  この記事では、今度こそ作品の完成・出版・文フリの出店まで辿り着こうという意思表明を綴っていこうと思っています。 1、ロゴを一新しました まず、報告として、自費出版用に結成したサークル「清香舎」のロゴを一新いたしました。これで2回目の変更になりますが、今度こそ最終形になるかと思います。 (↑第1次案) (↑第2次

スキ
1
絵本製作中~
+1

絵本製作中~

こんにちは、ひさしぶりの更新、にあちんです。 今回の絵本は可愛い妖精の女の子が主人公ですよ~ あとは表紙と裏表紙(細かいところもろもろ)を残すのみとなりました。 実は、B5なのに、ついうっかり、A4で全部製作してしまい、また1からやりなおしになりました。 出版会社に依頼しない分、お金はかからないのですが、 その分、全作業自分でやらないといけないので、 2冊目の出版といえども、やはり時間がかかってしまうにあちんなのでした。 でもその分、自分がとことんまでこだわれる、本

スキ
7
岡田以蔵とファンタジー?!

岡田以蔵とファンタジー?!

さて皆さん、私は今年の一月に記念すべき二冊目の本を出版いたしました。 それがこちら! 「鬼なるもの」 これこれ、表紙がかっこいいでしょ? 実はこの超絶すてきな表紙をめぐってひと悶着あったのです……。 ある日のこと、いつものように編集さんと電話で打ち合わせしていると、話題は表紙の話に。 編集さん「武岡さん、実は表紙のことなんですけど」 何とも歯切れが悪い。何があったのか聞いてみると、どうやら和風でそれっぽいフリーの表紙素材が見当たらないとのこと。 自費出版の場合