藤原印刷

藤原印刷の公式noteです!女性タイピストからはじまった1955年創業の印刷会社。企画の段階から造本における仕様の提案を得意とし、本づくりを全面的にバックアップさせていただきます。

藤原印刷

藤原印刷の公式noteです!女性タイピストからはじまった1955年創業の印刷会社。企画の段階から造本における仕様の提案を得意とし、本づくりを全面的にバックアップさせていただきます。

    ストア

    • 商品の画像

      NORAH Season4

      表参道の国連大学前で毎週末開催されている 青山ファーマーズマーケットから創刊した雑誌『NORAH』 すでに、1号から3号までは完売しており増刷予定もなし。 当社にある在庫も希少品です。 デザインが同じですが、12パターンも紙違いである雑誌です。 ※パターンのご指定はできません。 . ▽説明するのがちょっと難しいのですが、こういうことです。 表紙:表裏で色の違う紙を、表面も裏面も表紙として使用 3種類の紙×表裏印刷=6パターン作成 本文:16頁ずつ紙の種類を変えるパターンを2パターン作成 表紙6パターン×本文2パターンで、合計12パターン!!!! おそらく、日本で初めてこれだけ多くのパターンの雑誌を印刷したと思います。 通常の印刷、製本とは少し変わった方法ですが、 新たな可能性を見出せたお取り組みとなりました。 タイトル:NORAH Season4 サイズ:B5判(天地257×左右182) ページ数:128 製本方法: 並製本/無線綴じ 表紙1:コラボファインV(表面) L判/T目<27kg> 表紙2:コラボファインV(裏面) L判/T目<27kg> 表紙3:コラボファインG(表面) L判/T目<27kg> 表紙4:コラボファインG(裏面) L判/T目<27kg> 表紙5:日光クラフト(表面) L判/T目<27kg> 表紙6:日光クラフト(裏面) L判/T目<27kg> (刷色:表裏→4C) 本文1:モンテシオン 46判/T目<69kg> 本文2:サテン金藤 46判/T目<90kg> 本文3:キャピタルラップ 46判/T目<69kg> 本文4:ホワイトメール  46判/T目<90kg> (刷色:表裏→4C) 発行:メディアサーフコミュニケーションズ デザイン:大西真平 印刷・製本:藤原印刷
      968円
      藤原印刷
    • 商品の画像

      NORAH Season5

      表参道の国連大学前で毎週末開催されている 青山ファーマーズマーケットから創刊した雑誌『NORAH』 すでに、1号から3号までは完売しており増刷予定もなし。 当社にある在庫も希少品です。 デザインが同じですが、8パターンも紙違いである雑誌です。 ※パターンのご指定はできません。 . ▽説明するのがちょっと難しいのですが、こういうことです。 表紙:表裏で色の違う紙を、表面も裏面も表紙として使用 2種類の紙×表裏印刷=4パターン作成 本文:16頁ずつ紙の種類を変えるパターンを2パターン作成 表紙4パターン×本文2パターンで、合計8パターン!!!! おそらく、日本で初めてこれだけ多くのパターンの雑誌を印刷したと思います。 通常の印刷、製本とは少し変わった方法ですが、 新たな可能性を見出せたお取り組みとなりました。 タイトル:NORAH Season5 サイズ:B5判(天地257×左右182) ページ数:128 製本方法: 並製本/無線綴じ 表紙1:コラボファインG(表面) L判/T目<23.5Kg> 表紙2:コラボファインG(裏面) L判/T目<23.5kg> 表紙5:UボードS(表面) L判/T目<290kg> 表紙6:UボードS裏面) L判/T目<290kg> (刷色:表裏→4C) 本文1:モンテシオン 46判/T目<69kg> 本文2:サテン金藤 46判/T目<90kg> 本文3:キャピタルラップ 46判/T目<69kg> 本文4:Nシラクサ  46判/T目<69kg> (刷色:表裏→4C) - 発行:メディアサーフコミュニケーションズ デザイン:大西真平 印刷・製本:藤原印刷
      1,705円
      藤原印刷
    • 商品の画像

      NORAH Season6

      表参道の国連大学前で毎週末開催されている 青山ファーマーズマーケットから創刊した雑誌『NORAH』 すでに、1号から3号までは完売しており増刷予定もなし。 当社にある在庫も希少品です。 デザインが同じですが、8パターンも紙違いである雑誌です。 ※パターンのご指定はできません。 . ▽説明するのがちょっと難しいのですが、こういうことです。 表紙:表裏で色の違う紙を、表面も裏面も表紙として使用 2種類の紙×表裏印刷=4パターン作成 本文:16頁ずつ紙の種類を変えるパターンを2パターン作成 表紙4パターン×本文2パターンで、合計8パターン!!!! おそらく、日本で初めてこれだけ多くのパターンの雑誌を印刷したと思います。 通常の印刷、製本とは少し変わった方法ですが、 新たな可能性を見出せたお取り組みとなりました。 タイトル:NORAH Season6 サイズ:B5判(天地257×左右182) ページ数:128 製本方法: 並製本/無線綴じ 表紙1:コラボファインG(表面) L判/T目<23.5Kg> 表紙2:コラボファインG(裏面) L判/T目<23.5kg> 表紙5:UボードS(表面) L判/T目<23.5Kg> 表紙6:UボードS裏面) L判/T目<23.5Kg> (刷色:表裏→4C) 本文1:モンテシオン 46判/T目<69kg> 本文2:サテン金藤 46判/T目<90kg> 本文3:キャピタルラップ 46判/T目<69kg> 本文4:マーブル  46判/T目<69kg> (刷色:表裏→4C) - 発行:メディアサーフコミュニケーションズ デザイン:大西真平 印刷・製本:藤原印刷
      1,705円
      藤原印刷
    • 商品の画像

      NORAH Season4

      表参道の国連大学前で毎週末開催されている 青山ファーマーズマーケットから創刊した雑誌『NORAH』 すでに、1号から3号までは完売しており増刷予定もなし。 当社にある在庫も希少品です。 デザインが同じですが、12パターンも紙違いである雑誌です。 ※パターンのご指定はできません。 . ▽説明するのがちょっと難しいのですが、こういうことです。 表紙:表裏で色の違う紙を、表面も裏面も表紙として使用 3種類の紙×表裏印刷=6パターン作成 本文:16頁ずつ紙の種類を変えるパターンを2パターン作成 表紙6パターン×本文2パターンで、合計12パターン!!!! おそらく、日本で初めてこれだけ多くのパターンの雑誌を印刷したと思います。 通常の印刷、製本とは少し変わった方法ですが、 新たな可能性を見出せたお取り組みとなりました。 タイトル:NORAH Season4 サイズ:B5判(天地257×左右182) ページ数:128 製本方法: 並製本/無線綴じ 表紙1:コラボファインV(表面) L判/T目<27kg> 表紙2:コラボファインV(裏面) L判/T目<27kg> 表紙3:コラボファインG(表面) L判/T目<27kg> 表紙4:コラボファインG(裏面) L判/T目<27kg> 表紙5:日光クラフト(表面) L判/T目<27kg> 表紙6:日光クラフト(裏面) L判/T目<27kg> (刷色:表裏→4C) 本文1:モンテシオン 46判/T目<69kg> 本文2:サテン金藤 46判/T目<90kg> 本文3:キャピタルラップ 46判/T目<69kg> 本文4:ホワイトメール  46判/T目<90kg> (刷色:表裏→4C) 発行:メディアサーフコミュニケーションズ デザイン:大西真平 印刷・製本:藤原印刷
      968円
      藤原印刷
    • 商品の画像

      NORAH Season5

      表参道の国連大学前で毎週末開催されている 青山ファーマーズマーケットから創刊した雑誌『NORAH』 すでに、1号から3号までは完売しており増刷予定もなし。 当社にある在庫も希少品です。 デザインが同じですが、8パターンも紙違いである雑誌です。 ※パターンのご指定はできません。 . ▽説明するのがちょっと難しいのですが、こういうことです。 表紙:表裏で色の違う紙を、表面も裏面も表紙として使用 2種類の紙×表裏印刷=4パターン作成 本文:16頁ずつ紙の種類を変えるパターンを2パターン作成 表紙4パターン×本文2パターンで、合計8パターン!!!! おそらく、日本で初めてこれだけ多くのパターンの雑誌を印刷したと思います。 通常の印刷、製本とは少し変わった方法ですが、 新たな可能性を見出せたお取り組みとなりました。 タイトル:NORAH Season5 サイズ:B5判(天地257×左右182) ページ数:128 製本方法: 並製本/無線綴じ 表紙1:コラボファインG(表面) L判/T目<23.5Kg> 表紙2:コラボファインG(裏面) L判/T目<23.5kg> 表紙5:UボードS(表面) L判/T目<290kg> 表紙6:UボードS裏面) L判/T目<290kg> (刷色:表裏→4C) 本文1:モンテシオン 46判/T目<69kg> 本文2:サテン金藤 46判/T目<90kg> 本文3:キャピタルラップ 46判/T目<69kg> 本文4:Nシラクサ  46判/T目<69kg> (刷色:表裏→4C) - 発行:メディアサーフコミュニケーションズ デザイン:大西真平 印刷・製本:藤原印刷
      1,705円
      藤原印刷
    • 商品の画像

      NORAH Season6

      表参道の国連大学前で毎週末開催されている 青山ファーマーズマーケットから創刊した雑誌『NORAH』 すでに、1号から3号までは完売しており増刷予定もなし。 当社にある在庫も希少品です。 デザインが同じですが、8パターンも紙違いである雑誌です。 ※パターンのご指定はできません。 . ▽説明するのがちょっと難しいのですが、こういうことです。 表紙:表裏で色の違う紙を、表面も裏面も表紙として使用 2種類の紙×表裏印刷=4パターン作成 本文:16頁ずつ紙の種類を変えるパターンを2パターン作成 表紙4パターン×本文2パターンで、合計8パターン!!!! おそらく、日本で初めてこれだけ多くのパターンの雑誌を印刷したと思います。 通常の印刷、製本とは少し変わった方法ですが、 新たな可能性を見出せたお取り組みとなりました。 タイトル:NORAH Season6 サイズ:B5判(天地257×左右182) ページ数:128 製本方法: 並製本/無線綴じ 表紙1:コラボファインG(表面) L判/T目<23.5Kg> 表紙2:コラボファインG(裏面) L判/T目<23.5kg> 表紙5:UボードS(表面) L判/T目<23.5Kg> 表紙6:UボードS裏面) L判/T目<23.5Kg> (刷色:表裏→4C) 本文1:モンテシオン 46判/T目<69kg> 本文2:サテン金藤 46判/T目<90kg> 本文3:キャピタルラップ 46判/T目<69kg> 本文4:マーブル  46判/T目<69kg> (刷色:表裏→4C) - 発行:メディアサーフコミュニケーションズ デザイン:大西真平 印刷・製本:藤原印刷
      1,705円
      藤原印刷
    • もっとみる

    最近の記事

    本屋青旗 川崎さんを訪ねて

    ■自己紹介 みなさま、こんにちは。 今年の4月から藤原印刷に入社しました田川いちかです。 第一弾、第二弾を見て下さった皆様、記事をSNS等で拡散して下さった皆様、心から感謝いたします。この第三弾は、私が上京する前最後のインタビューでした。 詳しい私の自己紹介は第一弾の記事に書いているので、初めましての方はこちらからご覧頂けると幸いです♫ ■九州の素敵な本屋を巡ります 私が福岡にいる間に九州の素敵な本屋の店主の方々に、インタビューさせて頂くプロジェクトがスタートしま

    スキ
    17
      • イベントレポート『世界をひろげる 本のつくりかた(展)』

        こんにちは。東京営業部の藤原章次です。 2022/2/1~3/6までの約1ヶ月間、SHIBUYA TSUTAYAさんとのコラボ企画「世界をひろげる 本のつくりかた(展)」を開催させて頂きました。今日は改めて振り返り、レポートを書いてみました。どうぞお付き合いくださいませ。 ■狙い国内でも有数の文化を発信する場所であるSHIBUYA TSUTAYAさん。印刷会社のPOP UPは史上初でした。読者にとって本は読むものであり、見るものですが、私たち印刷屋にとって本は製造物=プロ

        スキ
        24
        • 「大きな紙」の配布を再開しました

          ■はじめての緊急事態宣言で2020年3月に日本で初めて「緊急事態宣言」が発令されました。今からおよそ2年前ですが最近のようにも遠い昔のようにも感じます。 当時休校や登校自粛を決める学校が増え、行き場を失った子供たちが家から出られない状況が続いていました。数日はやり過ごせても、いつまで続くかわからない状況下に不安と鬱憤が募っていたように感じます。 藤原印刷は、家の中を創造が生まれる場所へと変容するため「大きな紙」を配布することを決めました。※当時の様子は以下コロカルさん記事

          スキ
          10
          • 世界をひろげる 本のつくりかた(展)

            こんにちは。 藤原印刷の藤原章次(弟)です 2022年2月1日(火)~3月6日(日)まで、SHIBUYA TSUTAYA×藤原印刷のコラボ企画「世界をひろげる 本のつくりかた(展)」を開催します。 ■見どころ2021年7月にSHIBUYA TSUTAYA発行の本で初めてご一緒した出会いをきっかけに、担当の森下さんとコラボしたいですねという話になりました。 SHIBUYA TSUTAYAで印刷会社が展示会をすることは初めてのことで、藤原印刷らしい企画にして欲しい、特に「

            スキ
            54
            • MINOU BOOKS 石井さんを訪ねて

              ■自己紹介みなさま、こんにちは。 今年の4月から藤原印刷に入社する田川いちかです。 第1回の大井さんへのインタビュー記事を見て下さった皆様、記事をSNS等で拡散して下さった皆様、心から感謝致します。私が思っていた以上に反響が大きく、とても驚きました..! 皆様からのコメントなど全て見させていただき、さらに読みたいと思って頂けるように努力していきます!未熟な私ではありますが、これからも読んでいただけるととても嬉しいです! 詳しい自己紹介は第1回の記事に書いているので、初め

              スキ
              50
              • はじめてのロゴできました

                こんにちは。藤原隆充(藤原兄)です。 藤原印刷は祖母が1955年に創業してから2020年におかげさまで65年となりました。支えていただいた方々には感謝しかありません。ありがとうございます。そしてこの記念すべきタイミングに新しくロゴをつくることにしました。 ■ロゴデザインのパートナーロゴをつくろうと決めて最初に出てきたテーマが「どなたにお願いしようか」でした。ありがたいことに、ここ数年でたくさんのデザイナーさんと仕事をご一緒する機会をいただき、贅沢な悩みですが、お願いしたい

                スキ
                93
                • ブックスキューブリック大井さんを訪ねて

                  ■自己紹介みなさま、はじめまして。 来年の4月から藤原印刷に入社する田川いちかと申します。 ここで私の自己紹介を少しさせて頂きます。 現在福岡大学4年生で、本と銭湯と古道具と器がだいすきです。サウナは生きがいです。 本の印刷や加工、製本技術の奥ゆかしさや可能性を藤原印刷の本を通じて感じ、印刷についてもっと知りたい、学びたい!と思い、ご縁を頂くことができました。 そのため、福岡の田舎でずっと育ってきた私がなんと!来年の4月から東京に上京し、初めての一人暮らし生活をスタ

                  スキ
                  94
                  • 本棚つくってもらいました

                    皆さんこんにちは。 突然ですが本棚をつくってもらいました。じゃん! ■待ち時間も楽しんでもらいたい本棚の場所は社内用語で言いますと「第2工場の控室」にあります。藤原印刷には本当にたくさんの方が印刷立ち会いのために松本まで足を運んでいただいてます。ありがたいことです。 印刷立ち会いはまさにエンターテイメント。色を決めるまでのプロセスはお客様と現場とのセッションです。緊張感に溢れ、納得のいく色が決まった時の気持ち良さは格別です。 一度色が決まって、本番がスタートしますと印

                    スキ
                    44
                    • 体験レポート「ぶんしんするし しんぶんするし展」

                      みなさま、はじめまして。 松本に来て4年目、信州大学にて経済学を学んでいる浅川雄介と申します。アルバイトスタッフとして働く松本の本屋兼喫茶店<栞日>を通じて、藤原印刷の藤原隆充さんに出会い、以来なにかとお世話になり続けております。今日は開催中のイベントのレポーターとして、その一部をお伝えしたいと思います。 北アルプスの雪は次第に融け、田んぼには水がはられる美しい時期。緑豊かな時期を迎える安曇野で「ぶんしんするし しんぶんするし」という小さなイベント展示が始まりました。 松

                      スキ
                      18
                      • 正社員とアルバイト募集

                        ※こちらの募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。 こんにちは。藤原印刷の藤原隆充と申します。2021年、一発目は仲間を募集する記事でスタートしたいと思います。今回の募集ですが藤原印刷の未来を一緒につくっていくとても大事なポジションの募集です。気合い入れて書こうと思います。読んでもらえると嬉しいです。 ■ 01_藤原印刷とはどんな会社か藤原印刷は私の祖母が1955年に信州大学の退職金でタイプライターを購入し、自宅の一室で「藤原タイプ社」を立ち上たのがは

                        スキ
                        229
                        • 佐藤大史写真集『Belong』

                          安曇野市在住、佐藤大史さん初の写真集『Belong』(信濃毎日新聞社発行)。 強く美しいアラスカの風景を最大限に引き出しました。 思いをかたちにするために今回の写真集は約100ページで構成されています。1ページに1つの写真とすると約100枚の写真が使われていることになりますが、カメラやパソコンなどの画面ではそのままで十分美しい写真たちも、紙の上にきれいに印刷するためには1枚1枚“補正”という作業が必要不可欠です。 “補正”といっても、余分なものを消したり、肌をきれいに加工

                          スキ
                          12
                          • 名刺は分身(リビセンとバナナペーパー)

                            こんにちは。藤原兄弟の兄の方、藤原隆充です。今回は同じ長野県のリビセンさんの名刺案件から、環境について書いてみようと思いました。 ■リビルディングセンター  長野県の諏訪にリビルディングセンタージャパン(通称:リビセン)という素敵なチームがあります。使われなくなった建物や家屋から再利用できる材をレスキューして、店舗で販売したり、新しく生まれる場所で再利用しています。大儀があって、活動が首尾一貫していて、長野が誇るグッドカンパニーです。  2018年にはスターバックスさん

                            スキ
                            26
                            • 絵本『里親って なぁに?』

                              子どもの育ちを支える会と松本赤十字乳児院が、里親制度を広めたいと共同制作した絵本『里親って なぁに?』。思いのこもった本づくりを、心を込めてサポートさせていただきました。 里親とは社会的養護が必要な子どもを、地域の中で自分の家庭に迎え入れる方々のことをいいます。子どもたちが安心して大人を頼り、危険や恐れ、不安にさらされることなく、自分の意志で主体的に人生を歩んでいける、そんな場を提供し、子どもの育ちと人生の歩みに寄り添う存在です。 はじめての本づくり今回はじめて本をつくら

                              スキ
                              19
                              • 藤原印刷による各地巡回ツアー!「いんさつはたのしい 2020-2021」

                                こんにちは。広報の竹村です。 突然ですが私たち、もっとみなさんに身近に感じていただきたくて、各地巡回ツアー「いんさつはたのしい2020-2021」を企画しちゃいました!!! たくさんの方へ紙や印刷の魅力を伝えに、会いに、行きます!!! 長野県内および近隣県のコワーキングスペースやゲストハウス、ギャラリーなどとタッグを組んで2020年11月~2021年8月まで、毎月イベントを開催していきます。 第1弾は11月28日(土)~12月5日(土)、富士見町にあるコワーキングスペー

                                スキ
                                13
                                • 「あづみの積木キャラバン」プロジェクト

                                  松枯れ材から生まれたツミキで遊びながら里山を学ぶ「あづみの積木キャラバン」プロジェクト。その一環としてつくられた紙芝居『くくじぃとあかまつ あづみの里山物語』を、紙選びや色彩表現と細部までこだわって印刷させていただきました。 遊んで学ぶワークショップ安曇野市では、官民連携で進めている里山再生計画プロジェクト“さとぷろ。”が、市立の認定こども園や幼稚園などに松枯れ材を利用した積み木「ツミキノチカラ」や紙芝居を届ける活動をおこなっています。 かつて燃料として使用されていたアカ

                                  スキ
                                  7
                                  • 『山口仲美著作集』 全8巻

                                    日本語史、古典の文体、オノマトペの歴史研究などで知られる山口仲美先生がこれまでの研究やエッセイをまとめた『山口仲美著作集・全8巻』(風間書房)。ついに2020年9月、完結となる8巻が発売されました! 弊社では、1~8巻すべての本文組版を担当させて頂きました。 日本文学や古典などと聞くと“難しそう”というイメージを持つ方もいるのではないでしょうか。山口先生はそんなイメージを払拭するため、著書の中では一般の方にも分かりやすい言葉選びや、人気アニメを例に挙げて説明をするなど、ス

                                    スキ
                                    2