中村洋太

エッセイスト。1987年横須賀生まれ、早稲田卒。ダイヤモンド・オンライン、朝日新聞デジ…

中村洋太

エッセイスト。1987年横須賀生まれ、早稲田卒。ダイヤモンド・オンライン、朝日新聞デジタルなどで執筆。自転車で世界1万キロ、徒歩で東京から博多まで1270kmを旅する。前職は海外添乗員。いろんなチャレンジをして、発信を続けていきます!メンバーシップ「中村洋太の自由研究」を運営中。

マガジン

  • エッセイ

    感じたことを自由に書きます。

  • 紀行文・旅のエッセイ

    紀行作家として自著の出版を目指しています。

  • おすすめしたい本

    好きな本の読書感想文です。

  • 人気のnoteまとめ

    特にスキを集めた人気のnoteをまとめました。

  • 高松の旅

    2022年6月8日〜14日 大好きな高松を再訪。讃岐うどんを食べまくり、男木島・女木島のアート巡りやイサム・ノグチ庭園美術館、猪熊弦一郎現代美術館の感動、そして三豊・観音寺の絶景ドライブまで、香川県を満喫しました。

最近の記事

  • 固定された記事

2023-24 中村洋太 旅の報告書

はじめにこんにちは、旅エッセイストの中村洋太です。このnoteは、2023年8月から2024年2月の約7ヶ月間にかけて行った6つの旅(オーストラリア、東北一周自転車旅、ドバイ、フランス、大阪〜博多 山陽道徒歩の旅、フィンランド)についての報告書です。 20代のほとんどを「旅」と「書くこと」に費やしたぼくには、「いつか旅のエッセイ集を出版する」という目標があります。それにもかかわらず、2019年以降、すなわち30代の前半は、一度も海外に出られていませんでした。資金不足のほか、

    • 「文章を書くときにターゲットを意識しますか?」

      マシュマロで、素敵な質問が飛んできました。 【A】 ありがとうございます! ぼくが文章を書くとき、〈「どのような人」の「どんな状態(Before)」を「どうしたい(After)」?といった具体的なイメージ〉は、ほとんど考えていません。 根底にあるのは、「ぼくも、あなた(読者)も、同じ人間」というシンプルな想いです。 自分が心から悩んだ話は、(全員ではないかもしれないけど、)きっと誰かにも共感してもらえるはず。自分が心から嬉しかった話は、(全員ではないかもしれないけど、

      • 次の目論見

        昨日、ようやく『ユニクロ』を読み終えました。メチャクチャおもしろかった。 山口県宇部市の商店街の小さな紳士服店は、どのように世界的企業へと成長していったのか。筆者の言葉を借りれば、それは「足し算と引き算の積み重ね」でした。ユニクロの歴史と柳井正さんの人間像に迫る最高の物語。イチ押しです! この500ページ弱の分厚い本を手にしたとき、「これを最後まで読み切るためには、まとまった読書時間を確保しなくてはいけない」と思いました。そのため、ぼくは毎朝7時からスタバに通うことにし、

        • 「中村洋太さんは、変な人だ。」

          昨日のスタバ朝活に来てくれたライターの遠藤光太さんが、先ほど「中村洋太さんは、変な人だ。」から始まる長文をXに投稿をしてくれました。 素晴らしい投稿でしたので、遠藤さんの許可を得ずに、以下に全文を掲載させていただきます(得ろよ)。 ********** 谷川嘉浩著『人生のレールを外れる衝動のみつけかた』 稲垣栄洋著『はずれ者が進化をつくる 生き物をめぐる個性の秘密』 孫泰蔵著『冒険の書 AI時代のアンラーニング』 ********** ちょっと恥ずかしいけれど、

        • 固定された記事

        2023-24 中村洋太 旅の報告書

        マガジン

        • エッセイ
          186本
        • 紀行文・旅のエッセイ
          189本
        • おすすめしたい本
          40本
        • 人気のnoteまとめ
          28本
        • 高松の旅
          7本
        • ライターの仕事術・文章術
          7本
          ¥1,480

        メンバーシップ

        • 雑談スレ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お知らせスレ📣

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 読書スレ📚

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 自己紹介スレ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 雑談スレ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • お知らせスレ📣

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 読書スレ📚

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 自己紹介スレ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

          「文章を書くときにターゲットを意識しますか?」

          「スポンサー枠 500円」他に参加すると最後まで読めます

          マシュマロで、素敵な質問が飛んできました。 【A】 ありがとうございます! ぼくが文章を書くとき、〈「どのような人」の「どんな状態(Before)」を「どうしたい(After)」?といった具体的なイメージ〉は、ほとんど考えていません。 根底にあるのは、「ぼくも、あなた(読者)も、同じ人間」というシンプルな想いです。 自分が心から悩んだ話は、(全員ではないかもしれないけど、)きっと誰かにも共感してもらえるはず。自分が心から嬉しかった話は、(全員ではないかもしれないけど、

          「文章を書くときにターゲットを意識しますか?」

          次の目論見

          「スポンサー枠 500円」他に参加すると最後まで読めます

          昨日、ようやく『ユニクロ』を読み終えました。メチャクチャおもしろかった。 山口県宇部市の商店街の小さな紳士服店は、どのように世界的企業へと成長していったのか。筆者の言葉を借りれば、それは「足し算と引き算の積み重ね」でした。ユニクロの歴史と柳井正さんの人間像に迫る最高の物語。イチ押しです! この500ページ弱の分厚い本を手にしたとき、「これを最後まで読み切るためには、まとまった読書時間を確保しなくてはいけない」と思いました。そのため、ぼくは毎朝7時からスタバに通うことにし、

          次の目論見

          「中村洋太さんは、変な人だ。」

          「スポンサー枠 500円」他に参加すると最後まで読めます

          昨日のスタバ朝活に来てくれたライターの遠藤光太さんが、先ほど「中村洋太さんは、変な人だ。」から始まる長文をXに投稿をしてくれました。 素晴らしい投稿でしたので、遠藤さんの許可を得ずに、以下に全文を掲載させていただきます(得ろよ)。 ********** 谷川嘉浩著『人生のレールを外れる衝動のみつけかた』 稲垣栄洋著『はずれ者が進化をつくる 生き物をめぐる個性の秘密』 孫泰蔵著『冒険の書 AI時代のアンラーニング』 ********** ちょっと恥ずかしいけれど、

          「中村洋太さんは、変な人だ。」

          紙のエッセイ集を自作する(2)次回の文学フリマに申し込む

          「スポンサー枠 500円」他に参加すると最後まで読めます

          前回はこちら 「ページ割」ができたので、まずは「0. はじめに」の原稿を書きました。いちばん重要な「導入部分」だから、最後にまた書き直しに戻ってくるでしょう。とはいえぼくはある程度、「この流れならいける!」と出だしで確信を持てないと、続きの文章を書けないタイプ。なので、「どんな背景でこのエッセイ集を書くことにしたのか」を、つづきの内容に興味を持ってもらえるように綴りました。 その後、YouTubeでInDesignの操作方法についての動画を観ました。 わかりやすいです。

          紙のエッセイ集を自作する(2)次回の文学フリマに申し込む

          紙のエッセイ集を自作する(1)テーマ決めとページ割

          「スポンサー枠 500円」他に参加すると最後まで読めます

          昨日のnoteで書いたとおり、「紙のエッセイ集づくり」に挑んでみることにしました。 エッセイ集のテーマ決めまず、テーマをどうしようか。これまで国内外でいろんな旅をしてきたので、何かの旅を題材に、旅エッセイ集をつくるのはどうだろうか。 そうだ、手始めに2017年の「アメリカ西海岸縦断2500km自転車旅」の話をまとめるのも楽しそうだな、と思いました。あの旅はどこのメディアにも寄稿していないから、きっと読者にとっても新鮮なはず。ぼくも振り返るなかで、当時の感動が蘇ってきそうで

          紙のエッセイ集を自作する(1)テーマ決めとページ割

          1対1で人と話す際に意識していること

          「スポンサー枠 500円」他に参加すると最後まで読めます

          マシュマロへの質問と回答です! 【A】 1対1で会うときの想定で回答しますね。 今は初対面の方が相手でもそこまで緊張しなくなりましたが、それは単に「場数を踏んで慣れたから」「ある程度打ち解けられると経験的にわかっているから」だと思います。「慣れ」の問題です。 昔はもう少し緊張していたかな。でもドキドキよりもワクワクの方が優っていたから、人に会っていたのだと思います。 ただ、「人間疲れ」というのは多かれ少なかれあります。というか、ぼくは少し前までかなりひどかったです。そ

          1対1で人と話す際に意識していること

        記事

          紙のエッセイ集を自作する(2)次回の文学フリマに申し込む

          前回はこちら 「ページ割」ができたので、まずは「0. はじめに」の原稿を書きました。いちばん重要な「導入部分」だから、最後にまた書き直しに戻ってくるでしょう。とはいえぼくはある程度、「この流れならいける!」と出だしで確信を持てないと、続きの文章を書けないタイプ。なので、「どんな背景でこのエッセイ集を書くことにしたのか」を、つづきの内容に興味を持ってもらえるように綴りました。 その後、YouTubeでInDesignの操作方法についての動画を観ました。 わかりやすいです。

          紙のエッセイ集を自作する(2)次回の文学フリマに申し込む

          紙のエッセイ集を自作する(1)テーマ決めとページ割

          昨日のnoteで書いたとおり、「紙のエッセイ集づくり」に挑んでみることにしました。 エッセイ集のテーマ決めまず、テーマをどうしようか。これまで国内外でいろんな旅をしてきたので、何かの旅を題材に、旅エッセイ集をつくるのはどうだろうか。 そうだ、手始めに2017年の「アメリカ西海岸縦断2500km自転車旅」の話をまとめるのも楽しそうだな、と思いました。あの旅はどこのメディアにも寄稿していないから、きっと読者にとっても新鮮なはず。ぼくも振り返るなかで、当時の感動が蘇ってきそうで

          紙のエッセイ集を自作する(1)テーマ決めとページ割

          紙のエッセイ集を自作してみたい

          5月19日、東京流通センターで開催された「文学フリマ東京38」に足を運びました。 知人が何人か出展しているから、遊びに行ってみよう。そんな軽い気持ちで訪ねたのですが、想像以上の人と熱気に圧倒されました。「伝えたい言葉」を、自費で紙の制作物としてまとめ、直接販売する。売る人からも、買う人からも、ものすごいエネルギーを感じました。 会場内ではいろんな方から、「中村さん!いつも見てます!」「応援しています!」と声をかけられました。また、友人・知人らからも「中村さんもエッセイ集つ

          紙のエッセイ集を自作してみたい

          この2ヶ月半に起きたこと。主な出来事と思考の変遷

          忘れないように、3月以降に起きたことや思考の変遷を整理してみます。 2月末にフィンランドから帰国後、昨年8月から続いた一連の旅が終わりました。もう資金は尽きたし、文章も書き切った。これ以上「次は○○へ行きます」とお金を集めてどこかへ行く気力やエネルギーは残っていませんでした。だけど、「やり切った」という誇らしい気持ちはあります。 昨夏の時点では、「2023年はリハビリ的に旅と発信を行い、信頼と実績を積み重ねる。そして2024年にさらに大きな旅を計画し、企業などの大きめのス

          この2ヶ月半に起きたこと。主な出来事と思考の変遷

          人間と音楽の可能性。34歳から始めたピアノがもたらしたもの

          ふと調べてみたら、メルカリでの取引回数が、530回を超えていた。何気にヘビーユーザーである。 旅先でお世話になったアニメファンの方にプレゼントするために購入した、「DEATH NOTE」のTシャツや「NARUTO」のトートバッグ(ともに新品)。 あるいは、広大な歴史への興味の扉を開いてくれた、横山光輝の漫画『三国志』全巻セット(文庫全30巻)。 いずれも良い買い物ばかりだったが、なかでも「メルカリでいちばん良かった買い物」は何だろうか? それは、2022年5月に中古で

          人間と音楽の可能性。34歳から始めたピアノがもたらしたもの

          1対1で人と話す際に意識していること

          マシュマロへの質問と回答です! 【A】 1対1で会うときの想定で回答しますね。 今は初対面の方が相手でもそこまで緊張しなくなりましたが、それは単に「場数を踏んで慣れたから」「ある程度打ち解けられると経験的にわかっているから」だと思います。「慣れ」の問題です。 昔はもう少し緊張していたかな。でもドキドキよりもワクワクの方が優っていたから、人に会っていたのだと思います。 ただ、「人間疲れ」というのは多かれ少なかれあります。というか、ぼくは少し前までかなりひどかったです。そ

          1対1で人と話す際に意識していること

          5時半起きで朝の読書に革命が起きた

          今日から朝5時半に起きることにしました。実際にやってみたらQOLが爆上がりしたので、背景や意識したこと、気付いたことなどを書いてみます。 背景と計画先日スタバまで会いに来てくれた21歳の大学生たなくんが、TOEIC900点を目指して毎朝5時半起きで英語の勉強をしていることに刺激を受けました。ぼくも早起きをして、読書の時間に充てたいと思いました。 また、「50回のスクワット」と「5分間の片付け」という毎朝の習慣も続いていたので、今なら早起きの習慣も根付くのではないか、という

          5時半起きで朝の読書に革命が起きた

          エッセイを書く際に意識していること&上達のアドバイス

          最近、「マシュマロ」というサービスを始めました。これを使うと、ぼくに対して匿名で質問やメッセージを送ることができます(無料)。基本はXで回答しているのですが、良さげな内容になったときはnoteにも掲載します。 【A】 松浦弥太郎さんは、著書『エッセイストのように生きる』のなかで、「エッセイは『秘密の告白』である」と表現されていました。 多くの人がまだ見つけていない秘密を探り、言葉にしたものがエッセイというイメージなのだそうです。ぼくもこの感覚に近く、「自分なりの気付きや

          エッセイを書く際に意識していること&上達のアドバイス

          【随時更新】スタバ朝活 ゲスト紹介のまとめ

          4月10日から1on1の「スタバ朝活」を開催しています。始めた背景はこちらに書きました。 ゲストの紹介や雑談の内容、自身の気付きなどについて、毎回Xで長文投稿(2000〜4000字)をしています。ただ、Xではすぐに埋もれてしまうため、noteにまとめることにしました。 全身全霊を込めて書いているので、お読みいただけたり、シェアしていただけたりしたら嬉しいです。 Vol.1 みそさんVol.2 みうさんVol.3 松野貴則さんVol.4 浅野凛太郎さんVol.5 齋藤拓真

          【随時更新】スタバ朝活 ゲスト紹介のまとめ

          すべての記事を無料公開&「スポンサー枠」設置のお知らせ

          noteメンバーシップを始めて11日間が経ちました。この間、発信や運営の方針を模索してきました。 ぼくにはもともと「すべての記事を無料公開したい」という強い想いがありましたが、メンバーシップを始めるからには、 「ほとんどの投稿をメンバーでないと最後まで読めないようにしよう」 と考えました。 そうしないと、参加者のメリットが薄いのではないかと、自分で疑ってしまったためです。本来は「中村洋太応援団」的な意味合いで始めたメンバーシップだったにもかかわらず。 しかし、このや

          すべての記事を無料公開&「スポンサー枠」設置のお知らせ

          noteにとっても初めての事例なのでは?

          昨日のライター中村昌弘さんとの朝活の投稿と、それについて書いたnoteが、大きな反響を呼びました。1投稿で1.3万インプレッション超えって、なかなかすごいことです。 メンバーシップの方針についての悩みを吐露したところ、多くの方から、励ましや嬉しいコメントをいただきました。それらのコメントをつなぎ合わせ、都合良く解釈すると、 「中村さんが書く文章は、すべて無料公開にした方がいい。それが中村さんらしい。課金によるメリットがなくても、純粋に応援したい人はたくさんいるはずだから、

          noteにとっても初めての事例なのでは?

          心は揺れるよどこまでも

          今日は、メンバーシップにも参加してくださっているライターの中村昌弘さんとの朝活でした。そこでの雑談で、彼から言われた言葉が胸に突き刺さり、今後のメンバーシップの方針をどうしようかと、まさに今、揺れている最中であります。 Xの投稿と重複する内容ですが、このような会話がありました(素敵な方だったので、ぜひXの投稿も読んでいただきたい!)。 昌弘さん「中村さんのなかで、『発信していたら、こんなおもしろい展開につながった』という話はありますか? そういう話がnoteにあったら、僕

          心は揺れるよどこまでも