資金がなくたって、弱者だって、「いつまでもこのままでいる気はない」という気持ちがあれば、誇りは持てる。ワクワク感と、コスト削減、二兎を追う。最初に考え抜いて、決めて、理由を明記しておけば、注力できるのです。トヨタから提携の話が来るに至った、マツダの逆転劇をご紹介します。

ありがとうございます。アクションを起こしてくださった余裕に感謝します!
5

事業計画(数字)には想いや感情も込めることで生きた計画になる。

昨日は反日セミナー受講してきました。

年末に知ってすぐに申し込んだのですが、なんと登壇者の一人が高校の同級生!Facebookで見かけて「お、久しぶりだな〜」なんて思っていたらセミナーに登壇すると、しかも共催する方も以前から知っていて(一方的に)興味のあった方。

ちなみに同級生は人事評価制度でおなじみの『あしたのチーム』のコンサルタント。
気になっていた共催者は『勇者けいぞう』こと本永敬三さん

もっとみる
ありがとうございます!
4

仲間集めはバンドの如く(自分なりの経営組織思考) 3/3

(前回の続き)

 ギルドである以上、「メンバー」なのです。
 これが、フリーの集まりだらけですと、ギルドという集団理念は二の次であり、何か事が起きても、他のギルドに移ればいいという思考が働くため、帰属意識はありません。
 その為、私が考えているギルド的企業では、従来の企業のような「固めの集団意識」を念頭に入れてます。
 ですが、やはりそこにはボードメンバーなる能力値の高い、あるいは専門的な知識や

もっとみる
このような内容でも喜んで頂き感謝です。
5

仲間集めはバンドの如く(自分なりの経営組織思考) 2/3

(昨日の続き) 

 ただ、ベンチャー等見ていると、同じ偏差値の高い学校を出た人達どうしや、経歴はあるがどこから引き抜いてきたかわからない人が、ボードメンバーとなっている企業を見受ける事が多く、一体何が特筆していて、旧来企業と異なるのか、私には懐疑的に伺えて、入りたいと思わない企業が散見されます。

 同じようなパートや経歴を持つ者が、多く集まっても、会社経営が必ずしもうまくいくとは限らないはずで

もっとみる
このような内容でも喜んで頂き感謝です。
4

仲間集めはバンドの如く(自分なりの経営組織思考) 1/3

転職繰り返してしまった経歴ですが、こう何度となく会社というところに失念続きでいると、自分が会社経営者だったら・・・という事を、幾度となく考えるのです。
 経営の「け」の字も知りませんが、つまるところ、会社というのは、「利益を得て、税金を納める団体」なのです。それだけがわかっていて、利益も出して、税金も納める事が出来ていれば、それで経営として成り立っているのだと、(この年では)結論付けてます。

 

もっとみる
このような内容でも喜んで頂き感謝です。
13

<楠木建『好きなようにしてください』「終わりにに代えて」より抜粋>

“若い頃書いた論文の文章をいま読み返すと、確かにずいぶん硬質で、もってまわった言い方をしている。それなら話すように書いてみたらどうだろう。 SING LIKE TALKINGという音楽ユニットがありますが、僕は Write like talking、つまり話すように書くスタイルで行こうと思いました。

よい文章を書く要諦は実に簡

もっとみる
共鳴するものがあったのでしたら、有難い限りです。
3

(第17回)体験授業は個別 or 集団?スタイル別の問題点

前回の記事はこちら

スクール・教室ビジネスにおいて、新規来校の顧客に向けた体験授業は重要な存在です。

今回は、先生と生徒が1対1で体験を行う「個別」スタイル、生徒複数人が参加する「集団」スタイルに分け、それぞれのメリットやデメリットを解説します。

「入会率」はスクール経営の最重要指標のひとつ

プログラミング教室に限らず、スクール・教室ビジネスにおいて、新規の入会者を増やすための「新規来校者

もっとみる

(第16回)プログラミング教室の分類【2019年版】どんなタイプの教室がある?

前回の記事はこちら

「プログラミング教育」市場が成長期に突入し、多種多様なプログラミング教室が登場しています。

そこで今回はプログラミング教室の特徴別の分類をしてみたいと思います。

※あくまで便宜上の分類ですので、今後呼称が変化していく可能性があることはご承知おきください。

プログラミング教室の分類を徹底紹介

今回、2019年時点での各教室の主客層、教育カリキュラムの特徴、教育目的に基づ

もっとみる

法律事務所の経営に関するアメリカのレポートがとても面白いので、抜粋和訳しました。

Clioという北米のローファーム向けコンサル会社が今年も「Legal Trends Report 2019」を発表しました。

Legal Trend Reportでは、大きく、①法律事務所の成長と衰退の原因、②クライアントが法律事務所をどのように選択しているか、という観点から分析を行い、それぞれの結論を支える様々なデータや実証実験が公開されています。

やはり内容が非常に面白く、せっかくなので多

もっとみる