「指示待ち」は個人の問題?組織の問題?

働き方改革やコロナ禍でリモートワークが進む中で、課題となっていることの1つに「指示待ちの社員(個人)が多い」ことが挙げられる。業務に対して消極的になっていると、その業務が進まなくなり会社に悪影響を及ぼしてしまう。

確かに、社員自ら積極的に業務を行ってくれると会社としてはありがたいことであり、社員に対して自主性を求めることも理解できる。しかし、「個人(会社員)」と「組織(企業)」それぞれを見たとき

もっとみる

組織論概論

初回は組織論について実在する企業の組織図を用いて解説しようと思います。
※なお、本文の内容は私見であることをあらかじめ断っておきます。

企業組織は①機能別組織②事業部制組織③マトリクス組織の3種に大きく分類されます。

①機能別組織機能別組織とは、経営層を上位に研究開発や製造生産、営業販売、人事、経理、情シス、総務など業務内容を職能別に編成する組織構造です。事業毎に営業や生産部署を設けるのではな

もっとみる

291,292,293日目 上流部門からうまく情報が流れてこない時の対処方法

大企業の場合、小さな仕事をするにも、各部門に機能が分担されており、色々な部門と協力しながら業務を進めていく事になります。

機能が分担されていると、関与する組織や人が人が多くなり、即断即決できないので、対応に時間がかかったりします。
大企業病と言われることがあります。

当たり前ですが、即断即決できない仕組みが間違っているので有れば、改善されているはずです。

大企業病と言われながらも続けている理

もっとみる

進化型パラダイムって何?

今回は【組織論】について。

こんにちは須田将太朗です。

情報メディア団体uniV-jackの代表をしたり、🇨🇦ブリティッシュコロンビア大学で経営学をやったりしています。

noteでは、僕がカナダの大学で経営学を学ぶ中や、学生団体を運営する中で発見したことをお話しています。#最近の発見

さて本日は「進化型パラダイムって何?」というテーマでお話したいと思います。

進化型?パラダイム...

もっとみる
╰(*´︶`*)╯
2

言われると当たり前だけど知っておいた方が良いチームレベルのタックマンモデル

今は多様性の時代で、さまざまな価値観やバックグラウンドの方が集まって仕事をします。
転職も昭和の頃と比べてインターネットも普及して簡単に転職できるようになり、これからは一つの企業で社会人生活を過ごす人の方が少なくなると言っても過言ではないでしょう。
そんな中での仕事では、さまざまな人と仕事をします。
昨今の状況ですとリモートワークをしている方も増えて、画面越しの顔しか見たことない人と仕事をしている

もっとみる
Спасибо!!
2

ルールではなくモラルで行動する

こんにちは!かけだし社長の小寺です。

知り合いの社長さんで、チームビルディングについて話していて、なるほどと思ったことがあります。

それが

ルールではなくモラルで行動する

です。

その社長さんの会社では、あえてルールを設けていないそうです。
その代わり、全員がモラルを大事に必要なことを判断し動く、という組織体制を築いているのだそうです。

これは、なかなか真似のできない芸当だと思いますが

もっとみる
気に入っていただけて嬉しいです!今後ともよろしくお願いします♪
13

目の前の成果や成功に囚われすぎないように

7回目の投稿になります。今回は学生時代の経験を踏まえて、長期的な視点を持って、取り組む事の重要性について書きました。
それでは、ご覧下さい!

これって転職イベント?大学二年生の時の事。当時、イベントを企画・運営する外部の団体に所属していました。その年の9月に団体として大規模なイベントを行う事になっており、その準備の真っ最中でした。集客、会場設営、当日の運営スタッフの募集、資金繰りなど……やる事が

もっとみる

自分のポジションは、経験から。

自分のポジションは、経験した後で。

それが、自分にとっての、ベストポジションなのだから。

自分は、どのポジションが、良いのだろう。

自分は、どういうキャラなのか。

自己分析している人ほど、よく考える、自分のポジション。

しかし、色々やってみなくては、実際、分からない。

自己啓発、リーダーシップ、組織論。

巷に出ている、本を読むと、「リーダー」が良いように感じる。

しかし、「リーダー

もっとみる
ありがとうございます!いつも励みになります!
8

BOOK#8 「THE TEAM 5つの法則」

●今回読んだ本「THE TEAM 5つの法則」ー麻野耕司著(出版社:幻冬舎 |2019年4月発行)

●内容メモ▼はじめに
私たち人類、ホモ・サピエンスが絶滅せずに繁栄を遂げることができたのは、集団、つまりは「チーム」があったからです。「チーム」を活用し、パフォーマンスを最大化させる事は、人類の発展のために最も重要なことだ。

▼チームについて
(1)目標設定(Aimの法則)
「共通の目的」がない

もっとみる
わー!なんて嬉しい…!ありがとうございます😊
3

恐れのない組織②

前回「心理的安全性」が担保されていることが、機能する組織を作る、ということを学びました。(『恐れのない組織』①はコチラ)今回は「心理的安全性」とは何なのかを見ていきます。
第3部  フィアレスな組織をつくる

1.心理的安全性の発見
Googleは研究プロジェクトが成功するための5つの因子を設定しました。その際、「心理的安全性」の重要性は群を抜いており、それは他の4つの因子の土台である、とされまし

もっとみる
スキありがとうございます!うれしいです、感謝です!
1