NORIHEI HAGIYAMA/はぎやま のりへい

本名:NORIYUKI HAGINO 萩野 紀之/学校法人 広報職員/ファンドレイザー/キャリアコンサルタント/MBA(立教大学大学院ビジネスデザイン研究科修了)/書評というにはおこがましく、難しいことは語れませんが、本はたくさん読むので、私的な感想を書こうと思います。

NORIHEI HAGIYAMA/はぎやま のりへい

本名:NORIYUKI HAGINO 萩野 紀之/学校法人 広報職員/ファンドレイザー/キャリアコンサルタント/MBA(立教大学大学院ビジネスデザイン研究科修了)/書評というにはおこがましく、難しいことは語れませんが、本はたくさん読むので、私的な感想を書こうと思います。

    マガジン

    • 経営学のお勉強

      経営戦略、ビジネスモデル、マーケティング、組織論、理念・ビジョン、リーダーシップなどのビジネス書のレビューや記事でビビッときたものを直感でまとめていきたいと思います。

    最近の記事

    固定された記事

    noteでセルフブランディング|自己紹介

    はじめまして、はぎやま のりへいと申します。 勤務先でnoteをはじめることになりました。 実践で練習をしておこうと思って個人のnoteのアカウントを作成しました。 練習のためと言っても、真剣にやらなければスキルは身につかないので、 きちんと戦略を考えようと思いました。 私は考えました。 まずは何のためにnoteを書くべきなのか。 誰に何を伝えたらよいのか。 まずは、 自分は何が書けるのか、 と考えました。 一体、自分は何の専門家なのでしょうか。 人に教えられる

    スキ
    21
      • コンパッションの世界はどんな世界?|18冊目『Compassion コンパッション』

        ジョアン・ハリファックス 著(2020 , 英治出版) 現実世界とは何か うちの次男は家にいるとき、ご飯と風呂以外はずっとパソコンとiPadを触っています。 トイレに行くときはiPadだけですが、基本は両方使っています。 ご飯と風呂だって、極力、時間をかけないようにしているようで、あっという間に食べて、すぐに自分の部屋に戻ってしまいます。 知人友人に相談してみると、多くの人が「うちの子もそうだ」と言いますので、どうやら多くの小中学生が同じような状況のようなのです。 で

        スキ
        1
        • 誉めても叱っても結果は同じ!?|17冊目『ファスト&スロー 上』

          ダニエル・カーネマン 著(2012 , 早川書房) 実践 行動経済学 行動経済学に関しては、リチャード・セイラー教授とキャス・サンスティーン教授の『実践 行動経済学』の本を以前読んでnoteに書きました(反応は極めて悪かったです。企業がマーケティングに活用することで消費者に不適切な意思決定をさせるべきでないと書いたからでしょうか?)。 セイラー教授いわく、スター・トレックのミスター・スポックをメタファーとする「エコノ」はカーネマン教授がいう「システム2」、つまりスロー。

          スキ
          2
          • 日本の私立大学はなぜ生き残るのか|16冊目『非営利組織のマーケティング戦略』

            フィリップ・コトラー、アラン・R・アンドリーセン 著(2005 , 第一法規) マーケティングとパブリック・リレーションズ 私は学校に勤務していますが、学校の広報は学生募集のための広報と、受験対象者以外のステークホルダーとのコミュニケーション目的の広報とがあります。 私は、学生募集はすなわちマーケティングであり、それ以外の学校広報活動をブランディングであると考えて、2本の柱として並列的なイメージを抱いていました。 コトラーの『非営利組織のマーケティング戦略』によれば、

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 経営学のお勉強
            NORIHEI HAGIYAMA/はぎやま のりへい

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            5つの世代の新しい顧客体験にネクスト・テクノロジーを活用する|15冊目『コトラーのマーケティング 5.0』

            フィリップ・コトラー、ヘルマワン・カルタジャヤ、イワン・セティアワン 著(2022 , 朝日新聞出版) マーケティング 5.0とは 地球環境の変化、テクノロジーの進化、それに伴う社会の変化、そして思想や考え方の変化。 私は、私の人生の中でこれほど社会が変化するとは、まったく想像もしていませんでした。 社会や時代や、人間の考え方(世代)が変われば、当然マーケティングも変わらざるを得ないでしょう。 マーケティング 5.0に至るまでのマーケティングをコトラーは以下のように説

            スキ
            5

            10年振りにU理論を読んでみた|14冊目『U理論[第二版]』

            C・オットー・シャーマー 著(2017 , 英治出版) 10年振りにU理論を読んでみました 前に『U理論』を読んだのは2011年の5月。 光陰矢のごとし。 いつのまにか10年以上経っていました。 今回読んだ第二版が出版されたのは2017年なので、10年前に自分が読んだ本とまったく同じではありません。 本もアップデートされていますが、私もこの10年の間でいろいろなことを学んできました。 U理論と関連の高いシステム思考やデザイン思考、さらにはティール組織や、ミンツバーグ教授

            スキ
            3

            より良い意思決定に向けてトリプルフォーカス|13冊目『21世紀の教育』

            ダニエル・ゴールマン/ピーター・センゲ 著(2022 , ダイヤモンド社) 先日、仕事で、茨城県守谷市にある、みずき野幼稚園の内田副園長先生を取材したのですが、その時にSEL=Social and Emotional Learningの話題となり、『21世紀の教育』がわかりやすいよ、と薦められました。 EQのダニエル・ゴールマン氏と学習する組織のピーター・センゲ氏の著書ですから面白くないはずがありません。 私にとってストライクゾーンど真ん中なので、むしろ今まで、なんで読ん

            スキ
            4

            他人に投資したい気持ちは人間の本能?|12冊目『「幸せをお金で買う」5つの授業』

            エリザベス・ダン / マイケル・ノートン 著(2014, KADOKAWA) 他人のためにお金を使うと幸せな気持ちになる 「パーセプションフロー・モデル書いてみた」↓の中で寄付ナビというサイトのリンクを貼らせてもらいましたが、その寄付ナビでこの 「幸せをお金で買う」5つの授業が引用、紹介されています。 学校で寄付募集の業務を担当している自分にとって「他人のためにお金を使うと幸せな気持ちになる」というのはたいへん興味深い話です。 寄付をすることによって、寄付をした人が幸

            スキ
            4

            現在にあてはまるシナリオが、すでに20年以上前に|11冊目『シナリオ・プランニングの技法』

            ピーター・シュワルツ 著(2000, 東洋経済新報社) ウッディ・ウェイド氏のシナリオ・プランニング作成メソッド RBS(立教大学ビジネスデザイン研究科)在学中、安田先生の「コーポレート・ストラテジー」の授業でシナリオ・プランニングについて学びました。 何人かでグループを作り、シナリオ・プランニングのワークを実際にやってみるという宿題が出され、2030年の自動車業界について考えたのが以下のスライドたちです。 何の資料を参考にしたのか今や不明なのですが、その手順を見る限

            スキ
            8

            解放された個人に企業が選ばれる時代!?|10冊目『PURPOSE 「意義化」する経済とその先』

            岩嵜 博論 佐々木 康裕(2021, NEWS PICKS PULISHING) 私はビジョンに関しての研究をしています。 特に関心があるのは、従業員がモチベーションを高め組織として成果を上げるために本当に必要なのは、組織のビジョンなのか、それとも個人のビジョンなのかということです。 ビジョン、ミッション、バリュー、そしてパーパス ビジョンとはある期限においての、目指す企業の理想の状態を表したものでありますが、ドラッカーによればビジョンはミッションによってもたらされる

            スキ
            3

            「顧客価値の提供」と「利益方程式」|9冊目『ビジネスモデルの教科書』

            ハーバード・ビジネス・レビュー編集部 編(2020, ダイヤモンド社) ビジネスモデルが足りない 仕事や趣味の活動の中で、「こんなものがあったら便利だな」とか「世の中にこれが足りてないな」と思うことがときどきあります。 それはきっとビジネステーマでありビジネスのアイデアなのだと思うのですが、そこから先に進みません。 正確にいうと、それを解決するための方法としての商品やサービスを考えたりもするのですが、それでビジネスが成立するという確証を持てず、その結果、いまだに社長にはな

            スキ
            11

            「学習する組織」には「学習する個人」が必要|8冊目『最強組織の法則 新時代のチームワークとは何か』

            ピーター・M・センゲ(1995, 徳間書店) 突然ですが、あなたは自分自身のビジョンを持っていますか? みなさんが所属している企業あるいは団体には明確なビジョンがありますか?
 あるとしたら、そのビジョンはあなた自身にどんな意味を与えていますか? あなた自身は人生を通してのビジョンを持っていますか? あなたは、企業のビジョンとあなた個人のビジョンのどちらを大切に考えていますか? 企業などの組織にとってビジョンを持つことは大切なことだと思います。 では個人のビジョンは

            スキ
            5

            パーセプションフロー・モデル書いてみた|7冊目『The Art of Marketing マーケティングの技法』

            音部大輔(2021, 宣伝会議) 私は、ビジネススクールではマーケティングやマーケティングリサーチ、消費者行動論の科目を履修していましたが、マーケティングの専門部署がある会社に在籍したことはなく、きちんと仕事としてマーケティングのツールを使ったことがありません。 ノウハウがないのは言っても仕方がないことですが、実践なしで読んだだけでは理解が深まらないので、実際にパーセプションフロー・モデルを書いてみることにしました。 取り扱い説明書やマニュアルを、機械やアプリなどを実際

            スキ
            2

            パーセプションフロー・モデルは「未来の消費者行動」を描く|7冊目『The Art of Marketing マーケティングの技法』

            音部大輔(2021, 宣伝会議) パーセプションフロー・モデルを書いてみよう ビジネススクールに通っていたし、マーケティングは嫌いじゃないというか、どちらかと言えば好きなのですが、自分には圧倒的に実践の経験が足りません。 現在は学校で広報と寄付募集の仕事をしていますが、このご時勢、学校にだってマーケティングは必要です。 学校の前は広告代理店で働いていましたが、小さな会社でしたし、手法を持ったプロフェッショナルな人材がいない会社だったので、仕事を通してマーケティングを学

            スキ
            1

            ソリューションではなくて「意味のイノベーション」|6冊目『突破するデザイン』

            ロベルト・ベルガンティ 著 八重樫文・安西洋之 日本語版監訳(2017, 日経BP社) メタファーのできが良いとセンスメイキングはカンタン 本に書かれていることが、自分の身近なできごとに置き換えられて、自分の経験と一致するときに、納得感を感じることがないでしょうか。 そして、その本はなんて面白いのだろうと思います。 ちょっと占いを信じるプロセスにも似ています。 本の内容を身近なできごとに置き換える行為はセンスメイキングであり、置き換えられたできごとはいわばメタファーで

            スキ
            7

            ナッジとは消費者をコントロールするマーケティングテクニックではない|5冊目『実践 行動経済学』

            リチャード・セイラー、キャス・サンスティーン 著 遠藤真美 訳 (2009, 日経BP社) 行動経済学のマーケティング活用!? 「現状維持バイアス」とか「損失回避性」とか「ハロー効果」とか「バンドワゴン効果」とか、行動経済学の理論ってインパクトが強くて、とても印象に残ります。 インパクトが強いせいなのか、説明の仕方のせいなのかは分かりませんが、行動経済学の理論で売り上げをUPさせよう! マーケティングに活用しよう! という方向に行きがちです。 自分はファンドレイジング

            スキ
            1