代表は組織の中心が「自分だ」と思い込まないことが大事だ。

先週、「バランス感」についての記事を書きましたが、その続編的に。

「心」の「真ん中」と書いて「中心」じゃないっすか。

みんなのそれぞれの心が真ん中なんです。組織の中にはそれぞれの心の真ん中がたくさん存在することになる。みんな自分を中心に物事を考えるし(自己中心って意味ではなく)、全員が同じ中心を取るわけではないので、やっぱりバランス感はとても大切だと思う。

誰かの中心を取ると、誰かの中心から

もっとみる
「スキ」って恥ずかしいですが(笑)、ありがとうございます!

複雑性には種類があるという話

原因Aと結果Bが、一直線に現れてくればわかりやすいのですが、
近年そんなことはめったにない。

コロナからプーチンが原油戦争を仕掛ける、BLMからFacebookの株が下がる、会社の業績があがったらボーナスを支給すると従業員のモチベーションが下がった話…etc.

まずは、複雑性には種類があることを理解する。
complexとcomplicatedの違いとして、以下図解がとってもわかりやすい。

もっとみる
ありがとうございます!
5

分類したあとは、ちゃんと繋げることが必要だ!

IAという肩書きで活動をしているが故に、様々な情報を整理したり分解したりする癖が付いているのですが、片方でやればやるほど、「所詮」感が出てしまいます。

その「所詮」とは

世の中のいろんなことは所詮人がわけたものであり、全部繋がってる。

分類するというのを壁を作ると同義に捉えてしまっていては意味がありません。 IAの文脈で語ればそれは、「情報」というものになりますが、少し考え方を広げてみれば「

もっとみる
ありがとう!よかったらシェアしてくれると嬉しいです!!
2

キーエンスは何故、管理を徹底するのか

今回はキーエンスの仕組みの一つ、"管理"について解説をしていきます。
入社前には様々な噂があり、下記のような記事があり、戦々恐々としていたのが懐かしいです。

・分刻みで管理がされる?
・車にGPSが付いていて管理されている?
・虚偽報告をすると降格する?

もちろん噂なので一部を切り取って大げさに書かれていますが、全て理由があります。今回は、その背景を解説できればと思います。

何故この記事を書

もっとみる

ボランティアマネジメントを体感する。耳学だけでなく入ってみて理解する事。 レポートラインから見たガバナンスの観点 ⑦

土井代表の話の1つ1つにはこれまで福祉の現場、障害者、障害児と関わって、培ってきたキャリアと深い見識があります。

言葉の1つ1つにそれが垣間見えます。

これ自体もボランティアマネジメントに必要な事だと思いました。企業マネジメントはその背負った宿命から売上,利益に向かいます。

これは仕方がない事でもあります。

その為議論は解決策から入る事が多いです。これはビジネススクールで学んだ事ですが、

もっとみる
スキありがとうございます😊
1

場を開くまで

こまちカフェは、8月末まで場を完全に開くことを待つことにしました。

長い時間をかけてゆっくりと開くことにしたのですが、そこまでの道のりを少しずつ記していきたいと思います。

場は閉じない

まず、私たちの場は、こんな感じで2020年2月26日から開いていました。閉じていたのではなく、ずっとドアは開けたままにして何かしら接点が保てるように、毎日営業はしていました。テイクアウトや雑貨販売を通して、場

もっとみる

「試行錯誤」にもコストはかかる

当たり前体操すぎるっちゃすぎるんですけど、個人的に意外と盲点だったのでメモ。

この半年くらいって、過去5年くらいで、世の中的に一番「働き方」に焦点が当たった半年だったと思います。

ぼくも、出社とかリモートとかに関するnote、この半年でたぶん10本以上書きました。

それで、「働き方」に関するnote個人的最新版のタイトルは『出社とリモートの「融合」か「中途半端」か』です。

内容としては、一

もっとみる
人って、決断してから本気で考えるようになるもの
13

ドラッカー

会社経営の究極の手段は、人事である。

人事に必要な資源を配分しているかどうかで、その組織がどれだけきちんとしているかが分かる。

人事を正しく行うために全力を尽くさない経営トップは、組織の業績を損なうリスクを冒すだけではない。組織そのものへの敬意を損なう危険を冒していることになる。

新しい環境に適しているかどうかを知る方法はない。後知恵で知りうるのみである。うまくいかなかったときには、ただちに

もっとみる

【実録】上海生活 #6(それってホントに正しいの?)

そもそも他人のいうことは正確じゃない?

中国人の人々は「他人の言うことは正確ではない」ことを前提に人とコミュニケーションをしている言ってもいいかもしれない。日本人は自分の言うことも正確であろうとするし、他人にも厳密性を要求する。不正確さや事前の準備不足に対する許容度が低い。そのために社会に流通している情報の信頼度は一般的に高い場合が多い。例えば、電車やバスの時刻表などもその一例であり、だから、万

もっとみる
スキありがとうございます!
5

交渉に慣れておくこと

おそらく日本人は、社会に出るまで交渉に触れる機会が少ないと思う。

いや、もしかしたら社会人になっても「交渉」を経験してない人もいるかもしれない。

なぜ交渉が大事かというと、自分の好きな生き方を実現するには、これまで決まっていたことを少し変えたり、はたまた壊したりする必要があるから。

交渉に慣れていないと、決定事項にただ従うことになる。

従うことが特に苦ではなくて、それが一番な人は特に問題な

もっとみる
圧倒的感激!!
4