購買に求められる能力

購買に向いている人の特徴は

①コスト削減実績

②限界を作らないコスト意識

③組織、文化、ルールを変えるリーダーシップ

企業からしたら、年間1000万円給料を払ったとしても

それ以上にコストカットをしてくれる人材であれば、

どんな手段をとったとしても優秀な人材は雇うべきであり、

雇えることが出来れば、利益率は上がります。

大企業が安定しているというのはもはや神話に近いと思いながら働くことのススメ

大企業は今でも就職先として人気が高い。ぼくの勤め先は比較的大きめな会社ではある。トヨタのような巨大すぎる大企業ではないが安定を目指して応募してくる学生が多い。

確かに今の時代不安定極まりないし、将来への不安が先立ってしまうので本当にリスクをとってベンチャーなどにいくような人とは違って基本的に安定を望んでいる場合が多い。

ぼく自身は比較的歴史が長く安定している会社だからこそ、社内ではわりとチャレ

もっとみる
読んでいただきありがとうございました!とてもうれしいです。
46

メンバーの数だけ

会社や組織、社会では、本当にどうしてそんな方法を取るの?(取らないの?)ということが山ほどあります。今回もそんなお話で、組織の利益や良いアイデアに繋がるものがものすごく身近にあるかもしれないのに目もくれず、勝手に悩み苦しんでいるという非常に滑稽で愚かな組織が多いということです。

もっとみる
おぬし…できるな
2

保育園立ち上げ日記 #取締役という立場でわたしに足りていないソフト

今日のおひるやすみ、イオンでごはんを食べながらツイッター見ていたら、その中で『無能な同僚と働くということ』という記事の紹介が流れてきて、君へ、...という冒頭のはじまりが目に入って、どんな展開になるんだろうなーと興味を引かれて読んだ。

その中の一節が、先週スタッフのひとが指摘してくれた自分のわるいところが、そのままのようだった。

つまり、無能は僕だったのだ。一人で勝手に大変ぶって、チームに悪者

もっとみる
ありがとうございます!うれしいです。
6

ここで働けてよかったとそう思ってもらえることは本当に嬉しいこと。組織は人に助けられ、支えられて今がある。いつもアミを支えてくれるスタッフさんにまず感謝をしたい。本当にありがとう。お疲れ様。

これが嬉しい♡
2

リーダーのデザイン

本日は急遽勉強会で話す機会を頂いたので、「リーダーのデザイン」というテーマで話してこようと思っています。

急ぎ作った資料がこちら。

先日投稿した、以下の記事をベースに内容を膨らませてプレゼンしてこようと思います。

具体的なアクションとして、以下の4つの観点に凝縮してみました。

意思決定

世の中「決めないリーダー」が多いので、如何に意思決定をし、それを伝えるかは、これからリーダーになる人に

もっとみる
ありがとうございます!好きです!
3

虚と実。ビジネスの話。

実:虚=2:8

組織では当たり前のことですが、虚と実がいます。
実は成果を出し、虚はそれに乗っかるだけ。

乗っかるだけならいいですが、時につるんで束になって、実をつぶしにかかります。

実が食い潰されることは、歴史からも明白。
上昇志向の高い虚は、自分は何もせずとも、あるいは、いかにもやっているフリをして、その成果だけを自分のものにしようとします。
実のフリをした虚が最も搾取し、最も蝕みます。

もっとみる
Спасибо🐰✨
3

【日々のアレコレ #7】自分への Why、事象への Why、他人への Why

Anzaki です。

鬱陶しいタイトルにしてしまいましたが、
結構大事なんじゃないかなぁと思うので、
よろしければお付き合いください。

よく、「なぜを繰り返しなさい」と言われます。

5W1H の中の、Why の重要性が説かれる場面が非常に多い気がします。

たしかに、Why はとっても重要ですが、
その Why が、どこに向けられたものであるか、
によって、大きく意味が変わるのでは?
と思っ

もっとみる
続ける糧になります!ありがとうございます!

プログラミングで辛かったこと。よかったこと。

この流れです。

前提

基本的に自分はGoのサーバーサイドが主戦場で、カンファレンスにはよく顔を出します。最近はOSSを公開すればいい感じにGithub Trendsの上の方にきて目立つような、芸人っぽいムーブができるようになりました。

ですが、直近プライベートではGo以外にTypeScript(Next.js) でGraphQLのクライアント書いたり、仕事だと前はSwiftやらC++やらPe

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!(๑╹◡╹๑)ノ
46

元アジア2位のレスリング選手が3つのキャリアを掛け持ちしている理由 〜3つのキャリアの共通点編〜

こんばんは。昂です。

今日はいきなり元アスリートの経営者に呼ばれて食事に行ってきました。
新しい市場をゴリゴリ開拓してる人だから話がめちゃ合う。

「アスリートやってた時はめっちゃ応援されてたけど、ビジネス始めた途端応援されなくなったよね〜」なんて笑いながら話す、M氏。

アスリートの時から大好きでしたけど、今の方が目が輝いてる気がする。
一緒に頑張っていきましょ。

さて、noteを更新し初め

もっとみる