テンポス広報

飲食店経営支援をするテンポスグループが発信するnoteマガジンです。イベントレポートや…

テンポス広報

飲食店経営支援をするテンポスグループが発信するnoteマガジンです。イベントレポートや、従業員インタビュー、働く人の日常まで幅広く発信していきます。テンポスグループの皆さん、学生の皆さん、投資家の皆さん、テンポスってこんな会社ですよ!ぜひ覗いていってください。

マガジン

  • テンポスシルバー道中記

    テンポスバスターズでは定年制廃止!働きたい、活躍したいシニア世代の方々を応援する、まさにシルバー世代にとってはうれしい新しい働き方改革を続々推し進めております!マガジンでは当社で活躍する大先輩方のコラムを定期的に掲載させて頂いております。

  • 「テンポスカンパニーカフェテリアチケット(TCC)」について

    テンポスの新たな挑戦!「テンポスカンパニーカフェテリアチケット(TCC)」がいよいよ始動。まずは7月より実証実験を開始!! テンポスグループは、飲食店の集客をお手伝いしてきましたが、それはあくまでBtoBサービスの提供にとどまっていました。しかし、これからは飲食店に一般客を送客するBtoCサービスに挑戦します。 その第一弾が「テンポス カンパニー カフェテリアチケット」、通称「TCC」です。 TCCは、企業向けの福利厚生サービスです。

  • 【特集】新店舗が出来るまで「テンポスバスターズ岐阜店」

    全国に60店舗以上出店している「テンポスバスターズ」の新店舗が出来るまでの記録マガジンです。店舗では飲食店専門の中古厨房機器を中心に食器、調理器具、椅子やテーブルなど、ご来店頂ければすぐに飲食店を始められる?!日本最大級の品揃えで皆様をお待ちしております!

  • 社内報

    毎月発行しているテンポスの社内報です。

  • 社長ブログ

    商売道を求めてさまよい続け未だ極まらず。今に見てろと激流に身を投じ49年!ビジネスアスリートを目指して。テンポスホールディングスの代表、森下篤史のブログをまとめました。

最近の記事

「お弁当・お惣菜大賞2024」幕張メッセにて表彰式

「お弁当・お惣菜大賞2024」幕張メッセにて表彰式が行われ、パン部門・丼部門で、最優秀賞を受賞した、テンポスグループの(株)ヤマトが表彰されました! 表彰式に参加したのは、ヤマトの商品開発部門の責任者の逆瀬と、パン部門の責任者、竹内です。授賞式にはテレビ局をはじめとしたメディアや、来場客でおよそ100人近くが会場に集まりました。 表彰状の授与では、カチコチの表情の逆瀬に対して、ニッコニッコの竹内でしたが、授与を終えたお二人は、この栄えある賞を受賞できたことを、とても喜んで

    • お待たせしました。Smiler97号   (2月号)は2月20日発行です!

      今月の森下篤史SpecialTalkは「ワンマン店長とバ畜男、搾取する側とされる側、そう思っているうちは、いつまでたっても脱皮できない」。 学業を優先したいからバイトを辞めたい学生と「忙しいから無理に決まっているだろ」 と退職を拒否する店長の話です。多くの予想に反して森下篤史はワンマン店長は間違っていない!と言い放ちます。そのココロとは!?毎月「深い~ぃ話」を読むことができる『smiler』は全国のテンポスバスターズ店頭でお配りしています。 ↓↓↓詳しい内容はこちら ht

      • バンドマンから転身!「エビス参」でがんばるネパール人店長に取材しました。

        「ステーキのあさくま」のグループ店舗「エビス参」で働くクマルさん(32歳)は笹塚店の店長と複数店舗のマネジメントをこなし、忙しい日々を送っています。友人に誘われて来日し、当時は特に目標もなかったと言いますが、「エビス参」の研修で自分自身に変化が現れたそうです。クマルさんの奮闘ぶりを取材しました。 ┃まずは来日した経緯を教えてください。「エビス参」で働き始めたのが25歳ということは、ネパールでもお仕事をしていたのでしょうか。 実はネパールではバンドマンとして活動していました

        • “映えない”テンポスがインフルエンサー事業!?インフルエンサーが毎月お店にやってくる仕組みとは。

          インフルエンサーの事業が立ち上がり、既にスタートしているという。テンポスがインスタ映え?全然想像できない。。何がどうなっているのか、やってる人に聞きに行ってきました。 ■インフルエンサー事業、気になっております。テンポスと“映え”が、どうにも結びつかなくて。 テンポスがインフルエンサーになるわけではありませんよ(笑) サービス名は「テンポスインフルエンサー」です。グルメ情報を積極的に発信しているインフルエンサーを毎月お店に派遣して、主にインスタグラムでお店のPRをします。

        「お弁当・お惣菜大賞2024」幕張メッセにて表彰式

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • テンポスシルバー道中記
          テンポス広報
        • 「テンポスカンパニーカフェテリアチケット(TCC)」について
          テンポス広報
        • 【特集】新店舗が出来るまで「テンポスバスターズ岐阜店」
          テンポス広報
        • 社内報
          テンポス広報
        • 社長ブログ
          テンポス広報
        • 研修・教育体制
          テンポス広報

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          取引先企業から「テンポスの社員さんは大変ですね…」と哀れみの眼を向けられる理由

          テンポスグループは、厨房機器の販売にとどまらず、飲食店経営支援も手がける企業への転換を遂げるために、様々な事業に挑戦しています。テンポスをよく知る取引企業さんや、会社説明会に参加される投資家の方々からは「こんなに新しいことをやって、テンポスの社員さんは大変ですね…」と言われるほどです。今までやったことがない仕事は負担だと感じる社員をどう巻き込み、変化させていくか。テンポスの人材育成論についてご紹介します。 強制的に勉強させる 今までやったことがない仕事は負担だと感じる社員

          取引先企業から「テンポスの社員さんは大変ですね…」と哀れみの眼を向けられる理由

          中国出身の俺は厨房機器売るのは難しい??売って売って売りまくる、森下社長よ聞いてくれ!トップ営業マンになった俺の話を!

          中国出身の金栄哲さん、成績抜群のやり手の営業マンです。 上司からは、物事をはっきり伝える中国の文化と、忖度して上手に人と付き合う日本特有の文化に適応する“できるハイブリット人材!”と太鼓判を押される営業マンです。 でも、そんな金さんも過去はけっこう大変だったらしいです。金さん、いったい何があったんですか?広報)営業成績、抜群ですね。 ありがとうございます。中国のお客様が多いからか、店舗展開に意欲満々な経営者が多いので、たくさん仕事を頂いています。過去最高の売上を出したときは

          中国出身の俺は厨房機器売るのは難しい??売って売って売りまくる、森下社長よ聞いてくれ!トップ営業マンになった俺の話を!

          你好!お客様のためならつい頑張っちゃう、アキバ店の愛されキャラ!

          沈貞女(シン テイジョ)さんは、テンポスバスターズ「アキバ店」で勤務して10年。中国北部の黒竜江省の出身です。テンポスバスターズで働くことを選んだきっかけや、日本で働くメンタリティについて語っていただきました! ┃テンポスで働き始めて10年とのことですが、どのようなきっかけで来日されたんですか? 日本に住んでいた姉から話を聞いて「日本、いいな!」と思うようになったのがきっかけです。でも30歳を過ぎてからの来日だったので、働くならキャリアになる仕事をしたいと考えていました。

          你好!お客様のためならつい頑張っちゃう、アキバ店の愛されキャラ!

          本日の日本経済新聞に衝撃を受けました!

          本日の日本経済新聞は「トヨタグループ、不正相次ぐ」に始まり「日本のGDP、4位転落へ」へと続き、そんな日本に見切りをつけた「日本の女性起業家、海外へ」。では日本はこれからどうすべきなのか!?「シニア層戦力化の課題」「日本経済の再生、人づくりが課題」と、紙面を読み進めた結果、日本再浮上にシニアの働き手の掘り起こしが欠かせない!と勝手に結論づけました。 経済協力開発機構(OECD)が日本に定年制廃止を提言しましたが、テンポスは今から19年前の2005年に定年制を廃止しています。

          本日の日本経済新聞に衝撃を受けました!

          日経「月曜経済観測」記事

          本日の日本経済新聞朝刊「月曜経済観測」の取材に森下社長が協力した記事が掲載されました。この記事ではじめてテンポスHDを知った方のために、テンポスHDを紹介します。 テンポスHDは1997年創業、2002年ジャスダック上場(現、東証スタンダード)しました。国内最大の中古厨房機器を販売する会社です。 全国に66店(テンポスバスターズ)を運営し、年間来店客数63万件、個人、中小の飲食店が対象の会員性サービスを120店まで拡大させる計画です。 テンポスは中古厨房業界ではダントツの

          日経「月曜経済観測」記事

          テンポスバスターズ、5年以内に約2倍の120店へ

          繁盛店の店作り リサイクル通信にテンポスバスターズ川越店が紹介されました。 創業期のテンポスバスターズは厨房機器のリサイクル販売という事業が時流に乗り、急速に店舗を増やして全国チェーン化を成功させました。しかし、今から10年ほど前に成長の踊り場に差し掛かったのでした。オープンしても思うように収益が上がらない、中には黒字化に2年半掛かった店もありました。 そこで、テンポスバスターズは情報・サービスの提供を強化すべく、徹底的な社員教育制度を導入します。モノ売りだけでなく、飲食

          テンポスバスターズ、5年以内に約2倍の120店へ

          ステーキのあさくま、外国人社員の研修って、どうしているの?

          「ステーキのあさくま」の外国籍社員向け店長研修が開催されました!参加者は、ステーキのあさくまで店長を目指しながら働く外国人社員たちです。しかし開始5分前になってもまだ全員が揃いません。外国人あるあるでしょうか。3分前、1分前。。ぎりぎりで全員が揃いました。ちょっと不安が残りますが、研修はなんとか定時にスタート! まずは廣田社長から、あさくまの歴史についての説明がありました。 今のあさくまの原型になったお店ができてから62年、会社としては75年と非常に歴史があること。2011

          ステーキのあさくま、外国人社員の研修って、どうしているの?

          離職者とのつながりを大切にするテンポスバスターズ

          本日の日本経済新聞に「アルムナイ(卒業生)採用」「休眠人材活用」の記事が載っていました。テンポスバスターズでは “バツイチクラブ制度”といって、退職してもいつでも、何度でも復職できる制度を2005年から実施しています。 飲食店で働く人をサポートしたいAさんは調理師専門学校を卒業後、イタリアンレストランに就職しました。しかし深夜26時から営業会議を行うといった過酷な労働環境のため、次第に飲食店で働く人をサポートしたいと思うようになり、テンポスバスターズに転職しました。 テン

          離職者とのつながりを大切にするテンポスバスターズ

          人を育てるのに、叱る必要はない。でも難しいよ。深い愛情と覚悟が必要だからね。

          「子どもを叱るのはもうやめる」と決めた、ある公立小学校の取り組みを紹介した ネットニュースに賛否両論が集まっているという。問題行動を叱るのでなく、適切な行動をほめることで問題行動を減らしていく「スクールワイドPBS」という応用行動分析学に基づくメソッドを導入し、成果を上げつつあることを報じたものだ。それに対して「叱らないと単に勘違いした人間を増やすだけ」「ダメなことはダメと厳しくしかるのが教育」「公立学校教師はサービス業じゃない」などと反対意見を述べるコメントも多かった。ブラ

          人を育てるのに、叱る必要はない。でも難しいよ。深い愛情と覚悟が必要だからね。

          「肉ガチャ」が大ヒット!次から次の企画で1,000億企業を目指すテンポスドットコム

           買ったはいいものの、何が届くか分からないという謎の通販があるのをご存じだろうか。それは「ガチャ」と呼ばれていて、開封するまでずっとどきどきが止まらない、危ない薬のような企画だ。テンポスグループの通販サイト「あさくまファーム」がとうとうそれに手を出したというのでサイトを覗いてみたらいきなり「冥途の土産ガチャ」という衝撃的な商品が目に飛び込んできた。首謀者に話を聞いてきます。 ■あのー、冥土の土産ガチャってなんですか? 気になるでしょう、気になりますよね?死ぬまでに一度は食

          「肉ガチャ」が大ヒット!次から次の企画で1,000億企業を目指すテンポスドットコム

          テンポスの決算説明会は、社長のワンマンライブなんでしょう?

          いくらテンポスの社長がワンマンだからって、大事な決算説明会でマイクを離さないなんて!?まさかそんなことしないですよね、社長、社長、聞こえてますか!!?社長ーーーーー。 ▼もっと、すんごいことも話しています

          テンポスの決算説明会は、社長のワンマンライブなんでしょう?

          【役員研修】売上・時価総額目標を変更!2,000億グループを目指して、2024年は海外展開元年

          2024年1月8日、役員研修を行いました。 役員研修は、グループ会社11社の社長・幹部が集まり「人間をつくる」「成果を上げる」の観点から実践的な研修を行っています。今回、社長の森下は、2024年のグループ戦略と、社員に求める“働く姿勢”について話ました。 ―社長 森下篤史 テンポスの株価は2900円を超え、ここ数カ月で過去最高の株価を更新している。 株価3,000円突破が見えてきたのは、投資家にテンポスが変化していることが伝わっている証拠だ。ここに実績がついてくれば、さらに

          【役員研修】売上・時価総額目標を変更!2,000億グループを目指して、2024年は海外展開元年