理想の自分

大丈夫

先ほどアップしたカードは、タロット講座を受講した時から私自身がとても気になっていた一枚でした。

サウンドオブミュージック(映画)に登場する、アルプスに咲くエーデルワイスのように、可憐で純粋かつ逞しい花の絵に心を掴まれたのです。

「私もこういう人になりたい」

私が理想とする在り方を見せられたように思いました。

ちなみに、私の中ではこの花とリンクする歌もあります。

それがこちら。
敬愛するR

もっとみる

セルフイメージ

ここ数年、ストレス過食とクルマ生活と引き籠もり気味だったので、今の私は人生Maxデブです。
自分でデブって言うのは良いけど、人に言われたらその人大嫌いになります。
面と向かって言われたことはまだ無いけど。

太ったら、人からの扱われ方が変わった。
なんか上から目線。
あからさま。
でもそういう人のこと、私もどうでもいい。ムカつくのは変わらないけど。

今、セルフイメージは、人生で一番よろしくない。

もっとみる
有り難き幸せ
7

読み聞かせた絵本の中から

先日、知り合いから絵本をたくさん頂いたのですが、これはそのうちの1冊です。

タイトルは「100」

幼稚園で配布されていた絵本らしいので、3〜5歳向けの絵本なんだと思います。

いろいろな対象物の、「1」と、「100」が書かれています。

こんな感じで、他にも、貝殻やどんぐりなど、いろんなモノの1と100が載っています。

この絵本の中にあった、100個の輪ゴムを見た時に

あるクリエイターさん

もっとみる
気にいるマガジンがあればフォローお願いします☺️
26

「嫉妬」をエネルギーに変えたい。

最近気づいたのですが、わたしって結構「嫉妬」しやすい人間なんです。

自分と近い年齢の人がテレビに出ていたらイライラというか見たくなくなる。

やったことのある分野で抜かれたら腹が立つ。

みたいなことが日常茶飯事。こんなの、人と比べてもエネルギー使うだけなのにね。

何にでもというわけではなく、「スポーツ」で活躍している姿は何とも思いません。特別やったことがない(剣道のみ)ですし、なろうともして

もっとみる
励みになります!
7

Dreaming of my ideal life

自分の理想や夢を具体化すること。

とっても大事だと思います。なぜならそれに向かって突き進むことで、実現に必要なものが自然と目に入ってくるから。

さて、私の夢ってなんだろう。

この問いにはすごく悩まされ、たまには囚われてきました。

でも、ある時気づいてとっても心が軽くなったのは「○○になりたい」っていうはっきりした夢がなくてもいいってこと。

その代わり、「○○な状態でありたい」という像をは

もっとみる

28. 心の余裕がある人って、美しい

フリーランスの私、毎日、色んなところでお仕事させてもらっていると、「いつも余裕がある人」に、稀に出会うのですが、そういう人がいる会社って、周りの人も落ち着いているというか、良い人が集まっているし、良い人が辞めていかない。

誰かの心の余裕が、誰かの心の余裕に繋がっているのが、受け答えや、働いている様子からも窺えるんですよね。心の余裕って、確実に伝染するみたいだから、外部講師をしている私も、感染して

もっとみる

特別だったのは誰?

ずっと、「私は特別なんだ」と思って生きてきた。

周りの人と違う、何かを成し遂げられる人間なんだと、信じてきた。

そんな思いのままに大学に入って、今、

私は何者でもないのだと、気付かされた。

いいやむしろ、世の中で言う「普通」以下の人間だった。

世間では、なにか目を引くことを成し遂げられることよりも、「遅刻をしない」だとか「決まった時間に入社して退社する」だとか「協調性」だとか「付き合い」

もっとみる

自己分析 第3問

Q 自分の夢と向き合うことで何を得たいのか?
A 理想の自分

理想の自分とは『意思を持って行動し結果を出している自分』の事だ。
結果を出すということは、お金に困らないという事も含んでいる。
でもお金に困っていようが幸福を感じている人は実際たくさんいる。
それこそ生活水準が世界的にみてそこそこの日本人は2019年の世界幸福度ランキングでは58位とビミョーな位置にいる。
そして日本より生活水準が低い

もっとみる

パッションテスト

パッションテストってご存知ですか?

ジャネット・ブレイ・アットウッド&クリス・アットウッドが考案した

自分の人生でやりたいことや、ドキドキすることやワクワクすることを

見つけていく為の、世界No.1の情熱発見ツールです。

人はパッションテストを通じて、
自分にとって本当に大切なことが何かを悟ります。
人生の目的を発見した瞬間、人は喜びに光り輝きます。

心を開き、目の前に起こるすべての出来

もっとみる

理想の恋人より、理想の自分

理想の恋人って

いるかもしれない。

だけど、理想を連ねて探すよりも

『理想の自分』からスタートした方が

きっと、シンプルに話が進むのだと思う。

『理想の自分』は

どんな自分かな。

どんな自分で生きる事が

一番、心地よく、この地球で

過ごしやすいだろう。

『理想の恋人』を探すよりも

『理想の自分』を追求してみて。