松陰神社

ゴールデンウィーク散歩 上北沢~三軒茶屋

ゴールデンウィーク  2021年 5月 3日(月)
京王線 上北沢駅 から 田園都市線(世田谷線)三軒茶屋駅 まで途中の神社を巡りながら徒歩で歩いてきました。約6キロ強で2時間かからないくらいの距離になります。夕方に小雨が降ってきましたが歩いてる途中は天気が良かったので助かりました。

1.上北沢駅 ~ 豪徳寺駅(約2.5キロ)上北沢駅から南東に向かって歩いていくと桜上水の 日本大学 陸上競技場

もっとみる

20210502_松陰神社へ

・夢日記
人に言えない内容。よくある日常であるが、なぜか生々しく夢にみた。

・食事

ベーコンエッグトースト
サラダ


サラダ
五指山の麻婆ドウフ
メルシーベイクのチーズケーキとスコーン


シュウマイ12個
クラフトビール

・その他
松陰神社まで妻と歩く。
帰り雨に降られたのでバスに乗る。

この成城学園前〜渋谷の路線バスは大学一年の頃によく乗った。
当時はあまり電車が分からず、時間

もっとみる

青春18きっぷを使って日本最長在来線山陰本線に揺られ673.8キロ鉄道旅~萩編~

皆様♡こんばんは!

先日から青春18きっぷを使っての山陰本線鉄道旅Noteを連続で書いています

思いがけず長編になり・・御覧になっていただくのも恐縮なのですが

あとしばらくは続きますがお付き合いいただけたら嬉しいです

青春18きっぷ 1日目 京都→福知山→豊岡→城崎温泉(観光)→浜坂→鳥取(お茶)→米子(泊り)

①京都府→兵庫県→鳥取県

青春18きっぷ2日目 米子→出雲市→◎一畑電鉄出

もっとみる
とても嬉しいな♪
26

花屋の売り者I花言葉を添えて

「ここは、深海の商店街、光のもは光あるうちに、枯らして飾るなドライな言葉、あなたの心に香り立つ、生きた証を一本いかがかな?」

「あの人なに?ちょっと怖いんだけど…。」

「そうか?面白そうじゃん、ちょっと見てこうぜ!」

同棲している彼女のリサは、目を細めて俺の顔と心の内を睨みつけ、ことはもう手遅れなんだと理解して、ため息混じりで言葉を紡ぐ。

「えー…。はぁー…。じゃあ少しだだよ。」

彼女と

もっとみる

一人旅 Episode-12 「自転車で巡る 萩の町」

下関から萩へ

今日もいい天気!快晴の予感。

ホテルを7時に出て、そのまま下関駅へ向かう。

本日は、下関⇒厚狭⇒長門市⇒東萩という電車ルートで萩に入ります。

山陽本線厚狭駅行きが、7:42に出発。

まだ電車が来ないので、ホームで朝食のパンを食べる。

今日は、アンパンとカレーパン。

黄色の電車が入ってきました。

ボックス席に座ります。

通学時間、学生さんが多いです。

厚狭に8:15

もっとみる
とても嬉しいです!ありがとうございます。
112
ありがとうございます。嬉しいです。
5

初詣ラン(松陰神社)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。元旦は朝からニューイヤー駅伝をテレビで見始めてしまい、完全にお尻に根が生えてしまったので、ちょっと反省。。。で、今日は朝から箱根駅伝を見たい欲求を抑えてランニングスタート。昔住んでいたところの近くにある松陰神社での初詣ランです。

まだ年末のトレーニングの疲労感が残っているので、じっくりゆっくりLSDでだいたいキロ5分20秒くらい。気持ち

もっとみる
ありがとうございます!
1

一人旅 Episode-1 「はじめに」

「15」の旅エピソード

1 はじめに 旅概要

2 旅の始まり 映画「沈黙-サイレンス」の舞台へ

3 世界文化遺産 長崎・外海の出津と大野集落

4 GOTOトラベル事情 ホテル割引と地域共通クーポン

5 映画「悪人」のロケ地 福江島・大瀬崎灯台 

6 ワーケーション 道端でオンライン会議に参加してみた

7 続・世界文化遺産 頭ケ島天守堂

8 幕末の長崎 坂本龍馬

9 検索しない予約

もっとみる

歴史・人物伝~松陰先生編番外コラム:世田谷の松陰神社をお参りしました

東京23区内にあって、ローカル電車の雰囲気たっぷりの東急世田谷線に、松陰神社前という駅があります。駅から商店街を5分ほど歩くと、吉田松陰を祀る松陰神社に着きます。

松陰神社一帯は、毛利家藩主の別邸があった場所でしたが、明治15年に松陰門下によって神社が建立されました。以後、御祭神の吉田松陰にちなんで、学問の神様として多くの崇敬を集めています。

境内には、松陰はじめ安政の大獄の投獄者のほか、弟子

もっとみる
ご覧いただき、かたじけなく存じます
1

歴史・人物伝~松陰先生編⑱松陰の遺言書「留魂録」を託し、託されて

歴史・人物伝~松陰先生編の第18回、最終話です。

吉田松陰が、数多い弟子の中でも「同志」と認めていた人物は、入江九一と野村靖の兄弟だけでした。明治になって、野村のもとに一人の元囚人が訪ねてきました。かつて、松陰と同じ江戸の獄舎にいた沼崎吉五郎です。

沼崎が携えていたのは、松陰が処刑直前に書いた「留魂録」でした。松陰は留魂録を2冊書き、1冊は長州に送り、もう1冊を沼崎に預けていたのです。当時の野

もっとみる
ご覧いただき、かたじけなく存じます
1