04号から05号まで日記 0606-0612

0606 今日は「カメラ・トーク」発売から31周年の記念すべき日だった。あれほど夢中で一枚のアルバムを聴き続けた経験は後にも先にもこの一枚だけ。しかも後々、多くの人とこのアルバムをめぐって知り合い、さらに話したり書いたり本を作ったりで、それが現在まで続いているとは。   11月の文学フリ…

~サークル名の決め方~ ゼロから始める文学フリマ入門 Vol.1

どうも、初めまして。 文学フリマなどの文芸即売会に参加して7年、30冊の同人誌を手掛けてきた、崩れる本棚のウサギノヴィッチと申します。 このnoteでは、ゼロからでもわかる文学フリマの出店方法を書いていこうと思います。 つまり、一人や仲間内で文学フリマに出ることに臆している人たちにそっと後…

第三十二回文学フリマ東京の出展&感謝&売上のご報告

こんにちは。これです。コロナ禍が収まらない中ですが、いかがお過ごしでしょうか。ワクチン接種もままならず、まだまだ外出自粛の様相が続いていて、辛いですよね。私たちはあとどれだけ「あと少しの辛抱です」を聞かなければならないのでしょう。他の国ではワクチン接種が進んでいる国もあるというの…

大田区ウォッチ21年5月8日から10日

210508-01大田区ウォッチ「大田区内のコロナ病棟で病院のおむつを使用して欲しいと言われた」 #コロナ病棟 #病院のおむつ #羽田と羽田空港は別々の概念 #東浩紀 #奈須りえ区議 #大田区盛り上げエンターテイナー #おぎの稔区議 #栗下善行都議 #大田区の神社と寺 #セガとナムコ 210508-02大田区ウォッチ…

【文フリ感想②】『千鳥千夜奇譚』『人間椅子-快楽追求編-』『Airmys 非実在探偵小説研…

第三十二回文学フリマ東京で購入した作品の感想を書いていきます。 ※前回↓ 今回は以下の三作。 ・『千鳥千夜奇譚』(千鳥千夜行さん) ・カードゲーム『人間椅子-快楽追求編-』(ヤマヤタケシさん) ・『Airmys 非実在探偵小説研究会 15号』(エアミス研) ■『千鳥千夜奇譚』(千鳥千夜行さん)…

『タカラ~ムの本棚』店主・タカラ~ムの本を読んだり読まなかったりな日常(2021/5/15…

5月15日(土)朝4時半起床。散歩に行って朝食。 土曜日につき、毎週恒例の買い出しDAY。今回は食材を購入するためスーパーを2軒、日用品を購入するためにホームセンター、新鮮野菜とたまごを購入するために農産物直売所というコース。同行する母が午後に予定があったので、いつもより少し早めの時間に出…

第32回文学フリマレポート:表紙作成裏話 誠樹ナオ

割とびっくりするような不運に遭うことが多い人生なのですが、それとは裏腹に人には恵まれてるなあと今回の文フリでつくづく感じました。美麗なキャラデザとイラストを引き受けてくれたのは敷城こなつ先生です。 TLノベルで多数のイラストを担当された実績をお持ちで、お通り男史というプロジェクトを…

200

【文フリ感想①】『ELITES vol.3』『奇書が読みたいアライさんのソローキン全作紹介SP』…

第三十二回文学フリマ東京で購入した本の感想を書いていきます。 まずは新刊の三冊。 ・『ELITES vol.3』(エリーツ) ・『奇書が読みたいアライさんのソローキン全作紹介SP』 ・『二人の獣 ~美しい口許~』(妄人社 乃木口正さん) ■『ELITES vol.3』(エリーツ) 小説家・文筆家の方々により結…

文学フリマ戦利品感想その3 東示(確率依存)『未完、消える幽霊の指紋』(Pさん)

 これは本ではなくまた受領されることを前提とした書簡でもない、一方通行であることを宿命づけられたがゆえにより手紙らしくなった手紙に書かれている。幽霊に指紋は存在するのか? 実は、そこのところ(指紋と幽霊の跛行的関係に新しい存在論を探る)は、橋本一径の『指紋論』に詳しい、が、東示さ…