新着の記事一覧

文学フリマ東京の準備をしている。ひとり&初参加&初出店。“次こそ行くぞ!”と、今はそれがこの……こんなことになっちゃった日々の、小さな小さな希望の灯火。創作timeはいつだって、私を「私の人生」に引き戻してくれるね。11月20日、限定30冊をスペシャルセットにして、会いに行くよ☆

2022年11月文学フリマ東京で発売予定の100首本×3人(タイトル未定)について

『芸人短歌』について

2週間前

芸人短歌の自己紹介

2週間前

でね(さっきの続き)、文学フリマだけの「スペシャルセット」的な?何かおまけの文章?をつけて、「2000円」で「30冊」だと多いかな? 開催時間が12〜17時。5時間のあいだに「30冊」って、1時間6冊☞10分で1冊…⁉︎ こう考えると(現実の厳しさは知っている)なかなか悩まし〜い

今すごく行く気になっている(今度こそ!笑)11月の「文学フリマ東京」、ずっと考えているのは「販売部数」のことで、持っていくのはもちろん『くちびるリビドー』なんだけど(Amazonで税込1958円で販売中☜ページ数で価格が決まる)、果たして「何冊」用意していくのがbetterか…

今の気持ちメモ。前回は見合わせた「文学フリマ東京」、次回11月は“やっぱり行こう!”と、今かなり本気な感じ。行動しなきゃ、自分から届けに行かなきゃ始まらない。そして……これが最後の打ち上げ花火かもね……的な気持ちも。人生、後悔しないように生きよう。私のことをやれるのは《私》だけ。

「みんなで作る仁尾智手書き短歌集」(1)

1か月前

感謝の花束

現実認知の物語。赤間年さん「心にもない」レビュー