藤本智士(Re:S)

編集者。1974年生まれ。『Re:S』『のんびり』『なんも大学』編集長。著書に『風と土の秋田』『魔法をかける編集』『アルバムのチカラ』。その他『ニッポンの嵐』『るろうにほん 熊本へ』(佐藤健)など手掛けた書籍多数。 http://bit.ly/satoshifujimoto

メンバーシップに参加

Re:Standardを旗印に 「編集」視点から、さまざまを考え、提案する 編集者の藤本智士のnoteです。

リスタンダードプラン

¥500 / 月

藤本智士(Re:S)

編集者。1974年生まれ。『Re:S』『のんびり』『なんも大学』編集長。著書に『風と土の秋田』『魔法をかける編集』『アルバムのチカラ』。その他『ニッポンの嵐』『るろうにほん 熊本へ』(佐藤健)など手掛けた書籍多数。 http://bit.ly/satoshifujimoto

メンバーシップに加入する

Re:Standardを旗印に 「編集」視点から、さまざまを考え、提案する 編集者の藤本智士のnoteです。

  • リスタンダードプラン

    ¥500 / 月

マガジン

  • Re:S note(りすノート)

    2006年に創刊した雑誌「Re:S(りす)」編集長の藤本智士が、いまあらためてお届けする、あたらしい“ふつう”のnote「Re:S」。 日々のこと。旅のこと。地方のこと。編集のこと。 記事アップは月4回以上かなぁ。 ※現在メンバーシップを開始しましたので、そちらに加入いただいた方が金額が一緒でこのマガジンもすべて読めるのでおすすめです。

  • 新しいふつうの編集ろん?(仮)

    メンバーシップ限定公開マガジンです。自身の編集との出会いをたどりながら、編集とは何か? を紐解きたいなと思って書き連ねています。 キリのいいところまでしばらく、週1本以上の更新めざして頑張りまする。

  • レディオーライ

    編集者の藤本智士、ベベチオの早瀬直久が、あれこれ話す30分ラジオ番組。 収録は「しゃれこーべスタジオ」@KIITO 隔週更新を予定しています〜。

  • 魔法をかける編集/オーディオブック

    著者自らが朗読するオーディオブック! 「魔法をかける編集」藤本智士(インプレス) ガチで6時間以上かけて自ら朗読したので後半バテたり、変なテンションなってたりしますが、それも著者が自らやりきったからこそと、丸っと飲み込んでいただけたらと思います。 こんなアクションもまた編集の魔法だと信じて。 朗読:藤本智士 サウンドプロデュース:早瀬直久

  • 日本/地方/旅

    地方への旅ノート

ウィジェット

  • 商品画像

    風と土の秋田 二十年後の日本を生きる豊かさのヒント

    藤本 智士
  • 商品画像

    魔法をかける編集 (しごとのわ)

    藤本智士

最近の記事

カオスな棚の秘密

栞日  朝一番の飛行機で神戸から松本へ。搭乗時間たった1時間で飛んで来れちゃうんだからFDAありがたい。松本空港から松本駅までバスで移動したあとは、いつものようにまっすぐ『栞日』へ。  店に入るなり、店主の菊地くんが「おー どうしたんですか? 打合せ?」と一言。旅する編集者として、長く日本中をふらふらしていると、大抵の土地にこうやって居場所があることがとても幸福。  はちみつバタートーストと栞日ブレンドを頼み、信濃毎日新聞を読みながら、つくづく僕は全国の友だちに支えられて

有料
200
    • 22.フックアップ

      この記事はメンバーシップに加入すると読めます

      • 日々の気づきや、違和感に対する感度の高めかた。

        今日僕は腕まくりしている。 寒いし、本当はしてないけど、心持ちとしてはずいぶん腕まくりしている。 それくらい大切なことを言いたいなあと思って筆を取った。 もちろん筆持ってないけど、心持ちとしてはデカい筆を取った。 いきなりだけど、 僕は日常の解像度の高め方。つまり、日々の気づきや違和感のようなものに対する感度の上げ方が、わかった。 というのも、 地域編集をテーマに講演の依頼を受けたり、そこで調子に乗ってお喋りしたりしていると、「そんなふうに地域の宝物に気づくチカラや目

        有料
        200
        • 21.ディレクションのチカラ

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • Re:S note(りすノート)
          藤本智士(Re:S)
          ¥500 / 月
        • 新しいふつうの編集ろん?(仮)
          藤本智士(Re:S)
        • レディオーライ
          藤本智士(Re:S)
        • 魔法をかける編集/オーディオブック
          藤本智士(Re:S)
          ¥500
        • 日本/地方/旅
          藤本智士(Re:S)
        • ぜんぶ伏線。 だからアーカイブ
          藤本智士(Re:S)

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 新しいふつうの編集ろん?(仮)スタート!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 新しいふつうの編集ろん?(仮)スタート!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          カオスな棚の秘密

          「リスタンダードプラン」に参加すると読めます

          栞日  朝一番の飛行機で神戸から松本へ。搭乗時間たった1時間で飛んで来れちゃうんだからFDAありがたい。松本空港から松本駅までバスで移動したあとは、いつものようにまっすぐ『栞日』へ。  店に入るなり、店主の菊地くんが「おー どうしたんですか? 打合せ?」と一言。旅する編集者として、長く日本中をふらふらしていると、大抵の土地にこうやって居場所があることがとても幸福。  はちみつバタートーストと栞日ブレンドを頼み、信濃毎日新聞を読みながら、つくづく僕は全国の友だちに支えられて

          有料
          200

          22.フックアップ

          「リスタンダードプラン」に参加すると読めます

          日々の気づきや、違和感に対する感度の高めかた。

          「リスタンダードプラン」に参加すると読めます

          今日僕は腕まくりしている。 寒いし、本当はしてないけど、心持ちとしてはずいぶん腕まくりしている。 それくらい大切なことを言いたいなあと思って筆を取った。 もちろん筆持ってないけど、心持ちとしてはデカい筆を取った。 いきなりだけど、 僕は日常の解像度の高め方。つまり、日々の気づきや違和感のようなものに対する感度の上げ方が、わかった。 というのも、 地域編集をテーマに講演の依頼を受けたり、そこで調子に乗ってお喋りしたりしていると、「そんなふうに地域の宝物に気づくチカラや目

          有料
          200

          21.ディレクションのチカラ

          「リスタンダードプラン」に参加すると読めます

          20.本を作らない編集との出合い

          「リスタンダードプラン」に参加すると読めます

          編集力とは「想像」と「言葉」を結びつける力

          「リスタンダードプラン」に参加すると読めます

           先週、今年初めての秋田入りをした。  まだお正月の4日ということもあって、誰に連絡するでもなくやってきた秋田は、お正月気分がそうさせるのか、なんだか故郷に帰ってきたような気持ちになって不思議だ。  秋田市内ということもあるけれど、それでも思ったよりも雪は少なく、穏やかな気候に安心する。夜にzoom打ち合わせがあったからそのままホテルの部屋で夕食をとり、今回の秋田入りの目的である、講演の資料をまとめながら、眠ってしまった。  朝、目が覚めると昨日とは打って変わって、えらい

          有料
          200

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          20.本を作らない編集との出合い

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

          編集力とは「想像」と「言葉」を結びつける力

           先週、今年初めての秋田入りをした。  まだお正月の4日ということもあって、誰に連絡するでもなくやってきた秋田は、お正月気分がそうさせるのか、なんだか故郷に帰ってきたような気持ちになって不思議だ。  秋田市内ということもあるけれど、それでも思ったよりも雪は少なく、穏やかな気候に安心する。夜にzoom打ち合わせがあったからそのままホテルの部屋で夕食をとり、今回の秋田入りの目的である、講演の資料をまとめながら、眠ってしまった。  朝、目が覚めると昨日とは打って変わって、えらい

          有料
          200

          萌芽の年

          これは僕が元旦に近くの神社で引いたおみくじに書かれていた言葉。 僕は常々、おみくじというのは、なんとなく引く前に結果がわかっているような気がしている。それこそ僕は35歳くらいから40過ぎまで大吉以外引いたことがなかった。 いつも引く前に今年も大吉だろうなあと思いながら引いてみたら、やっぱりそうだ、という経験を繰り返していた。『芸能人格付けチェック』のGACKTみたいな「およそわかっているけれど、それでもやっぱり嬉しい」というアレだ。 だから僕は毎年答え合わせをするように

          有料
          200

          19.企画をパクられた?

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

          悪口と毒舌(芸)の分水嶺

          今年のM-1も、めちゃくちゃ素晴らしかった。個人的には #ロングコートダディ 好きなので推してたんだけど、個人的好みナンバーワンは圧倒的に #ヨネダ2000 !そして決勝三組でいうと、ガチでネタに感動して優勝祈ったのは  #さや香 だった。 とはいえ、優勝した #ウエストランド もマジで素晴らしいし、心からおめでとうございます!と祝福したい気持ち。 しかし、案の定、ツイッターが少し荒れてしまっているように感じるのは(それでも思ったよりみなさん冷静な感じもあって、なんかリテ

          有料
          200

          18.後藤繁雄さんとの出会い

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

          自分を物語の主人公にしない生き方

          今日はいきなり結論から。今回僕が言いたいのは、表題のとおり、 自分を物語の主人公にしなくてもいい。 ということ。 今の世の中の空気にフィットするのは 間違いなく、こういった言葉たちなんだと思う。 自分で自分を褒めることはとても大事だと僕も思うし、 自分を大切にすることは、マジ大切。 んなことはまあわかっている。 だけど僕はいまあえて、こう言いたい。 無理に自分を物語の主人公にしなくたっていい。 地方で素敵だなあと思う人に出会うと、いつも思うのだけど、みなさんとて

          有料
          200

          17.「当たって砕けろ」は意外に砕けない

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

          手磨きと電動歯ブラシの間にあるもの。

           ずっと愛用している電動歯ブラシがある。というか、あった。  これまで幾度かの紛失を経てもなおブーメランのように帰ってくる愛しさも含めて(ただホテルに忘れては着払いで送ってもらってるだけ)愛着を持っていたのだけど、ついに本当にいなくなってしまった。いつものようにホテルに忘れたなと電話してみるもないという。お手上げだった。しかしまあこんな時代だし、手磨きに戻す良い機会かと、しばらく手磨き生活をしていたんだけど、昨今の旅割クーポン的な金券配り政策にまんまとのせられて、クーポンを

          有料
          200

          服を着た羊のはなし。

          毛七(けしち)  以前noteに書いた「毛七」という試み。と言っても新たな試みということではなく、ウール製品の産地である尾州地区(愛知/岐阜)で60年以上続けられている、いわばスタンダードな取り組みを、ブランド化して僕たちが認識しやすいように商品化してくれているプロジェクトだ。まさに「編集のチカラ」を感じる試みに僕はとても惹かれた。  一応おさらいすると、「毛七」とは、読んで字のごとくウール(毛)が7割、残り3割がナイロンやポリエステルなどで組成された混紡素材。以前から尾

          有料
          200

          16.カッコいい大人

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

          センスの正体

          最近、「センスいいよなあ」と思う友人たちとお仕事をする機会が多く、そもそも《センスが良い》とはどういうことなのか? と考えた結果、めちゃくちゃシンプルな結論が出たのでシェアしたい。 ここで冒頭からいきなり結論めいた書き方をするけれど、 センスとはバランスだ。 つまりセンスがいいということは バランスがいいということ。 センスがいい人は往々にして、ある特定のクラスターや、グループや、コミュニティのみに生きることに満足しない。常にその偏りを意識する性質を持ち、壁がなくジャン

          有料
          200