藤本智士(Re:S)

編集者。1974年生まれ。『Re:S』『のんびり』『なんも大学』編集長。著書に『風と土の秋田』『魔法をかける編集』『アルバムのチカラ』。その他『ニッポンの嵐』『るろうにほん 熊本へ』(佐藤健)など手掛けた書籍多数。 http://bit.ly/satoshifujimoto

Re:Standardを旗印に 「編集」視点から、さまざまを考え、提案する 編集者の藤本智士のnoteです。

藤本智士(Re:S)

編集者。1974年生まれ。『Re:S』『のんびり』『なんも大学』編集長。著書に『風と土の秋田』『魔法をかける編集』『アルバムのチカラ』。その他『ニッポンの嵐』『るろうにほん 熊本へ』(佐藤健)など手掛けた書籍多数。 http://bit.ly/satoshifujimoto

メンバーシップに加入する

Re:Standardを旗印に 「編集」視点から、さまざまを考え、提案する 編集者の藤本智士のnoteです。

  • リスタンダードプラン

    ¥500 / 月

    過去記事もすべて読めるようになります! 定期購読をしてくださっているかたは、一旦購読解除された上でこちらをお申込みいただければ幸いです。

    • 活動期間に応じたバッジを表示

マガジン

  • Re:S note(りすノート)

    2006年に創刊した雑誌「Re:S(りす)」編集長の藤本智士が、いまあらためてお届けする、あたらしい“ふつう”のnote「Re:S」。 日々のこと。旅のこと。地方のこと。編集のこと。 記事アップは月4回以上かなぁ。

  • レディオーライ

    編集者の藤本智士、ベベチオの早瀬直久が、あれこれ話す30分ラジオ番組。 収録は「しゃれこーべスタジオ」@KIITO 隔週更新を予定しています〜。

  • 魔法をかける編集/オーディオブック

    著者自らが朗読するオーディオブック! 「魔法をかける編集」藤本智士(インプレス) ガチで6時間以上かけて自ら朗読したので後半バテたり、変なテンションなってたりしますが、それも著者が自らやりきったからこそと、丸っと飲み込んでいただけたらと思います。 こんなアクションもまた編集の魔法だと信じて。 朗読:藤本智士 サウンドプロデュース:早瀬直久

  • 日本/地方/旅

    地方への旅ノート

  • ぜんぶ伏線。 だからアーカイブ

    note記事時系列にアーカイブ

ウィジェット

  • 商品画像

    風と土の秋田 二十年後の日本を生きる豊かさのヒント

    藤本 智士
  • 商品画像

    魔法をかける編集 (しごとのわ)

    藤本智士

記事一覧

仙台七夕まつりで思う。観光まつりで大切なこと。

 行ってみないとわからない。  体験してみないとわからない。  それを信条に生きてきた僕なのに、これまで一度も体験してこなかったのは、なんとなくわかった気になっ…

200

軽トラベル。日本一の花火を観に長岡へ。

1日目。スノーピーク FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS〜  秋田での仕事を終えて、軽トラで関西に向かって南下。「え?軽トラで?」っていつも驚かれるけど、意外に快適…

200

怒るほうに軸足を置いてみるアンガーマネージメントのはなし。

アンガーマネージメント  この言葉を最初に聞いたとき、怒ることも大事だし、そもそもマネージメントしたりコントロールしたりできない感情こそが怒りなんだから、そんな…

200

徳島上勝 RISE & WIN Brewing 楽しさと美味しさあってこその理念のはなし。

以前、上勝町のゼロ・ウェイストセンターに伺った際の記事を書いたけれど、ちょっと骨太になりすぎたので、今回は少しライトな上勝旅の記録。 ゼロ・ウェイストセンターを…

200

ファスティング日記

ファスティング前夜  3年前の健康診断から毎年「脂肪肝」の項目がC判定で、ちゃんと向き合わなきゃなあと思いつつ放置してたんだけど、最近、食べ過ぎ旅から日常生活に…

200

誰かのせいじゃない。

これは誰かのせいじゃない。 ましてや特定の組織や人物のせいじゃない。 多くの識者が、悲しみと怒りの感情のままに 漠然としたクラスターを批判し叩いているけれど これは…

若者よ、薄情になれ。

地域編集に興味を持っているという、ある学生の子が話を聞きたいと神戸までやってきた。 学生さんのインターン問い合わせなど、折々でメールをよく貰うのだけど、そもそも…

200

下書きそのまま公開(2018.11)

未完成の下書き原稿を成仏させるべく、定期購読の皆さん限定でお届けする下書きそのまま公開シリーズ。第一弾は2018年11月の書きかけ。。。

200

「想像」と「創造」がおなじ音であることの必然。

いとうと久しぶりに仕事をした。 いとうというのは 伊東俊介。 カメラマンだ。 いとうとは雑誌『Re:S(りす)』を立ち上げたときに出会った。 だから2006年、もう16年も…

200

ゼロ・ウェイストセンターで気づいたこと

秋田マテリアル  秋田県にかほ市に、秋田マテリアルという会社がある。産廃と呼ばれる、産業廃棄物処理業者さんだ。  しかし産廃と聞いてみなさんはどんなイメージを持…

200

毛七(けしち)って、知ってる?

毛七(けしち)?  友人の安居昭博くんの著書『サーキュラーエコノミー実践』を読んで以降、リユースやリサイクルではなく、そもそも「捨てる」というフェーズをなくすプ…

200

やりたいことより、やらないことを謳おう。

無断で映像や静止画を使用し、字幕やナレーションを付けて映画作品のストーリーを紹介するファスト映画というものがあると、一連のニュースで初めて知った。こんなことを当…

200

自分の意見をいれない。

 僕はフツーの子だった。小学生の頃から、一部の先生や友だち以外には、あんまり記憶に残らない目立たない子だったと思う。  勉強もまずまずだし、運動も中か中の下。引…

200

インプットは溜めない方がいい。

 一週間の長旅から戻ってきた朝。頑張った胃腸を休めるべくカフェイン控えたいなとカモミールティー飲みながら、今回の旅をぼんやり振り返っている。  あらためて、僕を…

200

「聞いてない」を振りかざす人へ。

 聞いてない。  この一言をできる限り口にするまい、と常々思っている。それはこの一言のみで、ググゥィーとマウントかましてくる人にたくさん出会ってきたからだ。  …

200

編集者と写真家が重なる瞬間

平間至 写真展 『すべては、音楽のおかげ Thank you for the photographs!』を観るべく、 美術館「えき」KYOTOへ。 平間さんに初めてお会いしたのは、2006年だった…

200
仙台七夕まつりで思う。観光まつりで大切なこと。

仙台七夕まつりで思う。観光まつりで大切なこと。

 行ってみないとわからない。
 体験してみないとわからない。

 それを信条に生きてきた僕なのに、これまで一度も体験してこなかったのは、なんとなくわかった気になってしまっていたからだ。48年生きてきて一度も体験していなかったそれとは、仙台七夕まつり。

 話逸れるけど、いま僕は『発酵ツーリズム にっぽん/ほくりく』という展示のクリエイティブディレクターとして展覧会づくりに関わっている。この展示一番

もっとみる
軽トラベル。日本一の花火を観に長岡へ。

軽トラベル。日本一の花火を観に長岡へ。

1日目。スノーピーク FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS〜

 秋田での仕事を終えて、軽トラで関西に向かって南下。「え?軽トラで?」っていつも驚かれるけど、意外に快適なのだ。とはいえ、時速80km超えた途端に車体が震え出すし、あっつあつに熱持ち始めるからゆっくりしか走れないし、そもそも二人しか乗れないし、普通車に比べたら不便なところいっぱいなんだろうけれど、その不便さはまっす

もっとみる
怒るほうに軸足を置いてみるアンガーマネージメントのはなし。

怒るほうに軸足を置いてみるアンガーマネージメントのはなし。

アンガーマネージメント

 この言葉を最初に聞いたとき、怒ることも大事だし、そもそもマネージメントしたりコントロールしたりできない感情こそが怒りなんだから、そんなことできるわけないじゃん? くらいに思ったのだけど、よくよく調べてみると、アンガーマネージメントの意味するところは、別に怒るなと言ってるわけではなく、「怒らなくていいこと」か「怒ること」か、判断できるようになろうという話で、決して、怒りは

もっとみる
徳島上勝 RISE & WIN Brewing 楽しさと美味しさあってこその理念のはなし。

徳島上勝 RISE & WIN Brewing 楽しさと美味しさあってこその理念のはなし。

以前、上勝町のゼロ・ウェイストセンターに伺った際の記事を書いたけれど、ちょっと骨太になりすぎたので、今回は少しライトな上勝旅の記録。

ゼロ・ウェイストセンターを視察するべく上勝に伺うことになったものの、あまり情報を持ち合わせていなかった僕は、当日の朝、ふと上勝町のブリュワリー「RISE & WIN Brewing Co.」の池添翔太くんのことを思い出した。

以前、大阪梅田の阪神百貨店の催事に友

もっとみる
ファスティング日記

ファスティング日記

ファスティング前夜

 3年前の健康診断から毎年「脂肪肝」の項目がC判定で、ちゃんと向き合わなきゃなあと思いつつ放置してたんだけど、最近、食べ過ぎ旅から日常生活に戻った後に体重をうまく戻せなくなったりしていて、さらには、もともとない筋力のさらなる低下を感じて(そこは運動しろ)、50近いしちょっと体質改善させなきゃなあと真剣に考え始めた。そもそも、疲れた消化器官を休ませて身体の中を大掃除するファステ

もっとみる
誰かのせいじゃない。

誰かのせいじゃない。

これは誰かのせいじゃない。
ましてや特定の組織や人物のせいじゃない。
多くの識者が、悲しみと怒りの感情のままに
漠然としたクラスターを批判し叩いているけれど
これは、この社会に生きる者すべての態度に紐づいている話であって
つまり、そんなあなた自身のせいでもあることを
横に置くべきじゃない、と僕は思う。

それでもあなたは、わたしは関係ないと言うだろうか。
ならば僕は、
それでも、あなたは関係してい

もっとみる
若者よ、薄情になれ。

若者よ、薄情になれ。

地域編集に興味を持っているという、ある学生の子が話を聞きたいと神戸までやってきた。

学生さんのインターン問い合わせなど、折々でメールをよく貰うのだけど、そもそもインターンは受け付けていないし、社員の募集もしていないから、期待に添えるかどうかはわからないとした上で、それでも僕が話せることはある気がするし、何より、学生たちがどんなことを考えているのか? どうして「地域のこと」や「編集」に興味を持った

もっとみる
下書きそのまま公開(2018.11)

下書きそのまま公開(2018.11)

未完成の下書き原稿を成仏させるべく、定期購読の皆さん限定でお届けする下書きそのまま公開シリーズ。第一弾は2018年11月の書きかけ。。。

もっとみる
「想像」と「創造」がおなじ音であることの必然。

「想像」と「創造」がおなじ音であることの必然。

いとうと久しぶりに仕事をした。

いとうというのは
伊東俊介。
カメラマンだ。

いとうとは雑誌『Re:S(りす)』を立ち上げたときに出会った。
だから2006年、もう16年も前になるのか。

なんとかかんとか創刊号を作った後、いとうと話し込んでいたら
謎に意気投合して、Re:Sはなんだか面白い雑誌になった。
だからRe:Sは2号目からが面白くなったと思う。
2号目から誌面が明らかにおかしくなって

もっとみる
ゼロ・ウェイストセンターで気づいたこと

ゼロ・ウェイストセンターで気づいたこと

秋田マテリアル

 秋田県にかほ市に、秋田マテリアルという会社がある。産廃と呼ばれる、産業廃棄物処理業者さんだ。

 しかし産廃と聞いてみなさんはどんなイメージを持たれるだろうか。きつい、きたない、危険といった3Kイメージを持つ人も多いのではないか。しかし、SDGsが叫ばれる現代において産廃業者さんの役割に対する評価が高まり、そのイメージは少しずつ変化しつつある。

 昨年末のこと、『サーキュラー

もっとみる
毛七(けしち)って、知ってる?

毛七(けしち)って、知ってる?

毛七(けしち)?

 友人の安居昭博くんの著書『サーキュラーエコノミー実践』を読んで以降、リユースやリサイクルではなく、そもそも「捨てる」というフェーズをなくすプロダクト設計のあり方について考えるようになり、その途端、これまで積極的だった商品企画の編集を進めることが出来なくなってしまった。実際に、懇意にしていたメーカーさんとのものづくりも、エシカルな取り組みとして着地できるものでなけば嫌だという僕

もっとみる
やりたいことより、やらないことを謳おう。

やりたいことより、やらないことを謳おう。

無断で映像や静止画を使用し、字幕やナレーションを付けて映画作品のストーリーを紹介するファスト映画というものがあると、一連のニュースで初めて知った。こんなことを当たり前に賛同など出来るわけがないけれど、こういったものが生まれる背景には向き合ってみたいと思った。

ここ数年、アニメ、映画、ドラマ、YouTube動画など、魅力的な映像作品が増えすぎているから、あれもこれも全部観たい!という欲望を満たさん

もっとみる
自分の意見をいれない。

自分の意見をいれない。

 僕はフツーの子だった。小学生の頃から、一部の先生や友だち以外には、あんまり記憶に残らない目立たない子だったと思う。

 勉強もまずまずだし、運動も中か中の下。引越しで転校が多かったゆえに、それなりにいじめられないコツみたいなものは身につけていった気がするけど、そういう処世も含めていわゆるフツーの子だったように思う。(フツーとは何か?は常日頃考えてるけど、ここでは置いとく)

 その記憶のせいか、

もっとみる
インプットは溜めない方がいい。

インプットは溜めない方がいい。

 一週間の長旅から戻ってきた朝。頑張った胃腸を休めるべくカフェイン控えたいなとカモミールティー飲みながら、今回の旅をぼんやり振り返っている。
 あらためて、僕を編集者たらしめているのは間違いなく旅だなと思う。旅先での出会いや発見をシェアしたいと思う気持ちが、僕の仕事の根っこにあるのは確かだ。書籍やテレビ、ネットからの情報よりも、旅を通した実体験こそが僕を大きく変化させてくれた。

 僕は、もともと

もっとみる
「聞いてない」を振りかざす人へ。

「聞いてない」を振りかざす人へ。

 聞いてない。

 この一言をできる限り口にするまい、と常々思っている。それはこの一言のみで、ググゥィーとマウントかましてくる人にたくさん出会ってきたからだ。

 もちろん、実際に聞いてなくて困る時って多々あって、それはいわば純粋な「聞いてない」だから今回僕が伝えたいものとは別。こことても大切だから明確にしておくけれど、「それは聞いてないから困ります!」と防衛するときの「聞いてない」は重要。今回僕

もっとみる
編集者と写真家が重なる瞬間

編集者と写真家が重なる瞬間

平間至 写真展 『すべては、音楽のおかげ Thank you for the photographs!』を観るべく、
美術館「えき」KYOTOへ。

平間さんに初めてお会いしたのは、2006年だったかと追う。その年に出した雑誌『Re:S』の特集記事「フィルムカメラでのこしていく」を読んでくださったようで、富士フイルムの知り合いを通して、平間さんご本人から連絡をいただいた。

当時既にデジカメ全盛の

もっとみる