応仁の乱

昨日賞味期限が2ヶ月も過ぎた1.5リットルのコーラを流しに捨てようとしたんだ。

そしたらそのコーラ、ここぞとばかりに暴発したんだ。
お前は俺のワイシャツを汚す為に2ヶ月もの間そこで待っていたのか。

憎いが、その死様、嫌いじゃないぞ。

だが俺はもう一生コーラは飲まん!!

スキ!ありがとまる♪
109

#19 あれ?俺たちなんで戦っているんだっけ。優柔不断な足利義政と応仁の乱

このエピソードで学ぶこと

強烈なカリスマ足利義満の下で安定した日本。
しかし、彼が死ぬとほころびが徐々に徐々に生じます。
あまたの混乱を経て、応仁の乱という京都を灰塵に帰した争いが起きます。

本編(0分49秒)

・南北朝は合一されたものの、相続をめぐる問題の根源的な解決が出来ていなかった。
・特に4代将軍義持の後継者問題がこじれてしまって、なんと将軍をクジ引きで選ぶという事態に。
・6代将軍

もっとみる

避けてきた日本史、再入門!

筆者は、東京外国語大学で学んだ。

海外への興味が強かったので、日本語専攻は選ばなかった。

もともと日本史には疎く、大学受験でも選択しなかった。

当然のように世界史を選択した筆者だったが、30を過ぎて日本史に再挑戦している。

 

そもそも世界史という科目が変テコなのだ。

自国の歴史だけを除外して外国の歴史を学ぶというのは、極めて不自然な話だ。

また、巷にはレキジョなる人達が存在すると聞

もっとみる

23 室町時代、なぜお寺が爆発的に増えたのか?/日本の仏教が葬式仏教になった理由④

室町時代、仏教が爆発的にひろまったことを前述したが、その一方でこの時代は、日本仏教史の中では、めぼしいトピックがほとんど無い時代である。

 鎌倉時代のように、その後の仏教に大きな影響を与えるような指導者も出ていないし、取り立て大きな事件も無い。

 前述の日本史の教科書『日本史B』を見ると、室町時代で触れられているのは、北山文化・東山文化と新仏教の発展の項目のみである。

 北山文化・東山文化と

もっとみる
感謝です。
10

日本の歴史の背景part8(室町時代編)歴史初心者向け!

はじめに

これから書く内容は前回の日本の歴史の背景part7の続きですので、「まだ見てないよ!」という方は先に見ることをお勧めします。

あともう一点、

この内容は、歴史マニアやテストで点数を取るための人の方向けには全く書かれていません。歴史の背景、流れをおさらい、一から知る人のための内容です。それが許せる方のみこの先を読んでいただけると幸いです!

それでは!早速続きから!

~室町時代~

もっとみる

ご先祖さまは、どんな人だったのか?足利家と日野家の歴史を勉強ちゅう・・・

応仁の乱が始まったキッカケを作った「悪女」として、

あんまり良いイメージがない ご先祖様「日野富子」。

真実は定かではない ですが、足利家 と 日野家が

深い「ご縁」で 繋がって いたことは

確か です。

21世紀に入り、その 子孫が、

何かのご縁で また繋がったのか?

のかも 

しれません。

解毒作用=下痢ピー

京都応仁の乱から一時的快復したものの、再び下痢ピーになっております、うつ病旦那です。

ここ最近の睡眠、疲労感が抜けていっているのをベッドの上でゴロゴロしながら感じている。こやつは、幼少期から心身に蓄積した黒いものを下から出しているのだと思っています。

うつ病旦那

あんたみたいに優しいひとになりたいわあ。
9

越前朝倉氏の黒歴史(2)(『麒麟がくる』解体新書)

越前朝倉氏の黒歴史、舞台は応仁の乱から始まります。

応仁の乱ってなに?

ほとんどの人が歴史用語としか知らないこの乱は、簡単に説明するのがものすごい難しい戦いです。ポイントとしては

1、西暦1467年(応仁元年)から西暦1478年(文明9年)までの約11年間、京都を中心に続いた戦争。

2、時の将軍・足利義政が畠山家や斯波家の家督相続に首をツッコミ、ワケワカメにした挙句、足利将軍家の将軍継嗣問

もっとみる
評価ありがとうございます!!

呉座勇一『応仁の乱』読書会#2

最近の授業に物足りなさを感じ、授業改善に向けた読書会をしています。

前回は本書を読む視点を、はじめにを取り上げる形で行いました。今回はその続きになります。

前回は本読書会のポイントを確認しました。すなわち、社会科教育を充実させようとする視点から本書を読み、できるだけ授業に還元していこうというものでした。

今回の範囲は、第一章 機内の火薬庫、大和 から、第二章 応仁の乱への道 を取り上げていき

もっとみる

呉座勇一『応仁の乱』読書会#1

本稿は、5月10日、25日に行われた読書会の内容である。

1.呉座勇一『応仁の乱』を読む視点

(1)中学社会科の視点から

応仁の乱を読み解く際の視点として本稿が重視するのは、中学社会科の教師として、どのように授業に生かすことができるのか、というものである。

応仁の乱は中学歴史の教科書にも登場する。π型を採用しているため、該当箇所は中学1年生の三学期に教えることになるだろう。

令和3年度4

もっとみる