佐々田 法男

東京在住のビジネスマンです。30年ほど勤めたテレコム系会社を退職し、BPOビジネス会社…

佐々田 法男

東京在住のビジネスマンです。30年ほど勤めたテレコム系会社を退職し、BPOビジネス会社を経て現在はグループの電力関係の会社で働いています。他のBlog(https://blog.goo.ne.jp/sasada)で公開中の読書メモの転載の他、折々のトピックも書き留めています。

マガジン

  • OMOI-KOMI 我流の作法 -読書の覚え-

    私の読書の覚えとして、読後感や引用を書き留めたものです。

  • ひとつ覚えのススメ -Shopping-

    買物・外食等の覚えです

  • ひとつ覚えのススメ -考えるヒント-

    新聞や雑誌の記事を材料に、思い浮かんだことを書き留めています

  • ひとつ覚えのススメ -雑感徒然-

    ノンジャンルの雑感です

最近の記事

赤い雲伝説殺人事件 (内田 康夫)

(注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  かなり以前に読んだ内田康夫さんの “浅見光彦シリーズ” ですが、このところ、私の出張先が舞台となった作品を、あるものは初めて、あるものは再度読んでみています。  ただ、私の出張先も以前勤務していた会社のころを含めるとそこそこの都道府県にわたるので、どうせなら “浅見光彦シリーズ” の制覇にトライしてみようと思い始ました。  最近、第一作目の「後鳥羽伝説殺人事件」、第二作目の「平家伝説殺人事件」と、内田さん単独での最

    • 人間ってなんだ (鴻上 尚史)

      (注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  いつも聴いているピーター・バラカンさんのpodcastの番組に著者の鴻上尚史さんがゲスト出演していて、本書の紹介をしていました。  20年以上にわたって鴻上さんが「週刊SPA!」に連載していたコラムから、これはという作品を選りすぐって書籍化したものとのこと。  通底するテーマは「人間」です。  執筆当時ならではのエピソードもあれば今でも相変わらずといったネタも並んでいて、とても興味深いのですが、それらの中から私の

      • 知っておきたい地球科学 : ビッグバンから大地変動まで (鎌田 浩毅)

        (注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  いつもの図書館の新着本リストの中で見つけた本です。  著者の鎌田浩毅さんの本は今までに「世界がわかる理系の名著」「一生モノの勉強法」等を読んでいます。  京都大学名誉教授というタイトルのわりにはちょっと規格外的な鎌田さんの雰囲気に惹かれて、この本にもトライしてみました。  私は、高校時代 “文系” だったので授業で習ったのは「化学Ⅰ」と「生物Ⅰ」だけ。「地学」は履修していません。もともと小さいろから「宇宙」には興

        • ユタが愛した探偵 (内田 康夫)

          (注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  かなり以前に読んだ内田康夫さんの “浅見光彦シリーズ” ですが、このところ、私の出張先が舞台となった作品を、あるものは初めて、あるものは再度読んでみています。  今回は、“沖縄” です。  沖縄に初めて行ったのは学生の時、もう40年以上前、大阪南港から船中2泊の旅でした。さらに石垣島までも船旅でしたから、当時は “元気” でしたね。離島では「車は左、人は右」と書かれた看板が、色褪せてはいましたが、まだ残っていたこ

        赤い雲伝説殺人事件 (内田 康夫)

        マガジン

        • OMOI-KOMI 我流の作法 -読書の覚え-
          1,374本
        • ひとつ覚えのススメ -Shopping-
          5本
        • ひとつ覚えのススメ -考えるヒント-
          47本
        • ひとつ覚えのススメ -雑感徒然-
          3本

        記事

          限りある時間の使い方 (オリバー・バークマン)

          (注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  通勤で利用しているJR駅のエキソトにある書店で平積みになっていました。気になっていたのですが、いつもの図書館にも所蔵されていたのでさっそく借りて読んでみました。  「時間管理」をテーマにしたHowToモノはよく見かけますし、最近では「コスパ(コストパフォーマンス)」と並んで「タイパ(タイムパフォーマンス)」という言葉も一部で使われているようです。  紹介文を読む限りでは、本書はちょっと切り口がユニークそうですね。

          限りある時間の使い方 (オリバー・バークマン)

          見立て日本 (松岡 正剛)

          (注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  いつもの図書館の新着本リストの中で見つけた本です。  松岡正剛さんの著作は久しぶりです。  もともとは10年ほど前の週刊誌連載記事の再録ですが、それをベースに現在までの小文を大幅に追加したものとのことです。  正剛さんが切り出したキーワードと写真(撮影:太田真三さん)とのシナジーが楽しみで手に取ってみました。  さっそく、その中身ですが、冒頭記したように「週刊ポスト」の連載なので “文章” は軽めのエッセイ・テイ

          見立て日本 (松岡 正剛)

          化生の海 (内田 康夫)

          (注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  かなり以前に読んだ内田康夫さんの “浅見光彦シリーズ” ですが、このところ、私の出張先が舞台となった作品を、あるものは初めて、あるものは再度読んでみています。  今回は、都道府県レベルですが、ひとつの作品で3ヵ所をカバーしています。“北海道” “石川・福井” “福岡” です。  いずれの地も都道府県としては出張で何度も訪れていますが、残念ながら作品の具体的な舞台はピンポイントで私が訪れた所ではありませんでした。

          化生の海 (内田 康夫)

          誰が国家を殺すのか 日本人へV (塩野 七生)

          (注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  いつも利用している図書館の新着本リストで目に付いた本です。  塩野七生さんの著作は、代表作「ローマ人の物語」をはじめ、この「日本人へ」と副題がつけられているシリーズも「リーダー篇」「国家と歴史篇」「危機からの脱出篇」「逆襲される文明」と読み続けています。  ということで当然のごとく本書も手に取ったというわけです。  タイトルは編集者のセンスでもあるのでかなり刺激的なものですが、内容は塩野さんの感性で綴ったエッセイ

          誰が国家を殺すのか 日本人へV (塩野 七生)

          一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書 (池末 翔太)

          (注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  いつもの図書館の新着本リストの中で見つけた本です。  私は、高校時代「文系」だったので授業で習ったのは「化学Ⅰ」と「生物Ⅰ」で、「物理」は履修していません。この点、今となってはとても心残りに感じていました。  そういう背景から、「物理の入門書」と謳っている本書は一目で気になって手に取った次第です。  なのですが、読み終えてみるとどうにも当初の私の目的はまったく果たされなかったようですね。  高校物理が対象として

          一度読んだら絶対に忘れない物理の教科書 (池末 翔太)

          人類の起源 - 古代DNAが語るホモ・サピエンスの「大いなる旅」 (篠田 謙一)

          (注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  会社の大先輩がSNSで紹介されていて気になった本です。  いつもの図書館に所蔵されていたので、さっそく借りて読んでみました。最新の遺伝子研究の成果から人類誕生以降の足跡を顕かにしようと試みた著作です。  さっそく数多くの私の興味を惹いたところから、いくつか覚えに書き留めておきましょう。  まずは、「ホモ・サピエンス」の起源に関する最新の研究成果です。  このあたり、化石の形状や年代推定だけでなく、DNAやアミ

          人類の起源 - 古代DNAが語るホモ・サピエンスの「大いなる旅」 (篠田 謙一)

          ルポ 誰が国語力を殺すのか (石井 光太)

          (注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  いつも聴いている大竹まことさんのpodcastの番組に著者の石井光太さんがゲスト出演していて、本書の紹介をしていました。  石井さんの著作は、以前にも「ルポ 自助2020- ― 頼りにならないこの国で」という本を読んだことがあります。本書も前作と同様に、石井さんの現場に入り込んだ渾身の取材からの多面的な考察は刺激に富んでいて、なかなかに面白いものがあります。  その中から、私の関心を惹いたところをいくつか書き留め

          ルポ 誰が国語力を殺すのか (石井 光太)

          歌枕殺人事件 (内田 康夫)

          (注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  かなり以前に読んだ内田康夫さんの “浅見光彦シリーズ” ですが、このところ、私の出張先が舞台となった作品を、あるものは初めて、あるものは再度読んでみています。  今回は “宮城” です。  宮城(仙台)は、今勤務している会社でも、以前勤めていた会社でも拠点があったので年に数回は訪れていました。  ネタバレになるとまずいので内容には触れませんが、この作品の主な舞台は「多賀城」。仙台からそれほど離れていないので、光彦

          歌枕殺人事件 (内田 康夫)

          プリズン・ドクター (おおたわ 史絵)

          (注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  いつも聴いている大竹まことさんのpodcast番組に著者のおおたわ史絵さんがゲスト出演していて、本書の紹介をしていました。  刑事施設内の職場という特殊な環境下での経験を綴ったエッセイはとても興味深いものがありました。  その中で語られたエピソードや思うことの中から、私の関心を特に惹いたところをひとつ書き留めておきます。  矯正医官として被収容者と診察を通して接する中で、おおたわさんが痛感した日本の医療の現状の一

          プリズン・ドクター (おおたわ 史絵)

          『失敗の本質』を語る なぜ戦史に学ぶのか (野中 郁次郎)

          (注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  いつも利用している図書館の新着本リストで目に付いた本です。  野中郁次郎教授の著作は、今までも有名な「失敗の本質」を皮切りに「知識創造企業」「戦略の本質」等々、何冊か読んでいます。  本書は、数々の著作で語られた野中教授の戦略理論等を俯瞰するとともに、それらの研究の背景やプロセス等につき、野中教授自身が語ったものだということで大いに関心を持ちました。  予想どおり興味を惹いたところは数多くありましたが、その中か

          『失敗の本質』を語る なぜ戦史に学ぶのか (野中 郁次郎)

          平家伝説殺人事件 (内田 康夫)

          (注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  このところ、かなり以前に読んだ内田康夫さんの “浅見光彦シリーズ” の中から私の出張先が舞台となった作品を読んでいます。  その流れで、先日、シリーズ第一作目となる「後鳥羽伝説札事件」を読んだのですが、まだ少々尖がっていたころの内田さんの筆致を目にし、その後の変化の道程が気になりました。  ということで、「出張先フォロー」から外れますが、第二作目ではどんな感じかと手に取った次第です。  ネタバレになるとまずいので

          平家伝説殺人事件 (内田 康夫)

          水のない川 暗渠でたどる東京案内 (本田 創)

          (注:本稿は、2023年に初投稿したものの再録です。)  いつもの図書館の新着本リストの中で見つけた本です。  こういう感じの “街歩き” 本は、今から15年以上前に読んだ中沢新一さんの「アースダイバー 」、最近では、高橋源一郎さんの「失われたTOKIOを求めて」等を読んだことがありますが、本書は「暗渠」をテーマに東京を巡ります。  まず、序章「暗渠スケープと景観・空間・時間」で本田創さんはこう語っています。  時代を追ったその街・土地の変化の様はとても重層的で興味深

          水のない川 暗渠でたどる東京案内 (本田 創)