私が執筆出来なくなった理由について

私が執筆出来なくなった理由について

ぶっちゃけ話を。 実は今年の3月辺りから、まともな執筆活動をしておりません。 何て表現したらいいのか…。 『書きたい』という気持ちがある反面、その行動、衝動を身体が『ストップ』を掛けるというか。 表現が合っているか分かりませんが、執筆しようとすると 『思考停止』 してしまう様になってしまいました。 自分でも訳が分からず、書きたい衝動、書きたいけど身体(思考)が『待った‼️』を掛ける。 この板挟み。 この上無い『ストレス』になり、自暴自棄になっているのが正直なところです。

スキ
8
【エブリスタ】トレンドランキング5位にランクインしました!【小説】『ぼくたちは天使じゃない』

【エブリスタ】トレンドランキング5位にランクインしました!【小説】『ぼくたちは天使じゃない』

【小説】革命家を拾う話

【小説】革命家を拾う話

(エブリスタ連載中) *すばる文学賞最終候補作品* あらすじ みちる21歳。ニート。 兄ゆたか32歳。平成バンカラ男。 その冬、みちるは河原で革命家を拾った。 兄は、また妹がへんなものを拾ってきたと思った。 地方都市に生きる兄妹の生活にふと現れた「革命家」は、彼らに何をもたらすのか。

スキ
1
四回目のデートの最中に

四回目のデートの最中に

「好きな人と、三回食事に行くまでに告白しないと友達だって思われちゃうんだって」 それって本当だろうか。いまわたしは好きな人と四回目のデートの最中である。一回目、二回目、三回目と全部のデートで食事をしているから、もしこれがジンクスではなく恋愛心理学を参照した真実なら、わたしの恋はもうすでに手遅れにあるのだろう。 好きな人は賢い人だ。それでいて特別な感覚を持っている。わたしもその、特別な感覚の持ち主で、だからわたしたちはほかのだれもが理解できないような話題において理解しあうこ

スキ
11
急にフリフリが着たくなった話。

急にフリフリが着たくなった話。

姉に突然「かわいい系が多いやんな」と言われて驚いた。 そんなつもり全くなかったからだ。 どちらかと言えば、地味で無難な服を選ぶようになった(なってしまったぐらいに思っていた)。 姉の中でだけでフリフリ好きという認識がまだ生きているのだと思っていた。 けれど、母にも可愛すぎると指摘を受けるようになった。 高校ぐらいで足を出すなと言われて以来の衝撃。 見直したら確かに閲覧履歴はロリータっぽい服かアイドル衣装のようなものばかり。 家族の方が自分をよく知っていると言った

マシュマロちゃんの定期購読者になりました。小説、上手くなるぞー!!!

マシュマロちゃんの定期購読者になりました。小説、上手くなるぞー!!!

スキ
1
『□□□□男』の自己紹介
+1

『□□□□男』の自己紹介

 おはようございます。  私の名前は『□□□□男』と書いて、しかくしめんと申します。  自分の頭の中で生まれた”面白い空想”を形にしたいと思い立ったのが、十数年前にあたる高校生の頃です。  それ以来、あーだこーだと言いながら小説を書いてみたりしてきましたが、飽きっぽい性格なので長続きしないことが悩みの種……。  お恥ずかしい話ですが毎年恒例になりつつある願掛けとして、 「今年こそは長編小説を一本書ききるぞ!」  という目標を立てるのですが、もう4~5年くらい達成で

スキ
5
WATER WAR 1-6

WATER WAR 1-6

 この練習試合に勝利を諦めている海野と波川に皐月は諦めないと告げる。必ず勝利したいと思う。水都中学に行けず、ウォーターウォーから離れた海野を知っている。それに皐月にはやるべきことがある。俊也にウォーターウォーをする自分の姿を見せる。世間に認めさせる。迷惑なスポーツといわれるこのウォーターウォーを盛り上げる。  レインメーカーに立ち向かう皐月。少しでも寺島湊に水をあてることができれば。しかし、彼の後ろにつく二人に撃破されてしまう。 『桜坂中学 ゲストワン。相手選手の攻撃により

note始めました

note始めました

note初心者です 小説とか、いろいろ投稿していきたいと思ってます よろしくお願いします

スキ
2
私の作品紹介(一次通過以上の拙作リスト)

私の作品紹介(一次通過以上の拙作リスト)

お疲れ様です、青猫です。 今回は #私の作品紹介 というタグを見つけたので、カクヨムに載せいている拙作を網羅的に紹介していきます。(※公募で一次落選した作品は省きました) 短編【コバルト短編小説新人賞 「もう一歩」の作品】 「ストゥーピッドで華麗なる人生」(https://kakuyomu.jp/works/1177354054918241860) あらすじ:インスタグラムのフォロワー数1万人、のんびりOL桃香の正体こと、しがない貧乏OLの小夜子は、今日も偽りの自分を

スキ
13