【書評3】 マックス・ウェーバー 『職業としての学問』

大学を出ても研究を続けたいので、研究者になるのもいいなと考えている。学問の世界で生きていくのは厳しいという話も聞くが、バンドマンがメジャーデビューして生きていくのは厳しいと言われるのと同じだと思う。今私がいる大学はメジャーデビューして活躍しているスターがたくさんいて、この方のようになりたいという先生もいれば到底この方には追いつけないという先生もいる。だが、そんな先生方の近くで正しく進めばメジャーデ

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!😊
1

教授に休学を拒否された

大学3年目、

ずっとネガティブな感情がつきまとっていた。

これまでのバイト生活のせいで、満足のいく勉強ができなかった。見たいもの、読みたい本や論文、行きたい場所はいくらでもあるのに、それらを書き連ねたメモは未だに消化されない。

大学へ行けば教授からダメ出しの嵐。知識不足だとわかっていても、深夜帰宅後は疲れて机に向き合う気力も出ない。

何もかもがコンプレックスだった。

このまま卒論が書ける

もっとみる

「学問ごっこ」と、それに対するわたしの反感

これまでの自分の生き方や考え方について振り返ってみると、前々から薄々気づいていたことではあるが、「何が好きか」よりも「何が嫌いか」ということに自分が振り回されてきたことを再認識してしまう。ネガティブな外的事象に自分の人生や人格を決定させてしまうことはどう考えても自分にとって良いことではないし、幸福ではなく不幸につながることだとは思う。しかし、何しろ昔から様々なものやことが嫌いで仕方がなかったし、今

もっとみる

命は道具だから僕らはもっと命の使い方をちゃんと考えないとダメだなあと思う

どもども。ひよこ型大学院生のちらです🐤

なんとなく初心に戻って古代種ブロガーらしくオピニオン記事をダラダラとnoteに書いてみようと思って書いてみます(半分以上自己満。あの時何考えてたんだろう的な忘備録)。

最近はアフィリは外注化がメインであとは自分で作ったプログラムで記事作成に勤しんでたりでウェブでの文章書きが大分少なくなってるからね(書く習慣は大事)。

論文書いたり、そのための文献見た

もっとみる

日本の就活システムが学問の多様性を保っている説

こんにちは、Nemuです。そろそろ就活本番の時期ですね。私も日本にいたら今頃は必死になって就活していると思います。

日本の就活システムには賛否両論ありますが、今日は私がメキシコにきて気づいた日本の就活システムのメリットについてお話ししたいと思います。

そもそも日本の就活はどちらかというとポテンシャル採用になっていて、何の技術を持っていて何ができるかというより、人柄や入社後に会社が求めるように成

もっとみる
ありがとうございます、フォローもしていただけると更に励みになります:>
14

学問の頂点は芸術

大学生の頃、文系のことを少し下に見ていた。
理系文系とは関係ないかもしれないが、論理的でない話をする人に腹が立って仕方なかった。

その日も感情だけで話をする人がいて腹が立っていた。
そんなこともあったせいか、研究室に行き、日頃から抱いていた疑問を教授にぶつけた。

「文系の科目って必要ですか?」

社会や法律、漢字、古典、、、書籍やインターネットで検索すればすぐにわかることをなぜ勉強しなけれ

もっとみる
今日の運勢は大吉!!
49

アンティークコインの世界 〜発行背景が興味深いローマコイン〜

今回は発行背景が興味深い2つのローマコインを紹介していく。コインに刻まれた図像から発行者たちの意図を読み取ることで、より深く歴史を理解することができる。紹介するこれらのコインは特に古代ローマ史上、重要なものであり、資料としての価値は一級品と言っていいだろう。こうした資料が残っているからこそ、私たちはずっと昔の人間のことを知ることができる。コインは金属という頑丈で残りやすい素材をだったため、数千年の

もっとみる

私の理想の大学人生🌏✨

ヨビノリたくみさんのこのnote!

自分が入っている学部・学科の勉強をしっかりすること!

この言葉がとても心に響いたので引用させてもらいました!

🌱✨

ヨビノリたくみさんの事は、AbemaTVで放映されていた、ホリエモンが東大受験をする企画で知りました。

その時の印象は、教え方が本当にうまいなって感じでした!

そして、このnoteを読ませてもらった時に、教え方が上手い裏には大学時代に

もっとみる
いつもありがとうございます😊
35

99年生まれ、さくらちゃん

「私、人には、階級ってものがあると思うの」
「え?」

 安っぽいネオンが目に優しく光る。歌舞伎町にある三時間2500円のラブホテルの部屋で、さくらは言った。彼女は肩に、薄っぺらいバスローブを羽織っている。さっき、さびれたお風呂に、お湯、濁ってるね、と苦笑いしながら一緒に入ったのだ。彼女の突然のその言葉に、私は福沢諭吉の言葉を思い出した。天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らないんじゃなかったっ

もっとみる
部屋に満ちてきた幸福の水位は上がる。
25

X線分析の教科書ガイド - X線反射率法

X線の教科書ガイドを定期的に更新してご紹介しています。材料解析などの分野でよく使われるX線回折、蛍光X線分析、また相対的にはマイナー技術にはいるものの非常に有用なX線反射率法、ほかにX線イメージング等について、それぞれとりあげます。

本日はX線反射率法の書籍について。日本語の教科書は、実質これ1冊です。2018年6月末に出版しました。

X線反射率法とは

薄膜の機能は、その膜構造,界面構造に左

もっとみる
Like して下さったあなたが大好きです。ありがとう!
8