タケチヒロミ(Roulottes)

大学生の息子のいる大学生。旅をこよなく愛すウェディングドレスの仕立て屋。トレーラーハウスの移動式チャペル・ルーロット代表。2021.6 今週のおすすめnote|芸大生・文芸|元フェリシモ・企画デザイン|リメイク|衣装製作| http://roulottesjapon.com/
固定された記事

「大学生になりました」 息子だけじゃなくて...実は私も。

先日、憧れ続けていたあの一言を言われた。「大学生のお子さんがいるようには見えない!」という言葉だ。それもこれも息子が大学生になってくれたおかげだ。 そんな私だが…

衣服の持つ宿命を背負って 石内都展とわたしの「ひろしま」

見に行くのに覚悟が必要だった。 先月まで西宮市大谷記念美術館で開催されていた「見える見えない、写真のゆくえ」石内都展 だ。 石内都 写真家 1947年群馬県生ま…

熱で朦朧としながら小説を書いたら

最初は、腰の痛みだった。 机の前に座って、必死で小説を書いているときだった。通信制大学の文芸コース、卒業案件のための小説を、その日中になんとしてでも書いて提出し…

自称優等生はシラバスが読めない

お恥ずかしい話だが、通信制大学に入るまで「シラバス」という言葉を知らなかった。 シラバスって、なんだよ。 シラバス(Syllabus)とは講義要項のこと もう、講義要項…

わけわかんないしがらみを跳び越えろガールズ。新しい時代、Z世代の彼女たち。

オリンピックについて、特に書くこともないだろうと思っていたのだけれど、あまりにもすがすがしかったので、書きたくなった。スケートボード女子、そしてフィリピン代表の…

失われた「かわいい」を求めて、 原田治展

わたしは一時期、「かわいい」についてめちゃくちゃ考えていた。 「かわいい」会社でファッション商品の企画デザインに携わる会社員として、常に「かわいい」を考え、「か…