新鮮で、刺激的で、世界がキラキラしてた子どもの頃のような心でいたい。五感を開くための「暮らし」|古性のちさんの暮らしの最適化

世界中を旅しながら「写真と言葉」を組み合わせた作品を作るフォトグラファー 古性のちさん。「暮らす場所」探しに出かけた世界一周。追い求めるのは、五感を開いてくれる「暮らし」。

今回は、「帰らない日は家賃がかからない」新しい暮らしのかたち「unito」広報の榊花乃が、のちさんが追求する理想の暮らしのお話を伺いました。

古性のちが暮らしのなかで大切にしている「五感を閉じないこと」

榊:のちさんは、

もっとみる
ありがとうございます!
3

Withコロナの多拠点生活「大阪豊能暮らし」〜大阪・梅田から1時間で行ける自然豊かな田舎町〜

人気の神奈川「湘南」エリア、千葉「房総」エリアに点在する多拠点ライフプラットフォーム「ADDress」ですが、関西も拡充を!とのADDress会員の皆さまからの要望を受けて、この夏関西拠点の開発を鋭意進めています。今回は、Withコロナの多拠点生活として、大阪中心から約1時間の里山生活を紹介。魅力的な家守を中心とした、都会から離れた大阪の田舎暮らしを体験してみませんか。

共創人口コミュニティを展

もっとみる
わたしも好きです😍
5

新たな居場所に出会える暮らし

また白馬が好きになった。

かれこれ毎夏6年近く
旅行に行っているのに。

今回の滞在中に、
次の白馬の予約をしていた。

また9月に1週間滞在する。

俊さんやミズトさんとサウナやりたいし、
ニューフジヤや学さんのお店にも行きたい。

毎年白馬に行っている旅行とは明らかに違った。
何が違ったのか。

キッカケはADDressだった

今、月額4万円で全国60拠点に住み放題のサービス
ADDres

もっとみる

Withコロナの多拠点生活「いすみ暮らし」〜住みたい田舎4年連続1位の千葉県房総半島にある家〜

新型コロナウイルス感染者数の推移が連日報道されていますが、コロナが収束するまではしばらくの間、私たちは感染予防対策をしながらコロナと共に生活する日々が続くと思われます。この夏は特に、お盆休み帰省を自粛される方も多いのではないでしょうか。自宅以外の場所に出掛ける時は、訪問先地域に住む方々に気を配り、双方で抱く不安や懸念の緊張感をまといながらの生活もやむを得ない状況です。ADDress会員のみならず、

もっとみる
わたしも好きです😍
11

多拠点生活がもたらす"他者への"価値

先月下旬より、多拠点生活を始めました。

主に拠点としている静岡県下田市を出発し、
→宮城県仙台市&石巻市
→福島県磐梯町
→静岡県下田市
→徳島県美馬市
→愛媛県松山市
と、わずか半月の間で日本中をかけ回ってきました。

その様子を発信しようと、wordpressでブログを開設したのですが、大事なことを忘れていました。
僕、wordpressの運用が大の苦手なんです…

これまで4回くらいページ

もっとみる
スキありがとうございます!めっちゃうれしいです!
3

ADDressでデュアルライフ@小田原邸

子どもと一緒に他拠点生活vol.3

今回は小田原邸に来ています。

小田原の海沿い、かまぼこ通りに面したこちらが#ADDress小田原邸

もともと酒屋さんだったという古民家をリノベーション。そんな店先の名残あるエントランス部分

ここの拠点の魅力のひとつでもある憧れの屋根裏部屋。そして、屋根裏部屋にハンモック!テンション上がらないわけがない。

ちょっとした講座も開けそうな妄想の広がる空間です

もっとみる

【岐阜・高山】アンバサダー・金住則行さん インタビュー

全国渡り鳥生活倶楽部は7月22日にサービスを開始し、ウェブサイトをリニューアルいたしました。

wataridoriサービスの特色の一つとして、アンバサダー・コンシェルジュの方々に、地域と会員さんをつなげる役割をお願いしています。

今回は岐阜県・高山のアンバサダー・金住則行さんへのインタビューを通して、wataridori生活で大切にしていることや、どんな方におすすめしたいサービスなのかを、高山

もっとみる

わが多拠点テレワーク・トライアル Part② 山形編

Part②は北上!山形に

今山形新幹線の車内です。わが多拠点テレワークPart②は東北は山形を旅しながら行います。二泊三日を予定しています。新幹線はまもなく宇都宮駅。Wi-Fiも快適です。今回は移動しながらのテレワーク。つまりはノマド型にチャレンジします。途中テレビに会議もあります。他にイントラでメールのやり取りも。山形は15年振りになります。今回は同行者が2人。移動はレンタカーです。料金は3人

もっとみる
[スキ]ありがとうございます!
7

「どこに住むか?」は「好き」で決める

2019年の8月に沖縄での暮らしをはじめ、2020年の3月から海士町(隠岐諸島)との二拠点生活をスタートしました。まだまだ、良さやメリット・デメリットなどをお伝えできる段階ではないのですが、この記事では

・なぜ、二拠点生活をはじめたのか?
・どうして、沖縄と海士町(隠岐諸島)を選んだのか?
・住むを決めるのは「ご縁」と「好奇心」そして「タイミング」

について綴っていけたらと思います。

ぼくは

もっとみる
ありがとうございます!!よろしければシェアお願いします^^
2

日本にふたつしかない五稜郭 - 長野県・龍岡城

歴史好きなわたしですが、東京と長野との二拠点生活をはじめてから、身近に歴史スポットがたくさんあって、最近は時間を見つけては少しずつ巡るのが楽しみのひとつになっています。

そんな歴史スポットの中でも、歴史を語る上でかかせないのが城。かつて日本には二万五千以上もの城が存在したと言われています。

城は大名や藩主の拠点であり、戦が起これば城を取り合う=その土地(領地)を取り合う。それによって勢力図は変

もっとみる
そんなあなたが大好きです!
25