さかえる🏝ひじき漁師

銀行辞めて田舎で漁師&百姓。収入の柱を複数持って合わせ技で生きるアラサーです。 煮付けではなくサラダで食べて欲しい最高級ひじき 生産者 https://www.hijiki.online/ 地方で頑張る人のオンライン村 https://note.com/icl_info2020

さかえる🏝ひじき漁師

銀行辞めて田舎で漁師&百姓。収入の柱を複数持って合わせ技で生きるアラサーです。 煮付けではなくサラダで食べて欲しい最高級ひじき 生産者 https://www.hijiki.online/ 地方で頑張る人のオンライン村 https://note.com/icl_info2020

    最近の記事

    正直に、誠実に生きても誤解されたり裏切られることはある。そんな時にこそ大切にしたいこと。

    こんにちは。瀬戸内海の島で活動しているひじき漁師のさかえるです。このnoteは、普段の田舎暮らしの様子を日記的に残しておく「Twitter以上ブログ未満」のマガジンです。 田舎暮らしの些細な日常を写真や動画などで振り返るためのいわゆる「オランライン日記」です。より深い田舎での活動は地方で頑張る人、移住したい人が集まるオンライン村で発信しています。 個人事業やフリーで生きるデメリット個人事業主として生きていると、仮に成果を出していたとしても信じられないようなタイミングで契約

    スキ
    47
      • 幸せは、「感じる」ものではなく「気づくもの」

        実は人からみたら羨ましい状態でも、自分がその価値に気づいていなければ幸せではない。逆に言うと「些細な幸せに気づける」ようになると人生もっと豊かになると思います。 ある意味「付き合いたてのカップル」や「田舎に行ったばかりの移住者」も似ています。「幸せに気づいている」状態。 月日が経っても幸せでいられるかどうかは、「あ、これいいな」という気づきを忘れないことだなと。 より自分の置かれた立場について客観的に「気づく」ためには、やはりいろんな経験をしていないとホントの意味での魅

        スキ
        9
        • 正解もロードマップも存在しないもの。

          生き方に正解はないしロードマップもない。 というと納得感があると思いますが、 これと同じく自分だけにしか答えが出せないのが 「自分の資産をどうするか」という資産運用 「どの場所で生きるか」という移住 「どう働くか」という起業 「誰と生きるか」という結婚 であって、自分にしか答えの出せないポリシーの積み重ねこそが、オリジナルの生き方に繋がっていくのだと思います。

          スキ
          7
          • 「腕一本で稼ぐ」人が残っているのが日本の地方である

            ひじきを収穫している「沖家室島」の歴史や文化について調べながら記事を執筆していたら改めて感じたことなのですが、 「田舎」というと過疎高齢化が進んで衰退している場所、のようによく言われることがあるものの「腕一本で稼いできた人」がいまだに残っている場所であるなぁという捉え方もできるのではないかと思いました。 感覚的な話だけではなく、実際のデータでも島(ここでいう島は、沖家室島が属する山口県周防大島町のデータ)の個人事業主・家業従事者の割合は実に30%であり、日本全国における割

            スキ
            12

            新型ウイルスが気づかせてくれたことは「ITを活用する」ではない、という話

            新型のウイルスが気づかせてくれたことは「ITを活用する」じゃない。「小手先でITを活用する人は淘汰される」である。 大切なのは「画面の向こう側にいる人」といかに関係を構築できているか。自分を助けてくれる身近な人をいかに大切にできるか。SNSもYouTubeも打ち出の小槌ではない。 SNSでの集客って結構大変だし、ウェブサイト作っても毎日更新したりストーリー性のある記事を更新し続けたりするのって結構マッチョな作業で大変。ウェブを活用すれば何かうまくいく、は幻想で、ウェブとい

            スキ
            9

            20代後半からは「前向きに叱ってくれる師匠」を見つけるべし

            結構難しいのですが「何でもかんでも否定することなく、けれど耳の痛いことをきちんとこまめに伝えて下さる」師匠に存在は本当に大きくて。 20代前半は会社でもどこでも「まだ半人前だからね」が通用しますが30前後ともなろうものなら、未熟な点があると黙って「あいつダメよね」となってしまうのが悲しいかな現実です。 だからこそ「自分がズレていないか」をきちんと本音で見て下さる方の存在が本当に本当に大切になってきます。 そしてやはりいつも思うことが「実際に師匠も今現在プレイヤーとして活

            スキ
            2

            情報発信のネタが思い浮かばない時にやっていること

            こんにちは。瀬戸内海の島で活動しているひじき漁師のさかえるです。このnoteは、普段の田舎暮らしの様子を日記的に残しておく「Twitter以上ブログ未満」のマガジンです。 田舎暮らしの些細な日常を写真や動画などで振り返るためのいわゆる「オランライン日記」です。より深い田舎での活動は地方で頑張る人、移住したい人が集まるオンライン村で発信しています。 情報発信の内容が思いつかないときは「メモがない」きょうは1日てんやわんやだったので、後から振り返りつつネタ探しをしたのですが、

            スキ
            5

            「良かったこと」はわざわざ伝えるが吉

            大きな会社や行政になればなるほど「お客様の声」ってクレームやお困りごとの方が多くなるのが一般的ではありますが、 「こんな対応してもらえて良かった」 「こんなサービスがあって助かった」 こういう「良かったこと」って結構心のうちに秘めてしまいがちですよね...。結果、実は多くの人が求めていたサービス(商品)だったのに、見える化されていない肯定的な意見が消されてしまい、ごくごく一部の否定的な意見ばかりが目立つことにつながりかねません。 データが蓄積しにくいアナログなものほど、

            スキ
            3

            ニワトリに学ぶコミュニケーションの極意

            「なんだか自分に懐いてくれている」 「ご飯をあげたり世話をしたら喜んでくれる」 これだけでも人間は嬉しいものだし、愛しく思えるものなんだなぁ...としみじみ考えてしまいました。 裏を返せば人間であるわたしたちも、こういったちょっとしたリアクションを返すだけで喜んでもらえるし愛されることができるということ。 わしもこういうリアクションを大切に生きていかなきゃなぁ...と可愛いニワトリたちにご飯をあげながら思った今朝でした。

            スキ
            4

            「知らない」ということは時に武器になる

            こんにちは。瀬戸内海の島で活動しているひじき漁師のさかえるです。このnoteは、普段の田舎暮らしの様子を日記的に残しておく「Twitter以上ブログ未満」のマガジンです。 田舎暮らしの些細な日常を写真や動画などで振り返るためのいわゆる「オランライン日記」です。より深い田舎での活動は地方で頑張る人、移住したい人が集まるオンライン村で発信しています。 潮がいいけど風が強くて沖に出られずひじきの天日干しの仕上げを。乾燥していて状態良く仕上がってきました。 畑で鶏のエサをGET

            スキ
            7

            自給自足のリアルと実際にやってみて

            こんにちは。瀬戸内海の島で活動しているひじき漁師のさかえるです。このnoteは、普段の田舎暮らしの様子を日記的に残しておく「Twitter以上ブログ未満」のマガジンです。 田舎暮らしの些細な日常を写真や動画などで振り返るためのいわゆる「オランライン日記」です。より深い田舎での活動は地方で頑張る人、移住したい人が集まるオンライン村で発信しています 自給自足の現実 「自給自足」。聞こえはいいですが、最初の数年はスーパーで買うよりコストだけみたらよほど高いです。 畑をやるに

            スキ
            17

            スマホではなく、空を見上げ、風を感じ、景色を眺めて今日とこれからの生活を決める

            こんにちは。瀬戸内海の島で活動しているひじき漁師のさかえるです。このnoteは、普段の田舎暮らしの様子を日記的に残しておく「Twitter以上ブログ未満」のマガジンです。 田舎暮らしの些細な日常を写真や動画などで振り返るためのいわゆる「オランライン日記」です。より深い田舎での活動は地方で頑張る人、移住したい人が集まるオンライン村で発信しています。 漁師町で生きてきた人は皆日記をこまめにつけている70代、80代でも現役バリバリの漁師や農家の方とやりとりをして気づいたことなの

            スキ
            6

            わたしが好きな「本気度が高いと感じる人とそうでない人の差」は「狂気を感じる」か否か

            いろんなジャンルのプロや、尊敬する人のやり取りで必ず感じることってなかなか言語化できず「本気度が違う」のような表現ができなかったんですが、 「狂ってる部分を感じられるか」即ち「ここまで自分にできるかな」とある種こちらが不安を感じるくらいやっている、つまり「狂気」を感じるかどうかだな...と。 特に自分で手足を動かしている人から伝わってくる「中途半端なやりとりをしたりこちらが半端に接したらこちらの底が見透かされそう」という感覚にさせてくれる方とのヒリヒリしたやりとりが好きで

            スキ
            3

            盛りだくさんな1日こそ気付きを外に出せ

            きょうもなかなかに多動的な土曜日でした。ツイートしつつ1日を振り返ったのですが、やることが多ければ多いほど変化もあり、気づきも得られやすいなぁと。 そうした小さな気づきの積み重ねが人間を成長させてくれると思うので、きちんと記録していきます! 実は「情報発信などしてられないぜ!」くらいの時の方が気づきは多かったり。とりあえずメモしておこう、くらいだとさらにそこから深掘りすることが難しいので、多少しんどくても「思い浮かんだものはナマモノ」だと思って外に出しておくのが大切だと思

            スキ
            5

            修理していた漁船さかえ丸が復活!

            冷却水とオイルが漏れてしまっていることの発見が遅れて修理に時間がかかってしまった漁船・さかえ丸。アオリイカのシーズンにギリギリ間に合って喜びの舞です。 機械ものはやはり故障がつきものなので、普段からのこまめな点検、機械の仕組みをきちんと理解することはやはり大切だなぁ....と実感した船の故障でした。 これから船でどんどん現場に出て、ゆくゆく沖家室ひじきの常連さんに貝や魚をお送りできるようになりたいなと思っています。今提供できているサービスはお野菜定期便や畑の作物をお裾分け

            スキ
            4

            アガる作業スペースを作ろう。おとなの隠れ家をDIY

            こんにちは。ひじき漁師のさかえるです。このnoteは、普段の田舎暮らしの様子を日記的に残しておく「Twitter以上ブログ未満」のマガジンです。 田舎暮らしの些細な日常を写真や動画などで振り返るためのいわゆる「オランライン日記」です。より深い田舎での活動は地方で頑張る人、移住したい人が集まるオンライン村で発信しています。 やる気の出る「アガる」作業スペースの大切さ、などと偉そうなタイトルをつけ「空間を自分好みにDIYすることで能率が上がるよ」などと最初は書こうと思ったんで

            スキ
            15