HafH旅#01|岡山2日目。山頂のカフェにて「やり方だなー」を感じる
+10

HafH旅#01|岡山2日目。山頂のカフェにて「やり方だなー」を感じる

朝食は魚たっぷりのお味噌汁。美味しかったー 一仕事した後、登山道を歩いてみることに。 えっ!?めちゃ階段。 100段や50段ずつ目印があって、励まされる。 250段からは赤いリボンもついて、より励まされる感が出る。 1260段が階段登り終わり。その後なだらかな道をあるいて、ニコニコ岩を目指す。ニコニコ岩が見えたら満足で、傍まで行かず写真撮って満足。 どこから見ても穏やかな瀬戸内海。 展望台的なところが、お洒落カフェになっていて早めの昼食。場所ではなく『やり方』だ

スキ
1
白馬村・栂池「UNPLAN Village Hakuba」ワーケーション体験記【25日目】
+10

白馬村・栂池「UNPLAN Village Hakuba」ワーケーション体験記【25日目】

今日は、白馬から少し足を伸ばして隣町の信濃大町に来ております。番外編です!! 大糸線の車窓から見える青木湖 先日、自転車で走った青木湖〜中綱湖〜木崎湖を電車から! 行きもおそらく見ていた景色なのですが、なにせ行きは大雨のなか、白馬にやってきたので、この景色を見れていないわけです。 自転車から間近で見るのも良いですが、こうやって引き目に見るのもまた面白い! 「塩の道ちょうじや」で、大町の歴史を学ぶ その後は、「塩の道ちょうじや」さんへ伺います。ここには塩の道と、大町

スキ
1
栗拾い
+1

栗拾い

今日もアエルで早朝からオンライン会議。通訳しながら何気なく外を見たら、遠くに何かうごめくものが見える。背丈の伸びた草の茂みに黒い物体が動いているのが、確かに見える。熊か! と気になったものの、通訳中で手元のメモに集中しなくてはならず、2時間の長い会議だったので、終わった時にはもう姿は見えなかった。 昼休みに、この辺に見えたんだけどなぁと、散策がてら様子を見に行って納得。 クマなんかじゃない。人だったのだ。もうすぐクリを拾いに来る人々のために、栗の木の下だけ、きれいに草を刈

スキ
4
【ワークスタイル】フルリモートでも失敗しない等身大のコミュニケーション
+5

【ワークスタイル】フルリモートでも失敗しない等身大のコミュニケーション

こんばんは。はじめまして、きくちです。 今回は2019年9月からテレワーク制度ができたうちの会社で実践してるコミュニケーション手法を簡単に紹介できればと思います! とはいえ、わたしのいる会社は異端児の集まりな気がするので、マスには差しません。(いや、差せません) 以下の前提環境があってこそうまくいっている、という認識で、お隣さんの青い芝だと思って、ご覧いただけますと幸いです。 ちなみにわたしからすると、普通に出社しているほうが青い芝です。 対面もぜんぜん好きだし、な

スキ
12
マスゴミの甘言に騙され いざ地方移住したらそこは「地獄の一丁目」

川崎市みたいな都市部でも「ムラ社会」が強く 他者や新しい働き方などに「白眼視」する場所もあるのに ましてや「地方」となると

ワーケーション移住も一考だな

https://news.yahoo.co.jp/articles/e1c4d9ca89aff25a19b27796f4235b0811e76331

マスゴミの甘言に騙され いざ地方移住したらそこは「地獄の一丁目」 川崎市みたいな都市部でも「ムラ社会」が強く 他者や新しい働き方などに「白眼視」する場所もあるのに ましてや「地方」となると ワーケーション移住も一考だな https://news.yahoo.co.jp/articles/e1c4d9ca89aff25a19b27796f4235b0811e76331

スキ
1
「温泉ワーケーション」の食事はどうするか?(前編)
+2

「温泉ワーケーション」の食事はどうするか?(前編)

ワーケーション中の愉しみのひとつが、現地でいただく食事だ。ただ、温泉地での連泊を基本とする「温泉ワーケーション」では、食事にも戦略が必要となる。4つの選択肢から考えてみよう。 連泊中の食事にまつわる4つの選択肢宿や旅先でいただく食事は、旅の愉しみのひとつである。普段の旅行であれば、少し贅沢をしてでも好きなモノを食べるのが正解、というのが私の見解だが、温泉ワーケーションの場合は少々話が違ってくる。 温泉ワーケーションは「連泊」が基本コンセプトだからだ。連日、好き放題に食べて

スキ
20
ワーケーションへの憧れと暮らしたい街
+7

ワーケーションへの憧れと暮らしたい街

現在開催されているコンテストの1つに、「暮らしたい未来のまち」というお題があります。 東京で生まれてからその後は人生の9割を福島で過ごし、その他青森や海外での生活も経験がある私ですが、何せ福島で過ごした期間が人生の9割方を占めています。 福島県の中では中央地域の在住ということもあり、日常生活はもちろん、ちょっと小洒落たものを買いたいときには、郡山中心部へ出かければOK。 それでも物足りなければ、仙台や東京に出るのもそんなに遠くないので、案外不自由のない生活が送れるのです。

スキ
31
「食育」とは?大人と子どもに知ってほしい食卓の向こう側のストーリー
+1

「食育」とは?大人と子どもに知ってほしい食卓の向こう側のストーリー

「東京の魚は、やっぱり魚臭いなぁって思うねん。やっぱり一度お湯くぐさないと気になってしまってね。地元の魚はこんなに臭わんのよ。」 その昔、和歌山の海沿いの町で育った大学時代の親友がキッチンに立ってスーパーで買ってきた魚を片手にそう言った。”生粋の江戸っ子”である私は、一体この人は何を言っているんだろう?と首を傾げた。 「魚なんだから、魚臭いのは当然でしょうよ?(笑)」 小豆島へ移住して3ヶ月。 こちらで魚を食べて、「ああ、なるほどな。」と、あれから十数年が経った今、その

スキ
6
水の美

水の美

スキ
7
有料
100
HafH旅#01|岡山1日目。児島のデニム押しに「愛って動機」と感じる
+10

HafH旅#01|岡山1日目。児島のデニム押しに「愛って動機」と感じる

月に3日旅先で仕事をしよう。ってことで、選んだ先は岡山。 最終目的地は児島だったので児島までの切符を買ったが、途中仕事するため岡山で降りたので、途中下車前途無効。これも記念。 岡山駅すぐのサムライスクエアさんで、少々の仕事。 岡山に来たらフルーツ食べてってことで、パフェのお店に連れて行ってもらいました!デザート別腹ではない私でも、ヨーグルトベースなのでさっぱり食べられた立派なパフェ。 その後、目的地の児島へ。駅からジーンズで乗り良さが伝わる。 で、もちろんジーンズス

スキ
1