Yuuri | 星野リゾート

27歳の人生の旅日記。星野リゾート新卒6年目。日々のこと、星野リゾートでのお仕事のこと…

Yuuri | 星野リゾート

27歳の人生の旅日記。星野リゾート新卒6年目。日々のこと、星野リゾートでのお仕事のこと、好きな本のこと、そして心に残る旅のこと。感じたままに言葉にしています📝🍃/投稿は個人の意見です

マガジン

  • わたしの本棚

    3度の飯より本を読みたい、本はわたしをどこまでも連れて行ってくれる魔法。わたしの本棚のきろくです

  • 星野リゾート社員のススメ

    星野リゾートで働くわたしもまだまだ知らない星野リゾートの楽しみがたっぷりあります。行ってみたい、のわくわくを、毎週シェアしていくマガジン。毎週金曜日に更新予定です💭✨

  • 気まぐれ日記

    ふと思ったこと、忘れないようにメモしたこと。それから旅のこと。ほんの少しの心の動きを大切にしています。気まぐれ更新📝

  • 星野リゾート満喫日記

    プライベートでの星野リゾート施設の滞在記📝 おいしいごはん、施設のあんなこと、こんなこと。

  • 忘れたくないこと

    何度も読みたいnoteたち。忘れそうになったら、忘れる前に、思い出したい大切なこと。白米みたいな、こと。

最近の記事

  • 固定された記事

わたしが旅にでる理由

小沢健二さんの「ぼくらが旅にでる理由」という歌がある。わたしが旅に出る理由は、まさにこの歌の中にある。というか、そのものであるような、そんな歌である。と、書いてしまうと、この文章はこれで終わりになってしまってずいぶん野暮な自己紹介になってしまうので、今日はまず最初の記事として、わたしがなぜ旅を愛しているのか、旅にでるのか、ということを書いておこうと思う。自分への備忘録でもある。 旅というものを意識するようになったきっかけは、高校生の頃、修学旅行で沖縄へ訪れたときの民泊体験に

    • 自分から遠く、遠くへ | わたしの本棚(2024/5)

      本なぜ働いていると本が読めなくなるのか/三宅香帆 5月に読んだ本で一番面白かった。読書の歴史も興味深かったし、「花束みたいな恋をした」を引き合いに出しながらの紐解いていくのも知っている映画だからこそ読みやすかった。「仕事と趣味」の両立の難しさ、これは永遠の人々の悩み。わたしは、割と趣味も大事にできているかなと自分では思ってるけれど、自分の中で「仕事と生活」の境目が少ないからかな〜とか考えていた。 じゃあどうしたら読めるようになるのか、ということに関しての提唱は意外性がない

      • #26 京都の避暑地・嵐山へ「星のや京都」🍃 | 星野リゾート社員のススメ

        京都と聞くと、桜や紅葉など、あの日本らしい景色と四季の美しさを連想する人も多いと思います。一方で夏の京都と聞くと、四方を山々で囲まれた盆地特有の夏の暑さを連想し、魅力的にとらえている人は少ないのかもしれないな、と感じています。 でも実は、京都には夏にこそ訪れてほしい場所、魅力がたくさんあるのです。今日は、夏の京都に旅をしたくなる魅力をお伝えできればな、と思い書き進めています。暑い地域だからこそ。「涼」をとるための様々な楽しみ方があるように思います。 星のや京都が位置する嵐

        • #16 勇気を持って生きていく | 気まぐれ日記

          2024/5/30 今日は2つ、忘れたくないことがあった。 1つは頑張ってきた仕事の延長に嬉しいことがあったこと。一生懸命やってよかったなあと思う時間を過ごした。一緒に仕事をしてきた人がいるのだけれど、とても温かい言葉をくれて、宝物が増えた。ちょっと自信がなかった自分の進む道へ、歩みをとめない勇気が出た。わたしはあっちこっち関心がいってしまってどうにも落ち着きがないのだけれど、それを「軽やかさ」と表現してもらった。少し、自分のことを好きになった。経験することでしか、その積

        • 固定された記事

        わたしが旅にでる理由

        マガジン

        • わたしの本棚
          21本
        • 星野リゾート社員のススメ
          29本
        • 気まぐれ日記
          15本
        • 星野リゾート満喫日記
          30本
        • 忘れたくないこと
          14本
        • わたしのあれこれ
          14本

        記事

          #15 こんな日が未来にいくつもあるのなら | 気まぐれ日記

          2024/05/01 映画館の雰囲気が好きだ。雨が降る道を歩いて、映画館へ向かった。もう遅い時間で平日だというのに、映画館には仕事終わりの映画好きがたくさんいた。幸せな時間だった。映画「パストライブス」を観ながら、自分と照らし合わせてノスタルジーな気分で帰った雨の夜。淡々としたように一見見える物語だったけれど、本当は登場人物の中でたくさんの波がある。その誰もの心のうちが表現された美しい描写が散りばめられていて、何度もわたしの琴線に触れた。 2024/05/11 家に米び

          #15 こんな日が未来にいくつもあるのなら | 気まぐれ日記

          #25 沖縄ラグジュアリーの最高峰へ 「星のや沖縄」 | 星野リゾート社員のススメ

          GWも終わり、あっという間に5月も終盤。これから梅雨がやってくることかと思いますが、梅雨が明けた夏休みに向けて次の旅行を考えている人も多いのではないでしょうか? 次の旅のヒントになるような情報を少しずつシェアしていきますね〜✨ 本日は夏の定番、沖縄旅!ということで、本日は「星のや沖縄」についてちょこっとご紹介です🌊 星のや沖縄|全室オーシャンフロントで海とともに暮らす滞在 夏といえば、やはり沖縄を連想する人も多いと思います。1年中楽しめる沖縄ですが、やっぱり夏に行くのも

          #25 沖縄ラグジュアリーの最高峰へ 「星のや沖縄」 | 星野リゾート社員のススメ

          #24 旅がわたしにくれたもの | 星野リゾート社員のつぶやき

          もう5年以上同じ財布を使っている。大学4年生のとき、卒業旅行と称してひとりでインドに行った。バンガロールの可愛い雑貨屋さんで買ったお財布。3,000円くらいだったかな?自分への記念品として買った。 このお財布を見ると、わたしはどこへでも、どこまでも行けると思える。どこまでも、どこまでも、どこまでも行くことができる。自分の足で、自分の心で、自分の目で、世界を見つめることができる。そういう自信が湧いてきて、また頑張ろうと思えるのだ。 わたしはわたしの一番の味方だ。わたしはわた

          #24 旅がわたしにくれたもの | 星野リゾート社員のつぶやき

          遠くて不便だからこそ | 星のや竹富島

          昨日、仕事中に山口由美さんの「世界の富裕層は旅に何を求めているか」という本の内容に触れる機会があり、「遠い」「不便」は魅力になる、というワードに心の中でウンウンと大きな声で共感しました。 本のレポはまた今度改めてシェアするとして、今の気持ちを言葉にしておきたく、パソコンを立ち上げました。 おとといまで石垣島と竹富島へ旅行に遊びに行ってきました。これまでのnoteでも書いた通り、竹富島は思い入れのある場所。単純にこの場所が好きだ、という直感めいたものもあるのですが、今ならば

          遠くて不便だからこそ | 星のや竹富島

          青い空へ旅立ったみいじじへ

          みいじじが死んじゃった。 みいじじは、母方の祖父のことだ。瑞江に住んでいるじじ→みずえのじじ→みいじじ、というのが呼び名の由来。先月あたりから、急に体力が落ちて、最近寝たきりなのだとみいばば(由来は同じく。)から聞いていた。年始に会いに行ったときには、一緒にお寿司を食べに行って、帰りにコンビニに寄ってプリンを買って、家に戻って食べて、わたしよりも食べていて、元気そうだった。もう少し暖かくなったら温泉に連れて行くからね、とわたしは言った。のに。 先週テレビ電話をしたときには

          青い空へ旅立ったみいじじへ

          好きなコトバは「おみやげ」 | わたしの本棚(2024/4)

          4月に読んだ本と映画を。〇月の読書が1周してしまったので、タイトルを変えてみました~。そして本だけではなく、心に触れたコンテンツもメモメモしておこうと思います✨ 本僕の姉ちゃん/益田ミリ 先行してドラマを観ていたので、内容は承知だったけれど、何度触れても姉ちゃんの感性にぐっとくる。ミリさんの本ってどうしてこうもお守りのようになるのだろう。 今日の人生3/益田ミリ 大好きなシリーズの3巻目。今回も装丁が可愛い。単行本で読むべき本だ。内容はコロナ禍のことも入っていて、なん

          好きなコトバは「おみやげ」 | わたしの本棚(2024/4)

          #23 旅せよ学生、どこまでも | 星野リゾート社員のススメ

          今年28歳になるわたし。実家で小学生の頃に流行ったプロフィール帳(今もあるのかな?)を見返していたら、〇歳で結婚したい~とか、〇人子どもが欲しい~とか、わたしも友だちも色々書いておりました。あの頃、27歳って、超大人だったのに、実際になってみると、一体なにが小学生のころから変わったのやら。と思います。頭の中は、そんなに変わっていない。顔は少し変わった?はず。(でも、この間高校生に間違えられた…) こんな風に、あれ~全然大人になれないな~と思いながら、きっとオバチャンになって

          #23 旅せよ学生、どこまでも | 星野リゾート社員のススメ

          他人を理解するということは

          人の気持ちを理解するって本当に難しいことだなぁ、とつくづく思う。想像はできても、その正解はいつも分からない。 本当に本当に大切な友だちが暗闇の中にいたことに気が付けないことがあった。いや、気が付いているつもりでいた。それで、色々あって、ちょっと離れてしまって、本当につらい時間を過ごした。あれは本当に、あぁ辛かったな。 共感したい、されたい。理解したい、されたい。もういいや、こんなに面倒くさいならもういいや、と思っても、気が付けばまた人のことを考える。人ってなんて面倒くさい

          有料
          100

          他人を理解するということは

          #22 愛犬と旅行しよう、愛犬とたのしむ星野リゾート🐕 | 星野リゾート社員のススメ

          こんにちは🌞 GW真っ只中、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 今日はとってもとても暑くなるらしいですね。日焼けに気を付けなければ~ そんなお出かけ日和の本日は全ての愛犬家のみなさまにお知らせを✨🐕 星野リゾートの愛犬と楽しめる施設の特集サイトが新しくなりました!👏 なぜどうしても告知したいかと言うと、わたしが担当したからです!今日は少しばかりお仕事自慢をさせてください✨こだわり詰まった、とっても可愛い、素敵なものができあがったので、ひとりでも多くの愛犬家の皆さまにお届

          #22 愛犬と旅行しよう、愛犬とたのしむ星野リゾート🐕 | 星野リゾート社員のススメ

          #14「髪切った?」はセクハラなのかしらん | 気まぐれ日記

          2024.04.18 なんてことのない日々。夫が帰ってきて、仕事をしている私を心底労ってくれて、適当に作った夕飯を過去最高のものを食べたかのように「美味しい、美味しい」と言いながら平らげてくれる。洗い物論争はお決まりだけど(すぐにやって欲しい妻と、やるけど後でやりたい夫)それもまた平和な証拠だなと思う。 ベッドで読書タイム。明日の朝ごはんのことを考えながら眠りにつく。紙の触り心地が疲れを癒す。少し空腹で目が覚める。掃除をして、朝ごはんを作って、仕事の準備をする。ちょっと読

          #14「髪切った?」はセクハラなのかしらん | 気まぐれ日記

          #21 GWがやってくる~まだ間に合う旅の計画✏ | 星野リゾート社員のススメ

          こんばんは🌝 世の中はGW、ということでお出かけする方もいらっしゃるかと思います。星野リゾートの施設を選んでくださった皆さま、ありがとうございます✨ 泊まる場所は決まっているけれど、まだ何かするかきまっていないよ~とい皆さま、ぜひこちらのスタッフのおすすめが掲載されている「みちくさガイド」をチェックしてくださいね✅ まだ旅先も決まっていないよ~でも、どこか行きたいなという皆さまもまだ!間に合います〇是非リニューアルされた星野リゾートの公式サイトを覗いてみてください! 仕事

          #21 GWがやってくる~まだ間に合う旅の計画✏ | 星野リゾート社員のススメ

          シングルガールでありたい27歳

          永遠に、シングルガールでありたい、そう願っています。シングルガールとは、世の中的に定義があるのかどうかは分かりません。が、最近読んだ山内マリコさんの本で出てきた言葉で、なんだかいいな、と思ったのです。 シングルガール、つまり独身でいたい、というわけではなくて。そもそも結婚しておりますし。(このnoteを書いている横で、PCをのぞきこんだ夫が「え?」とタイトルに驚いてました。笑 ) わたしは、妻である前に、娘である前に、姉である前に、妹である前に、いつかもしかしたらなるかも

          シングルガールでありたい27歳