牧 菜々子

ライター経験ゼロから有料コンテンツ販売を軌道に乗せ、出産している間にも有料記事が売れる…

牧 菜々子

ライター経験ゼロから有料コンテンツ販売を軌道に乗せ、出産している間にも有料記事が売れるのがnoteの真骨頂と痛感。記事を書く際のマインドセット、黄金の70代へ向けてのトレンド分析、ひたすら平穏な家庭の築き方を発信。3児の母。早稲田大学院卒。音声あり。今も書きたいことが渋滞中。

マガジン

  • 子育て

  • センス・アート

  • ファッション

  • 結婚

  • 時代の変化・自己啓発

    人生100年時代の心がまえ、ビジネススキル、価値観の変化や批評など、自分の価値を高めるための記事を集めました。

最近の記事

家族全員で食卓を囲む回数が減った

こんにちは。 牧 菜々子です。 このところ、家族全員で食卓を囲む回数がグッと減りました。 それぞれ食欲の波が来るタイミングが違うので、無理に同時に食べなくてもいいスタイルにシフトしています。 夫は食事回数が少なくてもパワフルなタイプ。 私は1日4回は食べる必要があるので、食事をスキップすることができません。 夫がそれに付き合うと、消化と分解の負荷がかかるうえにエネルギーの摂り過ぎになってしまうのです。 子どもたちも、無理に食べられない時もありますし、どうしてもお

    • 数秘22の私

      こんにちは。 牧 菜々子です。 私の持つ数秘は22。 数秘2の感受性と数秘4の客観性を同時に持つとされ、そのせめぎ合いに自分でも疲れてしまいがちです。 さらにゾロ目ならではの直観力にも振り回され、まれに大胆な行動に出るところにも自覚があります。 人前に出ることは好みませんが、コツコツ型という良い面もあるので、この数字を持って生まれたという意味では両親にとても感謝しています。 もっと早く自分の資質を知っていればという気持ちもありますが、何事も遅すぎるということはない

      • 感性を活性化するメイクとファッション

        こんにちは。 牧 菜々子です。 時代の空気感をまとうメイクとファッションは、感性を活性化させてくれます。 今なら、肩の力が抜けたナチュラルさと強さが同居するメイクやファッションが主流です。 アイシャドウはグラデーションにせずに、ラインと下まぶたのほうを強調する。 服や小物も、スポーティでありつつ人としての気高さを表現するようなデザイン性のあるものが豊富に出てきています。 明るさや楽しさのある服が以前よりも増えてきていますが、この明るさや楽しさという要素は、肩の力が

        • 西日本でおすすめの旅行先

          こんにちは。 牧 菜々子です。 西日本に旅行に行くなら、おすすめの街がいくつかあります。 まずは、萩です。 山口県萩市は、ゆったりとした時間が流れる上品で素朴な街。 近くの秋吉台を通りがかるだけでも地形の神秘を感じられて、「いつもとは違う場所に来た」という大きな実感が得られる場所です。 次は、淡路島。 家族連れなら、大規模な公園がたくさんある淡路島がイチ押しです。 鳴門の渦潮(徳島県)もすぐ近くにあり、間違いなく楽しめて思い出に残ります。 そして、福山もおす

        家族全員で食卓を囲む回数が減った

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 子育て
          牧 菜々子
        • センス・アート
          牧 菜々子
        • ファッション
          牧 菜々子
        • 結婚
          牧 菜々子
        • 時代の変化・自己啓発
          牧 菜々子
        • 有料記事
          牧 菜々子

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「お母さん、お父さんと結婚してよかったね」

          こんにちは。 牧 菜々子です。 私が育児ノイローゼになった時は、「何がそんなに大変なの?」と言っていた夫。 その後育児を担ってくれるようになった後も、「あの時は本当に分からなかった」と言っていました。 確かにそうですよね。 出産したら女性はどうなるのか、女性本人が知らないのが現代の実情ですから。 私自身、「いつ良くなるの?」と言われても、自分でも分かる訳がなかったのです。 心がとても苦しかったですが、生まれた子どもが大きくなった今、ママがのんきに「イエーイ」と言

          「お母さん、お父さんと結婚してよかったね」

          自己肯定感を高める習慣

          こんにちは。 牧 菜々子です。 今回は、自己肯定感を高める習慣についてお伝えします。 人と比較されやすい時代になった今。 私たちがいつでも求めているのは、自己肯定感を高い状態に保つことです。 自己肯定感を高い状態に保つことによって、負を寄せつけない生き方ができるようになるのです。 そんな自己肯定感を高める習慣には、どのようなものがあるのでしょうか? 一見常識とは反対に思えるようなことでも、自己肯定感を高めるために非常に有効なものもあります。 「この先何が起きて

          有料
          800

          自己肯定感を高める習慣

          noteという場所を借りているからこそできること

          こんにちは。 牧 菜々子です。 私たちが書いている有料記事は、noteという場所をお借りして出しているものです。 そしてnoteという場所をお借りしているからこそ、売上の一部を皆様のために循環させることができています。 もし完全に私たちそれぞれの売上であったなら、全体に還元する根拠がなくなってしまいます。 有料記事を買ってくださる方にも価値をお届けでき、他のすべての方々のための運営費として役立ててもらうことができるのも、私たちがnoteという場所をお借りしているから

          noteという場所を借りているからこそできること

          まず自分が楽しんでいることが大切

          こんにちは。 牧 菜々子です。 人の役に立ちたい。 そう思った時に大切なことがあります。 それは、まず自分が楽しんでいるということです。 全然やりたくなさそうにしていたら、受け取るほうは何だか損をしそうで不安ですよね。 でもまず自分が楽しんでいれば、プラスのエネルギーが伝わり、受け取ってもらうところまでたどり着くことができます。 誰かの役に立ちたいと思っただけでは、誰かの役に立つことはできません。 誰かの役に立つためには、そもそも何かを受け取ってもらえる人でい

          まず自分が楽しんでいることが大切

          子どもに本のカバーをことごとく外された日々

          こんにちは。 牧 菜々子です。 子どもは、不思議なことを延々とやるものですね。 ほとほと困ってしまったのが、家じゅうの本のカバーを全部はがされてしまったことです。 どの本の中身がどれだかわからなくなり、カバーも表紙も折れたりして大変でした。 子どもは夢中になってしまって、本を手に取るやいなやカバーと帯がひらひらと宙に舞うという時期がしばらく続きました。 その時期の名残が、今カバーのない折れ曲がった本に表れています。 それでも本が好きなので、そのボロボロの本を今も

          子どもに本のカバーをことごとく外された日々

          車が替われば運転も変わる

          こんにちは。 牧 菜々子です。 地方に欠かせない車。 どんな車かによって、運転も変わります。 加速が弱い車なら、車道に出るタイミングは遅くなります。 かなり待ってから、ゆっくり車道に出る運転スタイルになっていきます。 車高が低い車なら、陰になると視認されにくく、歩行者や別の車から出て来られがちになるので、陰になる手前で停まっておいたり、すぐ反応できるように予め注意しておいたりという運転になります。 逆に、理想の運転スタイルに合う車種を選んで、だんだんと慣れていく

          車が替われば運転も変わる

          お客の立場で感じること

          こんにちは。 牧 菜々子です。 日々お客の立場でいろいろなお店に行っていますが、お店によって営業の仕方は全く違います。 同じ人気店でも、正反対の接客スタイルであったり、価格設定の背景が違ったりします。 特に今は、在庫に関する事情がお店にとってもお客の側にとっても切実なように思います。 ニーズが流動的なので、在庫が無駄になったり、逆にいつも買っている商品が急に売り切れるようになって困るお客さんが出たりということが起こりやすくなっているためです。 目に見えないものを扱

          お客の立場で感じること

          死ぬ間際の苦しみはどう生きるかで変わる

          こんにちは。 牧 菜々子です。 体がまだ動くうちは、死ぬ時のことはそこまで考えません。 それは案外、80代の人でも90代の人でも同じかもしれません。 ですが、本当に気になるのは、死ぬ間際の苦しみは避けられるのかどうかではないでしょうか。 事実を集めていくと、ストレスフリーで生きることによって体の機能が最後までバランスを取りながら終了するということが可能になることが分かります。 どう生きるかで死ぬ時の苦しみが変わってくるのが、現代の人間なのです。 最も苦しまないの

          死ぬ間際の苦しみはどう生きるかで変わる

          EDITION銀座での滞在の楽しみ方

          こんにちは。 牧 菜々子です。 今回は、ホテルEDITION銀座での滞在の楽しみ方についてお伝えします。 ・EDITION銀座ってどんなホテル? ・EDITION銀座のエントランスと全体像 ・EDITION銀座のカフェ ・EDITION銀座のレストラン ・EDITION銀座の客室とサービス ・EDITION銀座での滞在を楽しむポイント どの程度リラックスした服装で行けば良いのか、他の滞在客の方々はどのような人たちでどのような様子なのかについても、ここで合わせ

          有料
          5,500

          EDITION銀座での滞在の楽しみ方

          健康のために良くないのは睡眠不足とストレス

          こんにちは。 牧 菜々子です。 健康のために良くないのは、何と言っても睡眠不足とストレスです。 体にも、心にも良くありません。 慢性的な睡眠不足とストレスは、どちらもインパクト自体は薄いんですよね。 だから自覚しにくく、無理がたたってしまうのです。 無理がたたった末にかかる病気ほど、治りにくいもの。 逆に、睡眠時間を長くすれば起きている時間が必然的に短くなり、人間関係のストレスが減ります。 すでに睡眠時間を長くしてストレスを減らすことができている場合は、将来の

          健康のために良くないのは睡眠不足とストレス

          読者の方からのうれしい言葉

          こんにちは。 牧 菜々子です。 読者の方からいただいたご感想は、ありがたく読ませていただいています。 言われるとうれしいのが、「まだまだ読みたい記事がたくさんあります」というお言葉です。 これまでに書いた記事をまだまだ読みたいと思っていただけるのは、本当にうれしいことです。 私自身が読み物が好きで、自分に合うものをたくさん読んでいるので、「もっと読みたい」と思う時の気持ちや感覚をよく体験しています。 次々とインスピレーションが湧いてきたり、急に興味が出てくる事柄が

          読者の方からのうれしい言葉

          時代に合わせてあり方を変える

          こんにちは。 牧 菜々子です。 2024年に入ってしばらくが経ちました。 時代の変化とともに私たちはあるのだと痛感しています。 今はフットワーク軽くいることが、居着きを防いでくれるタイミングではないかと思います。 ファッションもそうですが、2015年頃からは特に、私たちは地味で控えめ過ぎました。 余計なことをしない余裕がまだあったとも言えます。 時代に合わせてあり方を変えていくことで、悪い出来事を防ぎ、良いアクションを起こしていけるのではないかと感じています。

          時代に合わせてあり方を変える