アイデアの筋トレ 845

820振

津田遠江長光/つだとおとうみながみつ

太刀 銘 長光

由来・来歴
明智光秀の家老 津田遠江守重久所持にちなむ。

反りが特に高かったために「海老背」と呼ばれていたという。
しかし、それほど高くない為それは誤伝だともいわれる(もしかして淡水エビ?)
また、銘切の“長の字下えびの背の如く長くまがり故にえびせの号”とも伝わる。

モチーフ

海老

デザイン

海老背の名前からとり上から

もっとみる
嬉しです!喜びのお裾分けです!
4

ブランドをリニューアルします! -⑴きっかけの出来事から-

今、XYZjewelry+LIFEでは新しい取り組みに挑んでいます。
それは、

XYZjewelry+LIFEのフレームを、エシカルブランドとしてリニューアルする

"XYZjewelry+LIFEのフレーム"とは、
2017年からインテリアアイテムとして販売していた水引の季節のフレームで、
主に端午の節句、それから桃の節句とお正月と七夕の節句の4種があります。
なかでも端午の節句は一番古く、2

もっとみる

モノ選びの基準

こんばんは。

XYZjewelry+LIFEを主宰している髙橋です。

水引と折方の美しい文化に魅了され、
師事し基礎から学び制作を続けていくうちに
このような活動を行う運びとなり、
今5年目を迎えるところです。

見づらいところなどありましたら、
お気軽にお問い合わせいただけると嬉しいです。

↑♦︎2017年夏♦︎
浴衣でも結える水引として行ったワークショップ

さて、ニューノーマルと名付け

もっとみる

サスティナブルを取り入れる難しさ

こんにちは。

商品のリニューアルを決めて半年が経ちました。

最近は連日連夜、探索しています。
XYZjewelry+Lifeの製品を支えてくださる素材を。
しかし探せば探すほどサスティナブルを健康的に取り入れる難しさを感じます。

まず、サスティナブルなアクションを起こすことに対して、

日本はとにかくハードルが高い!

情報も少ないし、素材も少ない。

"リサイクル"という売り文句に安心して

もっとみる

アイデアの筋トレ 844

819振

菖蒲正宗/しょうぶまさむね



由来・来歴
徳川家康が宗三左文字と共に愛し、関ヶ原の戦いの際に佩用していた。明暦の大火て焼けているが再刃された。
幕末迄、将軍家に伝来している。

由来は、
菖蒲造りである事にちなむ。
※菖蒲造りとは刀身の切っ先部分に横手(横方向に伸びる線)が無く菖蒲の葉の様な形状になっているもの。

モチーフ

菖蒲

デザイン

菖蒲(あやめ)

花菖蒲を中心と

もっとみる
こんな時期ですから、あなたにいいことあります様に!

アイデアの筋トレ 843

818振

鶴丸国永/つるまるくになが

太刀 銘 国永

由来・来歴
五条国永作
五条国永は京都五条住みの為、名乗ったとされ三条小鍛冶宗近作の弟子とされる。

由来は不明だが、失われた太刀拵えに鶴があしらわれていた為といわれる。
鶴丸という刀は複数存在し来歴や逸話が混同される。

また、持ち主を転々としており明治34年に明治天皇に献上され御物とされた。

モチーフ

鶴の舞

デザイン

舞う鶴

もっとみる
見て頂きありがとうございます!励みになります!
2

歴史と経済33〜地方のお金の還流〜

自然と共生する人間は、地方でも都市でもどのように生きていくべきなのか。
未来において。

日本は至る所に道が続き、自然と共生している。
和の文化も残る。
人々の営みがある。

未来において、この独自性を絶やさない仕組みこそが重要となるだろう。

これは徒らに開発と効率を追求することとは違う。
もっと別の仕組みが必要となる。

地方それぞれに魅力がある。
特産物には、その土地の自然や歴史が織り込まれ

もっとみる
励みになります。

重陽の節句~長男君のお誕生日~

長男君のお誕生日。
わたしが母になった日だ。

昨日初めて知った。
重陽の節句の意味。

(うーん、なぜか縦の写真が横になる…)

長男君、いつもわたしを支えてくれている。
わたし自身の精神的な異変にすぐ気づく人。
家族を大切に思い、笑顔を願う。

離婚してから、たくさん怒った時もあった。

それでも…わたしの精神面を考慮して、
なかなか本音が言えなかった優しい人。

今では軽く毒を吐くといいつつ

もっとみる

正しいことばかり言ってられない

僕は、他者へ和らぎ(やわらぎ)を注ぐことを大切にしたいと思っている。

和らぎとは、激しさや厳しさが穏やかになる、打ち解ける、やわらかになるといった状態のこと。

これを提供するためのベースとして、「和して同ぜず」という姿勢を大切にしていたいんだ。

和して同ぜずは論語に出てくる一節で、僕が高校生の頃から好きな言葉。

頑張っている人のことを和らげることはできるけれど、相手の課題を背負うことはしな

もっとみる
完全にハッピーターン!
7

アイデアの筋トレ 842

817振

御手杵/おてぎね

大身槍 島田義助作

由来・来歴
結城秀康の所持

天下三槍の一つ

総熊革の鞘に付け、柄を加えた長さは一丈一尺(約333センチ)
鞘を抜けば雪が降るという逸話が残る。

由来は、
結城晴朝が挙げた敵の首級十数個をこの槍に通し担いで帰城していた。
途中で、中央の首級一個が落ち、その時担いだ槍の姿が手杵の様に見えたので、手杵形の鞘を付けたことに由来するという。

手杵

もっとみる
こんな時期ですから、あなたにいいことあります様に!
2