『景~Scenes of Spirits~』楽曲解説
+1

『景~Scenes of Spirits~』楽曲解説

The Graham Ashton Brass Ensemble 委嘱 『景~Scenes of Spirits~』笙・尺八・箏とブラスアンサンブルのための 「ユーラシア大陸の東のはてに黄金の島が存在する。」マルコポーロの夢は文化という至宝として、厳然と日本に蓄えられている。それは、アジアを駈けた古代の人々の英知と日本の風土を結び、独自の美を探求し続けた創造の歴史につながる。 さて、もとより豊かな自然との親和性を重んじてきた日本独特の自然観を象徴する言葉に“花鳥風月”があ

スキ
1
13. まだあった、予期せぬ貸切体験、京都高台寺の夜咄茶会、和蠟燭の灯り
+5

13. まだあった、予期せぬ貸切体験、京都高台寺の夜咄茶会、和蠟燭の灯り

以前のnote(3. 思いがけない貸切体験 - 宿、そして映画館)で、予期せず、宿や映画館が貸切になった体験を書いたけれど、もうひとつあったのを思い出した。 これは、予期せずというか、わたしが“やらかした”話だけど。 京都高台寺の夜咄茶会 京都高台寺には、夜咄茶会という、冬の時季、1月2月にだけ 茶室「湖月庵」で、ゆらめく和蠟燭の灯だけで催される、幻想的な夜の茶会がある。夏の朝茶と対照的な冬の夜会。夜咄とは、冬の夜は長いので、その時間を楽しく過ごしましょうということで、薄茶

【インタビュー #2】 大森愛さん
+1

【インタビュー #2】 大森愛さん

インタビュー企画第二弾は、JAPAN MADEの初期メンバーである、大森愛さん。JAPAN MADEに関わったきっかけなど、たっぷりとお話を伺いました! ■まずは、普段愛さんがどんなお仕事をされているのかを教えていただきたいです! - 個人事業主で、主に暮らし(食・ローカル・ものづくり)に関わるプロジェクトのプランニングやディレクションを中心に、編集やライティングの仕事もしています。 ■JAPAN MADEメンバーになった経緯を教えてください! 輪郭を整える- JAP

スキ
3
#12 徳島 / 阿波おどり
+2

#12 徳島 / 阿波おどり

さあさあ四国さいごの徳島です。 徳島と聞いて浮かぶのは「祖谷のかずら橋」「大歩危、小歩危」。大昔、一人で行ってバスに乗り間違い、にっちもさっちもいかなくなり人生初めてヒッチハイクをした記憶があります。 ちなみに「祖谷のかずら橋」とは、植物のツルを使って架けられた原始的な吊橋で、国の重要文化財に指定されています。ドドン! 引用元:阿波ナビ これがけっこう足元スカスカで揺れるわ高いわで高所恐怖症にはなかなかでしたが、重さ約6トンもある橋を作った昔の人はすごい!重要な交通ルー

スキ
2
カリグラフィーが生み出したアップルは書くという文化を奪うのか
+4

カリグラフィーが生み出したアップルは書くという文化を奪うのか

スティーブ・ジョブズが世界に誇るアップルは彼がカリグラフィーを学んだことで生まれた。 そう言っても過言ではないと思います。 もし、私が大学であの授業に飛び入りしていなかったら、Macには多数の書体も、字体間を一定幅にする機能もなかったでしょう。そしてWindowsはMacを単にコピーしたものなので、パソコンがこういった特徴を持つことはなかったかも知れません。もし、大学をドロップアウトしなかったら、カリグラフィーのクラスには参加することもなく、パーソナルコンピュータが今ある

スキ
4
Youth’s.michi
+1

Youth’s.michi

新サービス「.michi」リリース!こんにちはYouth’sのゆめです!ワクワクすること、楽しいことをずっとやる。「青春」することを大きな目的としてYouth’sは活動しておりますが、この度私達は「.michi」というサービス名で新しい取り組みを始めます。 「日本をもっと、ずっと、身近に」海外に行き日本の文化、個性に関して考えるようになったという友人の話から、日本の個性について考えるように。。。 考えてみると極端ですが”和服”とか”わらじ”など日本らしいなと感じるものは今の

進化してるのか、退化してるのか
+2

進化してるのか、退化してるのか

昨日ここに書いた東洋陶磁美術館に所蔵されているものに限らず、例えば正倉院展を見ても思うんだけど、大昔の名もなき職人が作ったものを現代では再現できないものが多数ある、ということにヒトは進化してるとはいいがたいのでは?退化してない?って思っちゃう 特に手の技はたぶん、とても退化してるんじゃないかナって思う 便利を活用することはいいことだけど、それだけに頼りすぎていると、とんだ災難にあうやも知れぬ、ぬぬぬむむむ、、 この東洋陶磁美術館に『志賀直哉の壺』というのがあった 志賀

スキ
13
江戸時代から続く伝統
+5

江戸時代から続く伝統

毎年 10 月の第 3 日曜日に行われる「松江神社」〔祭神 : 徳川家康、堀尾吉晴、松平直政 (家康の孫)、松平治郷 (不昧) 〕の例大祭、松江開府を祝う祭りである。 ■鼕行列 数十個の提灯や幔幕を張り巡らすなど各町内で工夫をこらして飾り付けた「鼕宮」という鉄の車輪のついた屋根付き山車屋台に、四尺 (1.2m)〜六尺 (1.8m) の鼕 (どう) と呼ばれている太鼓を 2 、3 台据えて、笛・チャンガラの囃しに合わせて打ち鳴らし、子どもたち数十人が揃いの法被で「ホウホエン

スキ
3
#39 秋の魅力[旅する櫂伝馬]
+15

#39 秋の魅力[旅する櫂伝馬]

みなさんこんにちは!! 今回のテーマは「島の秋の魅力」 食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋など、、、各島の秋の魅力について伝えていきたいと思います。 大崎上島の秋 ~気候の話~ 雨は少なく、晴れた日が続いているような気がします。 気温の面では、昼と夜の気温の差が激しいです。 朝は肌寒く、昼は暖かい、、、夜は寒い!って感じです(笑) なので、ベストやカーディガンが必須になってきました。学校でも、クーラーの真ん前の人は「寒い!!」クーラーから遠い人は「暑い!!」って意見があり

スキ
4