ライフイズテック株式会社

「中高生ひとり一人の可能性を一人でも多く、最大限伸ばす」 ライフイズテック株式会社公式…

ライフイズテック株式会社

「中高生ひとり一人の可能性を一人でも多く、最大限伸ばす」 ライフイズテック株式会社公式noteです。 中高生向けプログラミング学習用教材「ライフイズテックレッスン」の提供や、国内最大規模のIT・プログラミングキャンプ&スクール「Life is Tech ! 」等を運営しています。

マガジン

  • イベントレポート

    ライフイズテックで開催されたイベントやキャンプのレポート記事をまとめています

  • 大学生メンターの活躍

    ライフイズテックでメンターとして活躍する大学生・大学院生の記事をまとめています

  • 中高生の活躍

    ライフイズテック スクールやキャンプに通う中高生や、プログラミング学習用教材「ライフイズテックレッスン」を活用してデジタルのものづくりに挑戦する中高生へのインタビューをまとめています。

  • 中高生向け講演会「未来を切り開くAIの授業」開催レポート

    「Life is Tech ! サマーキャンプ2023」では、日本を代表するAI×データ界の識者・起業家による講演会を開催。 慶應義塾大学 教授・Zホールディングス株式会社 シニアストラテジスト 安宅和人氏のほか、東京大学 松尾豊教授、QuEra Computing 戦略顧問・元楽天CDO 北川拓也氏、株式会社PKSHA Technology 代表取締役 上野山勝也氏をお招きし、中高生に向けてAIをテーマにお話しいただきました。 その模様をレポートします。 ※講演者の肩書きは講演時のものです

  • ライフイズテック「情報 I 」授業事例

    ライフイズテックでは、授業の導入や動機づけ、プログラミング演習の進め方など実際の授業の内容や進行方法について詳しくご紹介いただく「情報 I 」授業研究会を定期開催しています。 noteでは、先生たちによる授業ツールの活用アイデアが満載の実践事例を連載していきます。

最近の記事

  • 固定された記事

「生成AIの時代に大事な力とは」PKSHA Technology上野山氏が中高生と語る「未来を切り開くAIの授業」

ライフイズテックがこの夏に開催した、日本を代表するAI×データ界の識者・起業家による中高生向け講演会「未来を切り開くAIの授業」。3日目は株式会社PKSHA Technology 代表取締役 上野山勝也さんがゲストです。 講演後の質疑応答まで大いに盛り上がった本講義、上野山さんが語った「AI時代の未来の切り拓き方」とは? 「Software is eating the world」の時代2023年現在、ものすごいスピードで技術が変化しています。 「Software is e

    • 学びが広がるデジタルものづくり。学校の課外活動でAI・プログラミングキャンプ【広尾学園・広尾学園小石川 Teens Coding Week開催レポート】

      2030年には国内のデジタル人材が約79万人不足すると推定される中、デジタル人材や成長分野の担い手育成の強化を図るため、中学・高校段階から様々な取り組みがなされています。 ライフイズテックでは、2012年より中学校・高校と連携し、課外活動でデジタルのものづくりを行うプログラムをスタート。2018年からは全国に取り組みを拡げ「Teens Coding Week」として複数の学校で開催し、学校同士の繋がりをつくったり、企業の会場で自分の作品を開発したりと、課外活動だからこそでき

      • 慶應SFC|「好きなことを突き詰めた人間には誰も敵わない」デジタルで魔法のような体験をつくりたい【学生メンターインタビュー05】

        Life is Tech ! には、中高生を教える役割を持った「大学生メンター」が多数在籍しています。彼らは中高生にITやプログラミングを教えるだけではなく、情報・データサイエンス系の大学・学部へ通い、自らも学びを深めています。 メンターたちは、大学ではどのように、何を学んでいるのでしょうか。 今回は、慶應義塾大学環境情報学部に通う杉山丈太郎さんに、大学の特色やデータサイエンス系の授業、現在力を入れている取り組みについて聞きました。 幼少期からものづくりに熱中。プログラミ

        • 課題解決しながら生成AIを学ぶ・使いこなす。八丈島の中学校で、島独自のデータを取り込んだオリジナルチャットボットを開発【生成AIパイロット校 実践事例】

          東京から南に約300キロ。自然と固有の文化に恵まれた島、八丈島。 ライフイズテックでは、八丈町立富士中学校で、3年前より地域課題解決型の取り組みを進めています。それは生徒が島の魅力を探究し、Webサイト制作を通じて島外に発信するというもの。昨年度はNHKなどにも取り上げられ、注目を集めました。 生成A​​Iの活用が進む中で、その使い方を学ぶ授業は実施され始めていますが、「生成AIを使って課題を解決する」学習事例はまだ少ないのが実情です。 そこで今年度、富士中学校では、子ど

        • 固定された記事

        「生成AIの時代に大事な力とは」PKSHA Technology上野山氏が中高生と語る「未来を切り開くAIの授業」

        • 学びが広がるデジタルものづくり。学校の課外活動でAI・プログラミングキャンプ【広尾学園・広尾学園小石川 Teens Coding Week開催レポート】

        • 慶應SFC|「好きなことを突き詰めた人間には誰も敵わない」デジタルで魔法のような体験をつくりたい【学生メンターインタビュー05】

        • 課題解決しながら生成AIを学ぶ・使いこなす。八丈島の中学校で、島独自のデータを取り込んだオリジナルチャットボットを開発【生成AIパイロット校 実践事例】

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • イベントレポート
          ライフイズテック株式会社
        • 大学生メンターの活躍
          ライフイズテック株式会社
        • 中高生の活躍
          ライフイズテック株式会社
        • 中高生向け講演会「未来を切り開くAIの授業」開催レポート
          ライフイズテック株式会社
        • ライフイズテック「情報 I 」授業事例
          ライフイズテック株式会社

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          遊んでばかり、叱られてばかりの自分がアプリ開発に目覚めるまで

          2023年10月、中高生のアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2023」決勝大会が行われました。 二次予選を勝ち抜いたファイナリスト10組が公開プレゼンテーションを行い、様々な分野で活躍する審査員がアプリの企画力を審査。『企画力×技術力』をもとにした厳正なる審査の結果、ライフイズテックスクール生の本田 輝(ほんだひかる)さんの「WaveSync」が見事優勝しました。 「WaveSync」(ウェーブシンク)は、すれ違った人が聞いている曲を検知し、アプリ内でその曲を聴けるというも

          遊んでばかり、叱られてばかりの自分がアプリ開発に目覚めるまで

          東京大学|理論も実践も。情報系の学びは「モノづくり」に欠かせない【学生メンターインタビュー04】

          Life is Tech ! には、中高生を教える役割を持った「大学生メンター」が多数在籍しています。彼らは中高生にITやプログラミングを教えるだけではなく、情報・データサイエンス系の大学・学部へ通い、自らも学びを深めています。 メンターたちは、大学ではどのように、何を学んでいるのでしょうか。 今回は、今回は東京大学工学部電子情報工学科に通う五十嵐諒さんに、大学で行っている研究内容や高校時代に取り組んでおくべきことなどについて聞きました。 ドローンで収集したデータの最適な

          東京大学|理論も実践も。情報系の学びは「モノづくり」に欠かせない【学生メンターインタビュー04】

          東京大学|VRを用いて人間の認知を研究。プログラミングの知識はどんな分野にでも活かせる【学生メンターインタビュー03】

          Life is Tech ! には、中高生を教える役割を持った「大学生メンター」が多数在籍しています。彼らは中高生にITやプログラミングを教えるだけではなく、情報・データサイエンス系の大学・学部へ通い、自らも学びを深めています。 メンターたちは、大学ではどのように、何を学んでいるのでしょうか。 今回は、東京大学大学院情報理工学系研究科でVR(バーチャルリアリティ)について研究する大倉直也さんにインタビュー。大学で行っている研究内容や将来の目標について聞きました。 テーマパ

          東京大学|VRを用いて人間の認知を研究。プログラミングの知識はどんな分野にでも活かせる【学生メンターインタビュー03】

          千葉大学|「人の"なんとなく"を数値化」人文系領域で挑むデータサイエンス【学生メンターインタビュー02】

          Life is Tech ! には、中高生を教える役割を持った「大学生メンター」が多数在籍しています。彼らは中高生にITやプログラミングを教えるだけではなく、情報・データサイエンス系の大学・学部へ通い、自らも学びを深めています。 メンターたちは、大学ではどのように、何を学んでいるのでしょうか。 今回は、千葉大学文学部人文学科卒で、現在は同大学院で認知科学を研究している森田貴帆さんにインタビュー。データ分析を活用して「顔の魅力の研究」に取り組む森田さんに、大学時代の学びや文系

          千葉大学|「人の"なんとなく"を数値化」人文系領域で挑むデータサイエンス【学生メンターインタビュー02】

          筑波大学|ゲーム開発ツール「Unity」の動く原理を理解し、それを超える開発を【学生メンターインタビュー01】

          Life is Tech ! には、中高生を教える役割を持った「大学生メンター」が多数在籍しています。彼らは中高生にITやプログラミングを教えるだけではなく、情報・データサイエンス系の大学・学部へ通い、自らも学びを深めています。 メンターたちは、大学ではどのように、何を学んでいるのでしょうか。 今回は、筑波大学情報学群情報メディア創成学類に通う島田東子(しまだ・とうこ)さんにインタビュー。入学後の授業や将来の目標などについて聞いてみました。 高校時代からUnityでゲーム

          筑波大学|ゲーム開発ツール「Unity」の動く原理を理解し、それを超える開発を【学生メンターインタビュー01】

          「とてもエキサイティングな時代。これだ!と思ったものは信じてやっていく」松尾豊教授が中高生と語る「未来を切り開くAIの授業」(前編)

          ライフイズテックがこの夏に開催した、日本を代表するAI×データ界の識者・起業家による中高生向け講演会「未来を切り開くAIの授業」。2日目は東京大学大学院工学系研究科/人工物工学研究センター松尾豊教授がゲストです。 講演後の質疑応答まで大いに盛り上がった本講義、松尾先生が語った「AI時代の未来の切り拓き方」とは? AIとの出会い:小学5年生からポケコンでプログラムを書いていた今日は、私がなぜAIを研究しているか、というところからお話ししたいと思います。 はじまりは単純なのです

          「とてもエキサイティングな時代。これだ!と思ったものは信じてやっていく」松尾豊教授が中高生と語る「未来を切り開くAIの授業」(前編)

          これから活躍するには「変化の激しいところに行こう」松尾豊教授が中高生と語る「未来を切り開くAIの授業」(後編)

          ライフイズテックがこの夏に開催した、日本を代表するAI×データ界の識者・起業家による中高生向け講演会「未来を切り開くAIの授業」。2日目は東京大学大学院工学系研究科/人工物工学研究センター松尾豊教授がゲストです。 前編では、松尾先生の子供時代から、現在取り組む研究や起業家育成について講演内容をお伝えしました。後編では、中高生からの質疑応答の様子をお届けします。 (高校1年生/女子) 先ほど、スタンフォード大学での経験を話されていましたが、アメリカと日本の学生における起業に対

          これから活躍するには「変化の激しいところに行こう」松尾豊教授が中高生と語る「未来を切り開くAIの授業」(後編)

          安宅和人氏が中高生と語る「AIの力をどう解き放つか」―AI×人間の時代の未来創造「未来を切り開くAIの授業」

          ライフイズテックがこの夏に開催した、日本を代表するAI×データ界の識者・起業家による中高生向け講演会「未来を切り開くAIの授業」。 1日目は慶應義塾大学 教授・Zホールディングス株式会社 シニアストラテジスト 安宅和人氏がゲストです。 安宅先生が語る「AI×人間の時代」に生きる中高生に向けたメッセージとは? ※肩書きは講演時のものです。 未来は変化の波に乗ってつくるもの 皆さんの周りには、未来についてネガティブなことばかり言う人がいませんか。でも、断言しますが人類は滅びま

          安宅和人氏が中高生と語る「AIの力をどう解き放つか」―AI×人間の時代の未来創造「未来を切り開くAIの授業」

          「量子コンピュータでWell-being(ウェルビーイング)を実現する」QuEra Computing 戦略顧問 北川拓也氏による「中高生の未来を切り開くAIの授業」

          ライフイズテックがこの夏に開催した、日本を代表するAI×データ界の識者・起業家による中高生向け講演会「未来を切り開くAIの授業」。3日目は、ハーバード大学発の量子コンピュータスタートアップ企業QuEra Computingの戦略顧問北川拓也さんがゲストです。理論物理学者でもある北川さんが描く「AI時代のWell-being(ウェルビーイング)」とは? 世界を変えてしまうような次世代コンピュータを開発する私は現在、アメリカのボストンにあるQuEra Computingという会

          「量子コンピュータでWell-being(ウェルビーイング)を実現する」QuEra Computing 戦略顧問 北川拓也氏による「中高生の未来を切り開くAIの授業」

          「プログラミング学習は、失敗を繰り返すことで理解が深まる」【「情報 I 」授業実践事例#3】

          ライフイズテックでは、授業の導入や動機づけ、プログラミング演習の進め方など実際の授業の内容や進行方法について詳しくご紹介いただく「情報 I 」授業研究会を定期開催しています。 noteでは、先生たちによる授業ツールの活用アイデアが満載の実践事例を連載していきます。 今回は開智日本橋学園中学校・高等学校の川田孝二先生をお迎えし、中学3年時の実践的学習の事例と、授業で大切にしている視点についてお話しいただきました。 学校名:開智日本橋学園中学校・高等学校(東京都) 中学3年次

          「プログラミング学習は、失敗を繰り返すことで理解が深まる」【「情報 I 」授業実践事例#3】

          「まずはとにかく書いてみる」を重視したプログラミング授業【「情報 I 」授業実践事例#2】

          ライフイズテックでは、授業の導入や動機づけ、プログラミング演習の進め方など実際の授業の内容や進行方法について詳しくご紹介いただく「情報 I 」授業研究会を定期開催しています。 noteでは、先生たちによる授業ツールの活用アイデアが満載の実践事例を連載していきます。 今回は栄光学園中学高等学校・日野俊一郎先生をお迎えし、「ライフイズテック レッスン」を活用しながら、生徒が自ら手を動かす授業づくりの工夫についてお話しいただきました。 学校名:栄光学園中学高等学校(神奈川県)

          「まずはとにかく書いてみる」を重視したプログラミング授業【「情報 I 」授業実践事例#2】

          生徒に身近な「ネタ」を散りばめた授業内容を公開【「情報 I 」授業実践事例#1】

          ライフイズテックでは、授業の導入や動機づけ、プログラミング演習の進め方など実際の授業の内容や進行方法について詳しくご紹介いただく「情報 I 」授業研究会を定期開催しています。 noteでは、先生たちによる授業ツールの活用アイデアが満載の実践事例を連載していきます。 今回は東亜学園高等学校・新井廣幸先生をお迎えし、「ライフイズテック レッスン」導入部分のポイントと生徒が興味を持ってくれる「ネタ」についてお話しいただきました。 学校名:東亜学園高等学校(東京都の全日制私立学校

          生徒に身近な「ネタ」を散りばめた授業内容を公開【「情報 I 」授業実践事例#1】