おばた りょうすけ

プロの中国伝統武術家です。都内などで形意拳や八卦掌という伝統武術や武器術を教えています。以前は18年間、茨城県警察科学捜査研究所・法医研究室で鑑定をやっていました。武術修行や科捜研勤務などで得た経験をもとに感じたことなどを書きます。京都出身。茨城大学農学部卒。旺龍堂代表。

何もない? ~起点はいつでもそばにある~

「私には何も取り柄がないから」 「俺にはこれといって特技はないからなぁ」 「特にやりたいことはないし」 時折、こうした言葉を耳にします。 ただ日常のちょっとした不…

科捜研とは ~科捜研のおしごと・1~

科学捜査研究所・・・略称『科捜研(かそうけん)』。 最近、様々なドラマや映画、小説などで目耳にする『科捜研』の実際の仕事はどのようなものか? 18年間、茨城県警の…

人生レコード ~中学生の頃の話~

『人生はレコードのようなものだ』 プレーヤーの中でグルグル回りながら音楽を奏でる「レコード」を見ながら、私はそう思いました。 中学生の頃の話です。 その音は、 …

足のウラ ~大地に立つ~

私の伝える武術《形意拳》や《八卦掌》は大地と繋がることによって、そのチカラを発揮します。 だから足のウラの感性をとても大切にします。 皆さんはどうですか? 普段、…

アタマを上げて ~あなたの将来の安全と健康のために~

近年、顔を下へ向けている人をとても多く目にします。 それは皆さんもお気づきの事でしょう。 立ち止まっている時や座っている時はもちろん、 歩ている時も、 時には他の…

余分なものを捨ててゆく ~自由になるコツ~

私の教える中国武術・形意拳は「余分な力み」をとても嫌います。 大地からの反動力を効率良く拳や掌に伝えたいので、 余分なチカラが入っていると、途中でパワーの伝達が…