不登校特例校

不登校特例校について

不登校特例校について

不登校になると進路について悩まれる方は多いです。 進学できるのか、卒業できるのか、どんな学校を選べばいいのか、 最近は学校の種類も増えてきて 不登校生にとっては選択肢が増えた分、わかりづらくて困っているというお悩みも増えました。 そこで今回は 最近、話題に挙がることの多い「不登校特例校」について書いてみます。 不登校特例校と他の学校との違い 不登校特例校の特徴3つ 不登校特例校のデメリット そして注意点など 実は弊社でも 不登校特例校へ進学した生徒さん、 不登校特例校に

スキ
7
☆子どもにとって理想の学校のあり方は☆

☆子どもにとって理想の学校のあり方は☆

NHK総合で岐阜県草潤中学校の「不登校のための中学校」が放映されました。 「子どもにとって理想の学校のあり方は」 学校制度の様々な不備が取り沙汰される昨今。教育機会確保法で不登校児童生徒には登校するように求めないなど、最低限の政策が出て来て久しいのですが、まだまだ実際の現場では周知されておらず、課題解決からは程遠いのが実情です😢 そんな中、岐阜県の不登校特例校という制度を利用して開設された、草潤中学校の取り組みが放送されました。 小学校からほとんど通学出来なかった、今

スキ
12
「不登校の君へ“学校らしくない学校”の挑戦」を観て

「不登校の君へ“学校らしくない学校”の挑戦」を観て

昨日NHKナビゲーションでやっていた 岐阜市にある草潤中学校の特集 「不登校のための中学校」 いわゆる不登校特例校のひとつ。     40名の生徒に対して25名(だったかな?)の先生。 教室にいなくてOK 投稿しなくてもOK 授業受けなくてもOK 校区の学校よりも遅くはじまり早く終わる 授業数も減らしてやりたいことをする時間がある     試行錯誤してんなーと思いました。(笑) 校内の環境が整えられていたけど テントや漫画やiPadは税金で買ったのかな?と思うと バッシング

スキ
1
校庭で数学の授業に出てもいい? 岐阜の『バーバパパのがっこう』が示す、学校の新しい当たり前

校庭で数学の授業に出てもいい? 岐阜の『バーバパパのがっこう』が示す、学校の新しい当たり前

岐阜市に、「バーバパパのがっこう」ができた。 ・・という記事が今年4月直前の3月30日に、バズった。→記事はこちら このバズった内容は、4月1日、岐阜市に新しい不登校特例校「草潤中学校」ができた、という話。 (絵本「バーバパパのがっこう」は、子どもたちが荒れに荒れてたいへんになってしまった学校を見に行ったバーバパパたちが、「ルールでしばった指導ありきじゃなくて、こういうやり方もあるんじゃない?」と親たちや先生に代案を示すという、公的オルタナティブスクールづくり、のようなお話

スキ
506
コンセプトは ”あなたに学校が合わせる。” 不登校特例校 岐阜市立草潤中学校

コンセプトは ”あなたに学校が合わせる。” 不登校特例校 岐阜市立草潤中学校

おはようございます。『SALON DESIN Vol9』ライターの國貞です。先日の記事でも不登校について書きましたが、興味深い学校を見つけたので紹介したいと思います。 不登校特例校とは学校に通えないお子さんのための支援や施設は、フリースクールやカウンセリングなどいろいろありますが、今回は不登校特例校のひとつである草潤中学校に注目しました。 不登校特例校とは、"不登校児童生徒を対象とする特別の教育課程を編成して教育を実施する学校"のことをさし、全国で公立、私立合わせて16校

スキ
12