どうでもいい話26

どうでもいい話26

2021年10月23日 雨 体調:良 気分:普通 ついにしっかり衣替え、長袖。 やっとしっくり来た感じ。 気がつけば10月ももうすぐ終わり。 年内に片付けたいことがあるが、 果たしてどうなるか。

三十路男が考えた今時JKの恋の詩

三十路男が考えた今時JKの恋の詩

Distance 私のストレージもういっぱい クラウドにも移せない デリートボタン押しちゃった バックアップはとってない  私と彼のディスタンス 禁止令もう出てる 緊急事態宣言よ  自粛してよDMは 中央線には乗らないし すれ違いはもうしてる あなたわたしのタキじゃない わたしはあなたの三葉じゃない 既読だけじゃない私のスルー でも止まらないあなたのズル コメントミュートじゃ足りないの 心のブロックもうしてる あなたの友達みんなヴィラン  欲しいの私専用アベンジャー

【2021.10.21】ファイザーかましてきた

【2021.10.21】ファイザーかましてきた

※1108文字 コロナワクチンには賛成派とか、反対派とか いろんな考えのひとがいるようですが、 私はとくにどちらでもないです。 そのため、今日、ファイザーの接種をしてきました。 その記録✍️ (知らない人がハッシュタグ経由でこの記事に辿り着くとしたら、ワクチン接種否定派のひとが読むのかなあ・・・と思いながら書いてる部分があります。) 予約の動機申し込み苦手民の私がなぜ わざわざ電話してまでコロナワクチンの予約をしたかというと、理由は3点あります。 ①注射が好き ②

スキ
9
接種

接種

2021年10月17日 くもり 体調:良 気分:普通 コロナワクチンようやく一回目の摂取。 今のところ副反応は腕が少し痛いだけ。 インフルエンザ予防接種の時もこうなるから まあこのくらいなら問題なし。 2回目はどうなるかな。

会いたくて、会えなくて、でもやっぱり会いたくて。

会いたくて、会えなくて、でもやっぱり会いたくて。

どうしようもないぐらい彼に会いたくなる夜がある。 どうしようもないぐらい彼の声を聞きたくなる夜がある。そんな時は夜道を散歩しながら、星を探す。一番星を見つけたら、何だか良いことがありそうだから。 彼がいなくなってから初めて、人生とは何かという難題にぶち当たった。今まで人生の意味なんて考えたことなんてなかったのに。きっと彼の存在そのものが、私が生きている理由だったんだという、大きな大きなことに、彼を失って気付いた。 このまま仕事と家の往復をする日々。生きていくに困らないお金

スキ
7
腸活ヨガすごいです!!!

腸活ヨガすごいです!!!

さいきん、YouTubeの動画見ながら宅トレに励んでいます。(残念ながらまだ効果はあらわれてませんが) で、ヨガとかもやるんですが、お気に入りはB-lifeのまりこ先生の動画で、最近やってみた腸活ヨガがかなり良かった! 10分ほどの動画で、夜寝る前に行ったところ、次の日「え、こんなに私の中に?????」と思うほど出て(品がなくてごめんなさい)、まじで驚いたんです。 もともとそんなに便秘はしないけど、毎日スッキリできているわけではなく、なーんか残ってる感というか、出しきれ

スキ
4
どうでもいい話25

どうでもいい話25

2021年10月11日 くもり 体調:良 気分:普通 財布の片隅のイオンの商品券1000円分。 いつ手に入れたか忘れた代物。 何を買おうかと悩んではや2ヶ月。 未だ決まらず。 というか1000円という金額が微妙であり絶妙。 買ったものを誰かに見せるわけではないが、 センスを問われているような気がする。 さあ、どうしよう。

【2021.10.9】ただのサーになった

【2021.10.9】ただのサーになった

10月9日、私は本物の30歳になりました。 もうaround thirtyではなくjust thirtyなので アラサーあらためジャスサー・・・? 聴き慣れないですね・・・ 『ただのサー』ということにしようかな 根暗サーの紗冬です。今後ともよろしくお願い致します♫ (これはこれで根暗サークルみたい) 誕生日の出勤私の誕生日はいつも職場の棚卸しとかぶっています。 なので毎年あたりまえに出勤していますが、毎度毎度先輩にも後輩にも友達にも「誕生日なのに働くの???」と言われま

スキ
8
どうでもいい話24

どうでもいい話24

2021年10月6日 晴れ 体調:良 気分:普通 10月に入ってるのにまだ暑い。 半袖でも全然いけるくらいだが、流石に長袖に 袖を通している。 秋よ、はよ来い。

スキ
1
三十路女のくだらない話3

三十路女のくだらない話3

今日はBTSの限定キシリトールガムボトルの発売日である。 それをふと思い出し、重たい腰を上げて深夜の0時にコンビニ探索を始めた。 一つ目のコンビニで見つかるとは最初から思っていなかった。 しかし3店舗目のコンビニに入って、空の陳列棚を見たときに、何かスイッチが入ってしまった。 絶対、、、絶対見つけてやる、、、!! あの紫ボトルを、我が手に、、、、!!!! どこからか声が聞こえる、、、 俺たちの限定ボトルか?欲しけりゃくれてやるぜ、、、 探してみろ!この世のBTSボ

スキ
1