0711 ACIDMAN 「灰色の街」リリース記念 プレミアムワンマンライブ "THE STREAM"(配信ライブ)

改めて文字にするけれど、音楽が好きだ。
特にライブやフェスの会場に足を運んで、生でパフォーマンスを観て、肌で空気を感じるのが好きだ。そこが自分の居場所で、帰りたい、とすら思う。
けれど今のこのご時世、当然それはオーディエンスである自分にとっても、アーティストにとっても叶わぬ望みになってしまっている。
キャパシティを大幅に減らしたり、座席の間隔を広めにとったりすることで少しずつ開催を試みる動きも出て

もっとみる

BAWDIESはいつだって転がり続ける

今週はライブウィークエンド!!7月11日はTHE BAWDIESのライブでした!!
日々鬱々悶々としてる私ですが、やっぱり音楽だよね、何にも活かされなくても好きなもの大切にしていく時期だよね!?私今楽しい!っていうテンションと心地よい疲れを感じて、「やっぱりBAWDIESめちゃくちゃ好き!!」って思ったので残そうと思います!
好きな人にしか刺さらなくても、noteってそういうもんな気がしてきたし、

もっとみる
よかったら好きな音楽も教えてください♪

僕ら暗い夜を共に歩く-NightOwl配信ライブレポート

2020年7月12日、QOOLONG所属の3人組グループ・NightOwlがツイキャスプレミアを介した配信ワンマンライブ"Another Night"を行った。

NightOwlの新ビジュアル。後列左から雨夜 憧、百城 凛音、前列に折原 伊桜。

入場SE中に舞台袖で待機しているメンバー3人の映像から配信はスタート。和気藹々とした雰囲気から一転、ステージに立って堂々と踊り出す瞬間のスイッチの切り

もっとみる

星野源ソロデビュー10周年ライブを観終わって(ネタばれなし)(文:こたにな々)

2020年7月12日、10年前のこの日、星野源が初のソロライブを行った日だ。

そして今日この日、10年前と同じ渋谷クラブクアトロで無観客の配信ライブを行った。本来ならここには、ずっと彼を追い続けてきた観客を入れたことだろう。しかし現在、都内ではコロナウイルスによる感染者が再び増加し、連日200人を超える。皮肉なことかもしれないが、大人気な彼を一目見ようと、いつもより手が伸ばしやすいチケットを購入

もっとみる

くるり@磔磔ライブを見て思うこと

2020年7月11日。コロナ禍の中で開催されたくるりLIVEWIREを見た。くるりのライブは過去に2回だけ。でもどちらものすごく濃かった。中野サンプラザでのライブは終始立ち上がりたくて、でも立ち上がれなくて、やっとアンコールで周りを見渡しながら恐る恐る立ちあがったのを今でも覚えている。ZeppTokyoでのライブは、空気が淀んでいるのを全身で感じながら、岸田さんの紡ぎ出す音に酔いしれた。というと、

もっとみる
スキありがとうございます~嬉しい。
6

7/12JIMANG☆ BAL 12

年のはじめくらいには現地参戦を思ってたけど。

はしご予定のライブ中止に伴い遠征中止(´・ω・`)

配信参戦でした。

生配信中だけかもしれないけども。

画面暗めでもいちゃん見えぬ _(:3 」∠)_

でも、英ちゃんとかジェイクせんせーとかはみえるし。

やっぱりジェイクせんせーかっこいい(^q^)(^q^)

そして、やっぱりホーンいるとかっこよさ増々。

それにしても、MCと演奏の音量違

もっとみる

Nothing's Carved In Stone配信ライブ "Navigator"感想

2020年6月27日に行われたNothing's Carved In Stoneの有料配信、Studio Live "Navigator"の感想をつづっていきます。
ライブレポの類は通常の対面ライブが再開してからにするつもりでしたが、自分にとってハッとするような、大変インパクトに残る配信だったので投稿することにしました。

はじめに

少し自分の話をします。
配信ライブまでのここ数週間の私はという

もっとみる

2020.7.11 #LIVEWIRE_くるり in 京都磔磔

3月からのツアーが中止となっていたくるり、初のオンラインライブ配信はBOBO(Dr)、野崎泰弘(Key)、松本大樹(Gt)を迎えた6人編成。BOBOが叩くビートで繰り出される「琥珀色の街、上海蟹の朝」はパワフルで実に新鮮である!なんて思っていると、しれっとファンファン(Tp/Pf)が去り、岸田繁(Vo/Gt)、佐藤征史(Ba)に野崎とBOBOの4人編成へ。この公演ではかわるがわるメンバーが入れ替わ

もっとみる
スキスースー
14

オンラインライブを観た⑤(Drop’s/Base Ball Bear/ばってん少女隊)

7.11 Drop‘s×紅布 配信ライブ 「LOVE ON AIR」

Drop’sが新宿・紅布とのタッグで贈るライブ配信。最新作『Tiny Ground』と4年前に出た前作『DONUT』を中心としたセトリ。結果として、4年間でのバンドの変化を流れで示すような公演となった。「グッド・バイ」で厳かに幕を開けたかと思えば、ポップスとしての側面を強めた最新曲「天使とラストシーン」や爽やかな夏の潮風と涼や

もっとみる
スキスースキ
7

2020.07.10 teto 「4 (for) prologue.」

tetoが初めてのオンラインライブを行った。6/10に配信された新EPに関連してのライブという位置づけだが、tetoは47都道府県ツアーの真っ只中でコロナ禍に見舞われツアーは中断。その雪辱を晴らすべく敢行されたと言っても過言ではない。こちらとしても、福岡公演に向かう予定であったから彼らのライブを熱望する気持ちは同じであった。21時、オンタイムで開演。

会場はどこかのライブハウスのフロア。1曲目は

もっとみる
スキスースー
4