ポン・ジュノ

『パラサイト 半地下の家族』ストーリー解析⑥ 小ネタ落ち穂拾い

今回は、これまでの『パラサイト 半地下の家族』解説で取り上げることのできなかった小ネタを拾っていこうと思います。

作中で繰り返し描かれていたモチーフ、一瞬だけのカットに垣間見えたキャラクターの性格、一般的な考察で取り上げられがちな説などについて確認していきます。

※ 以下ネタバレを含みますのでご注意ください。

要所に登場する、背景としての「車」

キム・ギテクとパク社長(あるいはヨンギョ)と

もっとみる
ありがとうございます!
5

【期間限定】大食い禁止にみる中国の食糧危機〜新編集版〜

テーマに沿って話したい2人。 Music by 福岡 丈明

00:00 | 00:30

過去のエピソードを再編集した『新編集版』をnoteで【期間限定】配信。

今回は食糧問題に関してのエピソードの新編集版です。
食糧問題について話しているうちに「ポンジュノ」や「人間が甘やかされている」という話までコンセプト通りテーマから逸れまくっています。
ほぼほぼノーカットで編集してみました。

オリジナル版を聴いた方でも楽しめると思いますので、ぜひご試聴ください!

※2020年9月に収録した

もっとみる
スキありがとうございます!
2

「新韓流」「第4次韓流ブーム」の背景にあるNetflixの存在

 안녕하세요(アンニョンハセヨ) 南うさぎです。

【韓国エンタメ成功の秘密】ドラマ編として、今回はNetflixについて書いてみたいと思います。

公式サイト(www.netflix.com)から。

 韓国ドラマの海外人気の背景には、世界的な定額動画配信サービスであるNetflixの存在は欠かせません。とくに2020年はコロナの影響もあり、おうち時間の充実に一役買った存在になったと思います。

もっとみる

『パラサイト 半地下の家族』ストーリー解析⑤ パク家の人々と「ブラックボックス」

『パラサイト 半地下の家族』に登場する富裕層側の登場人物たち────特にパク・ダヘとダソンの姉弟、さらにその母親であるヨンギョについての分析を、本稿ではまず試みてみようと思います。

主人公側のキム兄妹────ギウとギジョンの持つ複雑な内面に比べて、パク姉弟の造形はかなりあっさりした描写がなされているように見えます。
しかしながら、この姉弟が真に抱いている欲求は本作の主題と密接に関連付けられており

もっとみる
ありがとうございます!
3

映画『ほえる犬は噛まない』ネタバレ感想文 ー ペ・ドゥナは噛みつかない

2000年の韓国映画。監督はポン・ジュノ。お目当てはペ・ドゥナ。

ウチの夫婦はペ・ドゥナ好きなんですが、山下敦弘『リンダ リンダ リンダ』(05年)、是枝裕和『空気人形』(09年)以降なもので、初期作品を観てませんでした。パク・チャヌク好きだから『復讐者に憐れみを』(02年)は観てましたけど。ちなみに「ウチの夫婦」と書きましたが、主に「ウチの妻が」です。君とこサイ飼うてんのか。
そしたら早稲田松

もっとみる
とっても嬉しいです。ありがとうございます。
5

殺して食べるという事。ポン・ジュノ監督作品「オクジャ」

みなさまこんにちは。今回ご紹介する映画はこちら!

『オクジャ(原題:옥자 英語:Okja) 』(2017年Netflix公開)

「グエムルー漢江の怪物」「パラサイト」を生み出したポン・ジュノ監督の作品です。Netflixオリジナル作品であり動画配信サイト向け作品が、カンヌ国際映画祭に多数ノミネートされた事で大きな話題となりました。監督が妻夫木聡主演の日本映画「ブタがいた教室」やジブリアニメ「未

もっとみる
ありがとうございます❤また見に来て下さいね❤
5

不惑の韓流女優シリーズ②「ぺ・ドゥナ~惹きつけられる直球の演技力~」

不惑の40歳を過ぎても、主役として、韓流をけん引する女優を語るシリーズです。韓流ファン歴が20年のわたしが、あくまで、個人の趣向で語りたい女優さんをシリーズ化しました。ですから、もちろん、偏りはありますので、悪しからず。

第2回は、ぺ・ドゥナです。1979年生まれの41歳です。
 
ぺ・ドゥナは、韓流女優のなかでも、演技力が高く評価されている女優です。韓国映画界の名だたる監督も、彼女を起用してい

もっとみる
あなたに良いことありますように!
19

『パラサイト 半地下の家族』ストーリー解析④ キム・ギテクの衝動 後編

前編からの続きです。

ギウの父ギテクが「あの行動」に走ることになった原因について、作中の描写から分析を試みています。

※ 以下ネタバレを含みますのでご注意ください。

完地下の男、オ・グンセ

前任家政婦ムングァンによって明かされた「完地下」に住む男、それがオ・グンセです。
このグンセというキャラクターの存在は、パク邸における「おこぼれ利権」の競合という葛藤をキム一家にもたらしただけでなく、ギ

もっとみる
ありがとうございます!
4

『パラサイト 半地下の家族』ストーリー解析④ キム・ギテクの衝動 前編

「解釈の網を抜けていく魚になりたい、そういう衝動がある」とは、本作公開後のポン・ジュノ監督による言です。
(参考:WIREDインタビュー)

『パラサイト 半地下の家族』作中で最も解釈の難しい場面の一つが、ギウの父親ギテクの「あの行動」に関するものでしょう。

ネット上でもその解釈についてはかなり意見の割れるところに見えますが、ギテクの心情に観客を共感させることにはおおむね成功しているように思えま

もっとみる
ありがとうございます!
3

映画『母なる証明』感想

観終わったあとの、このなんとも言えない余韻。絶妙に、気持ちのいいところに落ち着いてくれなかった。腹の中に渦巻く感情に翻弄されながら、良いものをみたのだと思うことにする。

◆貧しい庶民の描き方がエグい
本作は『パラサイト-半地下の家-』の監督、ポン・ジュノの2009年上映作品。私はパラサイトの方は映画館で鑑賞したので、どうしてもパラサイトを作った人の作品、という目で見てしまう。だからなのか、貧しさ

もっとみる