パラサイト

映画『パラサイト 半地下の家族』感想および考察メモ(ネタバレあり)

※ 重要なシーンのネタバレを含みます。これから映画を観る人の予習としては全くおすすめできません。

※ 基本的には自分用のメモなので箇条書きです。

※ 既に多くのかたが指摘してらっしゃる点については、極力書かないようにしたつもりです(見落としがあってネタかぶりしまくってたらごめんなさい)。

 わたしがおもしろいと思った & 参考になったと感じた感想・考察集はこちら↓です。こちらの感想・考察を読

もっとみる

韓国映画がアメリカマーケットで認められたということ ~パラサイト~

白人のための賞として批判され、アカデミー会員を3000人増やしたという。

ここで、アジア人が作った映画が作品賞を取る。
ある意味象徴的な、もしくは作為的なものを感じはするけれど、パラサイトは良い映画だし、当然、タイトルに値する映画だと思う。

韓国映画は、名作と駄作のギャップが激しい。
特にパラサイトのように、前提が暗い、バイオレンス描写がリアルな映画は、名作が多い傾向にある。韓国映画独特の世界

もっとみる

【個人的】映画「パラサイト 半地下の家族」の見どころ

映画「パラサイト」を見てきた

昨日、今話題の韓国映画「パラサイト 半地下の家族」を見てきました。映画に詳しいわけではないのであれこれ評価したりはできないですが、単純にめちゃめちゃ面白かったです。コメディ要素もあり、テンポよくスムーズにストーリーが進む中で、メタファーや対比が鮮やか。衝撃の展開に引き込まれます。でもストーリーの面白さだけじゃなくて、細部まですごくよくできてるなあと感じました。

もっとみる

寄生

昔アニメで見た寄生獣が結構衝撃的で、空から降ってきた謎の生命体に身体を奪われ、人を食べていく様子に、ちょっとビビりながらもわくわくした覚えがあります。完全に乗っ取られることなく右手(腕?)だけ奪われた主人公・新一の悲しくもあり、たくましくもある生活を描いた往年の人気漫画ですが、心の動きを繊細に描いている部分もいいなと感じるところです。

道で犬が車に轢かれて「かわいそう」となるシーンで、新一は、ま

もっとみる

最新全米映画興行成績(2020/02/14-02/16)

どうも。

では、全米映画興行成績、行きましょう。

1(-)Sonic The Hedgehog

2(1)Birds Of Prey
3(-)Fantasy Island

9(-)The Photograph

5(3)Bad Boys For Life
6(2)1917
7(5)Jumanji The Next Level
8(-)Parasite

9(4)Dolittle
10(-)D

もっとみる

日記:2020/2/17(月)

오늘 아침에 7시에 일어나고 "Talk To Me In Korean" 이라는 유튜브 채널을 보면서 한국어 공부를 한다.  초보자라서 장문은 아직 어려워서 읽기도 듣기도 힘들다. 

最近のYoutubeは英語の他言語学習チャンネルが充実してきており、英語が理解できれば学習の幅が一気に広がるので、ひとまず英語の聞き取り能力を習得するのが効果的っぽい(最近はぼちぼち字幕もつきは

もっとみる

【ネタバレ】アカデミー賞受賞作『パラサイト』は、“貧困層の逆襲物語”なんかじゃない。

アカデミー賞受賞で話題の映画『パラサイト 半地下の家族』、みなさんはもうご覧になりましたか?

この作品でメガホンを取ったポン・ジュノ監督は、2006年に公開された『グエムル-漢江の怪物-』が韓国の観客動員記録を更新(当時)するなど、以前からヒットメーカーとして知られていたが、じつは李明博政権(2008年〜2013年)、朴槿恵政権(2013年〜2017年)の下では、「文化芸術界のブラックリスト」に

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアもお願いできれば幸いです!
25

映画パラサイトを鑑賞しました

ずーっと見たかった映画パラサイトを見てきました。

一言でまとめると、凄かったです。

ストーリーの面白さとして、
想像できる範囲のワクワクはあるものの、
その想像を遥かに超える展開にゾクゾクしました。

そして、美術や音楽の素晴らしさが際立っていたと思います。ほとんどセットで撮っているとは思えないリアリティ。

また、韓国や北朝鮮の関係など、現代の生活感や文化が自然に取り入れられており、この時代

もっとみる
ありがとうございます~(⌒▽⌒)
1

ネタバレなし 「パラサイト 半地下の家族」知っておくとより楽しめる11のキーワード

韓国映画『殺人の追憶』『グエムル -漢江の怪物』などの映画でも日本にファンが多いポン・ジュノ監督のブラックコメディ映画「パラサイト 半地下の家族」。2019年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、「第92回アカデミー賞」で脚本賞、国際長編映画賞、監督賞、作品賞の4冠を達成した韓国でも大ヒットした注目の作品です。

現在日本で公開中の「パラサイト 半地下の家族」は韓国の文化的背景や時代背

もっとみる

パラサイトも観た

なんだよ。最高じゃねーかよ。
最後の最後でハッピーエンドにしない感じも
「あー、よかった!」って思ってしまう。

さて、もうネタバレのブログとかレビューは死ぬほど出ているし、そもそも「1917」に引き続き、私のことはミーハーだと思われているから、大して関心もないでしょうが、個人的によかったところを勝手にまとめてみました。

1.風刺がコメディがしっかり効いている
僕は背景をそれなりに調べて

もっとみる
ありがとうございます!
11