女の身体をどう使うかは女自身が決める

2年ほど前に、友人からアフターピル(緊急避妊薬)を病院で処方してもらったときの話を聞いた。
 彼女は恋人と寝たあと、コンドームが破れていたのではないかという不安が払拭できず、翌日になって産婦人科を受診したそうだ。
 お酒を飲みながらそんな話をしていたので、彼女は冗談まじりに、そしてわたしはときどき茶々を入れたりしながら、その話を聞いていた。
 アフターピルを処方してもらうまでの経緯を聞いたわたしの

もっとみる

最近、書くときにぼくが注意していること

(2 min read)

・才媛、才女、〜〜嬢、〜〜女史、女流〜〜、女版〜〜だとかいった表現を使わない。褒めているつもりの実は差別だから。

・歌手や音楽家の性別をなるべく書かない、すくなくとも強調しない。女性歌手、女性ヴォーカルということはみなさん言っても、男性歌手ということはあまり言われないでしょう。

・彼、彼女、などの代名詞を可能な範囲で避ける。

・その他、鮮明にジェンダー・バイナリー

もっとみる

どこにでもいる大学生が日本軍「慰安婦」問題を学び始めたきっかけ。

おはようございますと、こんにちはと、こんばんは。

今自分は大学院で日本軍「慰安婦」問題について修士論文を書いています。

そういえばなぜ自分がこの問題について勉強し始めたのか、きちんと文章化したことないなと思い、ちょっと書いてみることにしました。

自分が「慰安婦」という言葉を知ったのは高校生の時でした。世界史の授業で先生がちょこっと触れたのを覚えています。その時は「ふーん、こんな人もいたんだ」

もっとみる

女性エンジニア現場日記-要件定義編①-

既に走っているプロダクトの半分は仕様や環境設定が予め決まっている事が多いが、新規案件の場合あれこれ決まっていない事が多い。

例えば、システム全体のリファクタリング案件。
既存コードのリファクタリングとは内容が異なります。
なので、「リファクタリング」という単語言葉だけで同じ案件だと思ったら
規模が大違いなのです。

こういう技術用語は本当に内容を理解しないで、キーワードだけの
検索ベースで理解し

もっとみる

女性エンジニア現場日記-参画初日編③-

新規プロダクトに参画する前、よく言われる「面談」っていう行事があって、巨大プロダクト以外はだいたい、「プロダクトをまとめる管理職」、「プロジェクトリーダー」、「募集技術に知見のある現場エンジニア」位の3名が見えるパターンが多いです。なのでチームの上の方しか私のスキルシートやら顔を知らない事になってます

そして、参画初日に広ーいフロアのあるデスクの一角を5,6人のエンジニアプロダクトでまとまって座

もっとみる

女性エンジニア現場日記-環境設定編② -(とその他MIX編)

-環境設定編① - の話はWindowsを普段使って開発する方しかわからない内容で申し訳ありません。Macでも開発経験あるのですが、ここの権限的なところは sudoコマンドで通過できたはず。
一応両方いけるのだが、なぜか遭遇する案件がWindowsが多く。。。ついWin寄り。Macでもパッドの二本指遣いが上手く出来ずマウスつかってしまうダメダメな自分。1日単位で両方行ったり来たりしていると、画面だ

もっとみる

女性エンジニア現場日記-環境設定編①-

-参画初日編② -から続きます。頭が整理出来ていないので、順不動な流れで申し訳ありません。次に動きがよくないPCにはまだオチがあったのです。ご想像の通りPCはWindowsです。chromeの動きがどうこうの前にもっと前に ん?って事があったのを書き忘れました。

参画日にだいたい、G Suiteやらでチーム用のメールアドレス発行してもらい、WinのログインID、ログインPWなど頂いたりします。

もっとみる

女性エンジニア現場日記-参画初日編②-

・同日参画した3名は横並びの席だった。技術情報共有などできるだろうと思ったら、どうやら私はフロントエンドで、2名さんはサーバサイド担当でした。気立てのよい方達でした。

・いわゆるフロントエンドのSPAってやつで開発をするのだが、こいつはPCのスペックがcore i5の新しめ世代、corei7の真ん中世代なら尚よい というレベルが必要なんだが、ちょい、ホコリがかかったcore i5 の真ん中世代位

もっとみる

女性エンジニアがnoteはじめてみた

エンジニアやって数年経った。正社員で数年。派遣、フリーランスで数年。でも、2020年になっても変わっていない事実がある。
それは、職場のジェンダー差別や偏見。

職場環境で求めるのは、差別ではなく生活面での区別(お手洗い別等)だけだと思うのです。

だが、実際は違う!
「令和」になっても「昭和」な思考が蔓延中!

いろんな顧客の会社に勤務し、いろんなチームでお仕事する。
そんな女性エンジニアが遭遇

もっとみる