ジェンダー平等

ある曲がきっかけで心の中が大炎上した話

最近、知人からある曲をオススメされて聴いてみた

その曲は歌ってる人が奥さんに向けて書いた曲で「すごくいい曲で感動するから聴いてみて」との事だったんだけど

歌詞の内容が、聴いてて頭が痛くなるくらい酷かった…

奥さんが仕事しながら育児も家事も頑張って、子供には綺麗な服を着せても奥さんはほつれた服着てて、それでも幸せだって笑ってる

そんな奥さんの姿を「俺には美しく見えるよ、どんな女優よりも綺麗だ

もっとみる
わたしもスキです♡
6

女性は強い!

こんにちは!

美味しい料理を食べても写真を撮り忘れがち。矢上です。
SNSに投稿する写真は一緒に食べていた友人がとったやつを勝手に拝借します。笑

先日、僕の尊敬する経営者の一人である株式会社Kanattaの井口さんがプロサッカーチームのモンテディオ山形とSDGsパートナー契約を締結されたという記事を見ました。

井口さんはジェンダー平等や女性の社会進出に貢献するというビジョンのもと活躍されてい

もっとみる
スキありがとうございます!!
11

<モンテディオ山形×Kanatta>SDGsパートナー契約を締結しました!

こんにちは。
株式会社Kanatta代表取締役社長の井口恵です。

本日は嬉しいお知らせがあります!

株式会社Kanattaは、サッカーのJリーグクラブチームのモンテディオ山形とSDGsパートナー契約を締結いたしました!

モンテディオ山形とは

モンテディオ山形とは、Jリーグ(2021年はJ2)で活躍するクラブチームで、Jリーグに所属するクラブの中で唯一社団法人からスタートしたサッカークラブで

もっとみる
スキありがとうございます😊
20

21歳居酒屋バイトが思う「オジサン」

昨日、久しぶりにバイトがありました。金曜日だったのですが、京都市にまん延防止対策が発表された影響もあってか、いつもより客数は少なかったように思えました。

久しぶりに働く人を目の前で見て、「ああ、この感じやったわあ」ととある感覚を思い出しました。

多いのが一般的に「オジサン」とされる30~50代の男性(と思われる)。居酒屋で働くことを決めてから、ある程度のことは覚悟していましたが、想像以上に「オ

もっとみる
Thank you for your understanding!💛
5

性別と言う区分

性別、最近では「性別が◆◆だから〇〇」というのは差別だと言うことになるが、世の中には逆差別もあるのではないだろうか。

例えば「性別が◆◆人限定」というものだ。大概の場合は逆がない。

よくある例としては「女性限定割引」や「男性なら基本大盛提供」などだ。

パッと見、女性はお得に、男性は沢山食べられるなんて発想で終わるだろう。しかしながらこれこそ性別による固定概念であろう。

女性は安く快適に過ご

もっとみる
ありがとうございます。記事が何かのお役に立てば幸いです。
5

人生でオススメする、ハートに火をつけてくれた女性が主人公の映画3選

こんにちは。
たけりえです。

今週は仕事で大阪でした。
大阪と言えば学生時代を過ごした街なので、関西弁が飛び交っていて居心地いいです〜

わたしは「一人映画」行けちゃう派です。
月に1回は映画館で映画を観たい派です。そんな映画好きなわたしなので、学生時代からたくさんの作品に触れて来ました。

今日は、わたしが自分にスイッチを入れて来た、人生でオススメする映画を紹介したいと思います。
女性として、

もっとみる
スキ嬉しいです🥰
10

妻、嫁、母親という肩書がなくなる日 〜ジェンダーギャップと女性の生きづらさを描く 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』〜

なぜ、政治家のジェンダー差別発言が炎上するのか

たびたび、政治家によるジェンダー差別を匂わせる失言が世を賑わせる。

かつては、女性のことを『産む機械』という表現をした政治家もいたし、某都議会の議会中に『お前が結婚しろ』『産めないのか」』というヤジが飛んだと大騒ぎになった事もあった。

直近の話題で言えば、『女性は話が長い』と発した元総理大臣は、大きな国のイベントである五輪の役職を降りる事態まで

もっとみる
ありがとうございます!これからもがんばります!
2

【名言:木村拓哉(キムタク)】

こんにちは。小野由衣子です。

私は、特にジャニーズのファンではないのですが、
木村拓哉さん(キムタク)は、学生時代からずっとファンです。

キムタクといえば、様々なブームを巻き起こし“フジテレビの月9”ブームを作りました。必ずと言っていいほどキムタクが主演の連ドラマは視聴率が上がりまくり、でキムタクが来てたファッションや職業はその時代のブームになりました。

「ロングバケーション」での山口智子さ

もっとみる
とても嬉しいです🌈🎶是非、フォローもお願いします🍀
5

「男らしさ」なんて、もう誰も求めてない・頼んでない、という話。

 今回のシン・時事恋愛(2010年〜11年に連載していたオトナ女性のための恋愛コラムの再掲)は、「男らしさなんて要らない」がテーマです。

これがもう10年前のことですから、今の20代たちにとってはなおさらで、「男らしさ? それって食べれるんですか?」かもしれません。

ーー

男性に対して、タフな力強さや引っ張っていってくれるマインドを期待しない動きが、若い世代の女子たちの間で広がっています。

もっとみる
ありがとうございます、励みになります!
2

スウェーデンの患者情報はデジタルで一括管理、どこにいってもお医者さんがこの情報にアクセスできます。

 ここに来て、国民医療保険の対象者となってから、受信通知が来たものは二つ、乳がん検査のマンモグラフィー、そして子宮頸がん検査でした。両方とも無料、手紙で通知が来て「ここでこの日時に受けてね」と書いてあります。予定を変更するなら電話してね。。。くらいで難しいことはありません。もっとも近いところに案内されます。

 そのほかに、私はコレステロール値と血糖値が限界値ギリギリで日本からここに来たので、一度

もっとみる
どうもありがとうございます。
1