花岡 正樹

株式会社hotozero代表、ウェブマガジン「ほとんど0円大学」編集長。大学関連のニュースや出来事について思ったことを思いつくまま書いています。著書『年齢不問! サービス満点!! 1000%大学活用術』(中央公論新社)ほか →hotozero.co.jp

これからのホームカミングデーはウェブ開催!?今こそ大学と卒業生との関わり方を変えるときだと思う。

前回、関西学院大学の卒業式特設サイトが教育機関の心意気を感じて良かったという記事をまとめました。調べてみると、ほぼ同じタイミングで(卒業式だから当たり前ですが…...

中止になったことでより伝わった、関西学院の卒業式にかける想いとスタンス。

卒業式に春のオープンキャンパス、そしてもう少ししたら入学式……。これまでリアルでやることが当たり前だった大学のイベントが、新型コロナウィルスの影響で軒並み廃止に...

図書館開放は第二のオープンキャパス!?可能性しかない大学の長期休暇の活用法を考える。

高校生に最も効果のある情報発信が何かというと、おそらくそれはオープンキャンパスでしょう。大学に実際に足を運んでもらい、雰囲気であったり施設や学生だったりを実際に...

ピンチはチャンス!?「科学技術広報研究会」の取り組みから考える、今、社会に伝えるべきこと、やるべきこと。

新型コロナウィルスの蔓延で、社会がひどく混乱している昨今ですが、テレワークの推進であったり、時差通勤の導入であったり、いくつかのよい変化も生まれようとしています...

急がば回れの精神がリカレント教育を加速させる?ありそうでなかった金沢工業大学の「社会人共学者」が面白い。

リカレント教育や生涯教育の実施理由を、血も涙もなく区分してしまえば、営利目的か地域貢献かの二つしかないと思っていました。でも、世の中にはこの二つに当てはまらない...

これからの入試広報は“大学らしさ”より、振り切った“自分たちらしさ”。(帝京平成大)

伝えるだけでは、伝わらない。伝えるだけで伝わるのは、知りたいと思う人にだけ……。 ややポエム調の出だしですが、そんなことを思ったのは、ある大学のリリースを見たこ...