サントリー美術館

2019年に摂取した諸々 #美術館・博物館巡り

と、そういうわけで。noteに纏め始める以前の分も合わせて、今年摂取してきた諸々から各月1本ベストをPUしてみようという試み。

【1月】
森アーツセンターギャラリー
新・北斎展

 1/17~3/24

【2月】
東京都美術館
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

 2/9~4/7

【3月】
太田記念美術館
小原古邨

2/1~3/24

【4月】
東京国立近代美術館工芸館
The 備前―

もっとみる

【本日の一品】サントリー美術館のグッズで「本物志向」を体感したの巻

はい、通常更新の本日のミュージアムグッズ紹介です。今回はサントリー美術館のミュージアムショップに行ってきました!時間がなくて展示を見ることができなかったのが悔やまれるぜ…。

グッズについて

土地柄だからか、収蔵品を活かすとこうなるのか、サントリー美術館のオリジナルグッズ、非常に質が良くて上品、その分単価が高い気がしました。それでもお客さんは熱心に見入っていましたよ。

オリジナルノート 1,0

もっとみる

10月に摂取した諸々 #美術館・博物館巡り

山種美術館
大観・春草・玉堂・龍子 ―日本画のパイオニア―

 10/27まで。

太田記念美術館
歌川国芳 ―父の画業と娘たち

 10/27まで。11月は国芳の孫弟子世代。
 国芳門下には、国芳自身の娘二人も含めて、結構な女性が居たそうで。長女の芳鳥さんは夭折したそうだが、長じていれば、どんな画師になっていたのか。

すみだ北斎美術館
北斎没後170年記念 茂木本家美術館の北斎名品展

 11

もっとみる

観てきた!黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 -美濃の茶陶 atサントリー美術館

うーん・・・素敵だなぁと思ううつわはいくつかありましたが、正直、まだまだ私には、焼き物の世界は奥が深くて理解しきれない、と実感した鑑賞体験でした。

会期:サントリー美術館 9/4(水)~11/10(日)

◎見に行こうと思ったきっかけ

ずっと習いたいと思い続けながらも、どうしたらいいのか迷ったままでいた茶道。縁あって初心者教室から始めてやっと1年半が経ったところです。

お稽古を通して、茶陶:

もっとみる
う…うれしいです ありがとうございます(*´-`)

8月に摂取した諸々 #美術館・博物館巡り

備忘録的に趣味の美術館・博物館巡りの感想ツイートを纏めてみるテスト。何か語り残したリビドーがあれば、追加でコメントを入れてみたり。
 仕事が忙しく、6・7月に殆どいけなかった分、今月は多目。

すみだ北斎美術館
「綴プロジェクト」-高精細複製画で綴るー スミソニアン協会フリーア美術館の北斎展

終了済み。

江戸東京博物館
江戸のスポーツと東京オリンピック

 終了済み。
 オリンピック関係の展示

もっとみる

火曜日はつまんないっ!

美術館に行きたいのです、今!

『サントリー芸術財団50周年・遊びの流儀 遊楽系譜』というのをめっちゃ見に行きたいのです!

先月行った千葉の九十九里でハマグリの貝殻を見つけまして♪←まあ、当たり前なんですけど砂浜でしたので…^^;w

そうだっ♪ この貝で貝合わせを作って雅な遊びをしようではありませんか♡

ルンルン((´I `*))♪

なんて思ってワクワクしながら帰ってきて、その後何だかんだ

もっとみる
嬉しい💕
59

「直感」と「分析」あるいは「瞬間」と「経過」

サントリー芸術財団50周年nendo × Suntory Museum of Art
【information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美】
・
人は美しいものに出会ったとき、二種類の感動のしかたをすると仮定した展覧会。
「作品の背景や製作過程、作者の意図や想いを知ることで生まれる感動」と、
「ただ理由もなく、心が揺さぶられる感動」。


佐藤オオキ氏率いるデザ

もっとみる
スキをしてくれたあなたがスキです!
1

【場ヅレポ#1】左脳と右脳を揺さぶる美術展

みなさん、こんにちは。
場ヅクリエイターのましけそ(@mashikeso)です。

この記事は、私が最近触れた「場」に対しての主観的な考察記事です。根気が続けば、【場ヅレポ】シリーズとして自分の備忘録として蓄積していければなと思います。

今回考察してみるのは、サントリー美術館さんとデザイン会社のnendoさん主催の「information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本

もっとみる

【イベントレポート】夜の美術館に潜入!?サントリー社員とファンの交流イベントを開催しました!

こんにちは。サントリー マル・デ・シャイン事務局のモナです。
5月30日にマル・デ・シャインの記念すべき第1回目のイベントを実施しましたので、当日の様子をレポートにしたためてみました。
→マル・デ・シャインとは何ぞや?という方はまずこちらを見てくださいね。

本イベントは、夜のサントリー美術館を貸切で堪能する!というイベントで、会期中の展示「information or inspiration?

もっとみる

感覚と思考を交互に使って鑑賞する「information or inspiration?左脳と右脳で楽しむ日本の美」

information or inspiration?左脳と右脳で楽しむ日本の美
(サントリー美術館)

展示作品
・色絵家形丁子風炉
・楓流水蒔絵車透香枕
・藍色徳利
・菊蒔絵煙草盆
・薩摩切子 紅色被皿
・御所車桜蒔絵提重
・薩摩切子 藍色被船型鉢
など

「information」と「inspiration」の展示の違い

inspirationのコースは、作品の特徴を独特な見方で観覧者に見

もっとみる
ありがとう!石を投げれば忍びに当たる-
1