【大浮世絵展】透かしの天才、喜多川歌麿

明日で終わる大浮世絵展に行ってきたので、備忘録的に自分が覚えておきたい浮世絵を紹介していきます。

今回は喜多川歌麿に絞りまして、やっていきます。と言うのも、それまで思っていたより喜多川歌麿すごくね?ってなったからです。これまで興味持ってなくてごめん。実は今回も国芳に期待して見に行ったよ。

ラインナップはこんな感じ↓

婦女人相十品 煙草の煙を吹く女

婦女人相十品シリーズで一番有名なのは、ホッ

もっとみる

日本人は日本美術を学ぶ機会がない

2013年まで板橋区立美術館長をしていた安村敏信という人が、2005年に、著書でこんなことを書いている。

日本の美術がわからないからといって恥ずかしがることはない。(中略)そもそも、日本の通常の義務教育で、日本の美術を教えることはないといっても過言ではない。小学校・中学校の美術の時間を思い出して頂きたい。(中略)日本美術の作品写真か何かを見せられて、その素晴らしさについて熱く語ってもらったことは

もっとみる

2019マイベスト展覧会 第2位「遊びの流儀」展@サントリー美術館

サントリー美術館で6月26日~8月18日まで開催されていた「遊びの流儀 遊楽図の系譜」展。一口に「遊び」といってもその様相はさまざまで、子供たちの無邪気な遊びもあれば、年中行事、遊郭での遊び、文人の嗜みとされる「琴棋書画」…。その多様な「遊びに興じる姿」を日本美術ではどのように描かれてきたのか、遊楽図の系譜を中心に展望する展覧会。

ベストオブタイトル!

本展は今年の展覧会の中でベストオブタイト

もっとみる

2019年 マイベスト展覧会TOP10

今年も多くの美術館に行ってきました。興味深かった展覧会マイベスト10を振り返ってみます。

マイベスト展覧会TOP10

1位「正倉院展」奈良国立博物館&「正倉院の世界展」東京国立博物館
2位「遊びの流儀」サントリー美術館
3位「顔真卿」東京国立博物館
4位「クリムト」東京都美術館 &「ウィーンモダン」@国立新美術館
5位「塩田千春」森美術館
6位「ミイラ展」国立科学博物館
7位「シンコペーション

もっとみる

東京国立近代美術館 鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 (2019/11/1〜12/15)

12/15までの鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開。
夜間開館の金曜日に駆け込んで参りました。

眼福です✨
今、鏑木清方作品は「横浜美術館コレクション展」に《春のななくさ》ほか、たくさん出ていますが、
国立近代美術館で公開中の《築地明石町》《新富町》《浜町河岸》3幅はまず大きい!

鏑木清方 築地明石町 1927 絹本彩色・軸装 173.5×74.0cm 東京国立近代美術館 ©Nemoto A

もっとみる

日本絵画の観方

この作品
どう見ますか?

見方に決まりはないから
どう見ようと自由

安土桃山時代 狩野永徳の代表作
「唐獅子図屏風」宮内庁三の丸尚蔵館所蔵

一般的には
へー、
そういう作品ね。
唐獅子が2頭。へー。なるほどね。

で、終了。。

これ、
もったいなさすぎます。

絵画は想像を楽しむ。
絵師の心を読む、依頼主の心を読む
時代を読む

そんな楽しみがあります。

さて、どうやって読んでいきましょ

もっとみる

京都で「円山応挙から近代京都画壇へ」を観てきた。襖絵良かった!★蓮の花 デザイン&アート 多摩市 | LOTUS Flower Design & Art-198

「円山応挙から近代京都画壇へ」展の京都展(~12/15(日))に行ってきました。大乗寺の襖絵のうち東京展で展示されなかった4点が展示されるというので思い切って京都まで行ってきました。
応挙やの画集「大乗寺」と展覧会カタログを片手に感想を語ってます。

「円山応挙から近代京都画壇へ」展サイトURL
https://okyokindai2019.exhibit.jp/

動画で使用した画集
「至宝大乗

もっとみる

日本美術とユーモアと

さて、日本美術とユーモアと^^

「日本美術がどうして好きなんですか?」
「好きになったきっかけは何ですか?」

とよく聞かれます。

それにお答えすることは
日本美術への入り口のように思うので
お話しますね。

それは、大学時代に見た
水墨画の作品に
理由もなく魅かれたこと。

「あー、日本人で良かった!」

と不思議にホッとした感覚とともに
誇りが持てたこと。

それが日本美術を好きになったき

もっとみる

日本美術に救われた!

美術史を勉強しはじめたころ
一番興味を持ったのはエジプト美術でした。

何故かエジプト美術に惹かれ、展覧会には必ず行ってました。

次に聞魅かれたのはギリシャ美術。
ミロビーナスとか、サモトラケノニケとか。

ツボとか。ギリシャ神殿とか。

後はポンペイにも魅かれたな。

西洋美術は当たり前のように魅力を感じてました。
慣れ親しんでましたし。一番見てきたのは西洋の絵画。

東洋美術もなんか神秘的で

もっとみる

美術で助かった!

もう少し、私と日本美術のことを

書こうと思います。

自己紹介的なことになるけれど、

どんな人がガイドしてるのか

わかったほうが良いのかな?と思ったので^^

自己紹介を詳しく^^

小さいころから
なんか日本好き

お正月は着物が着られるからお正月が大好き。
父と私だけだった時の方が多かった気もするけれど、
小さい時はお正月は着物で過ごしてました。

美術に興味を持ち始めたのは
小学校高学

もっとみる