優越感ではなく自己肯定感を ~失敗名鑑 聖書編 #03 カイン

アベルは羊の群れの中から肥えた初子を持って来た。主はアベルとその献げ物に目を留められたが、カインとその献げ物には目を留められなかった。カインは激しく怒って顔を伏せた。主はカインに言われた。
「どうして怒るのか。どうして顔を伏せるのか。もしお前が正しいのなら、顔を上げられるはずではないか。正しくないなら、罪は戸口で待ち伏せており、お前を求める。お前はそれを支配せねばならない。」
カインが弟アベルに言

もっとみる
読んでくださって感謝です( ;∀;) ありがとうございます!
1

『自分が嫌な人は、自分が創り出している』

◆人は誰でも
苦手、気に入らない、関わりたくない

そんな人が必ずいると思います。

中には、
許せない、信じられない
二度と会いたくない

そんなレベルの人もいるかもしれません。

なぜそんなに嫌なのでしょうか?

【自分が嫌な人は自分を映し出す鏡】

◆自分が嫌な人は
「自分が創り出している」と聞いたら

どう思いますか?

そんなはずはないと思うでしょう。

例えば、

自分なら言えない

もっとみる
うれしいです^_^ありがとうございます!
2

怒りの内実は悲しみなのだと思う

悲しみがなぜ発生するか、と言えば
それが好きだったから愛していたから、

信じていたのに

なのにどうして、に行き着く

怒りの構造は恐ろしく深い
何重にも重ねられた絹織物の中心にそれは在る

真ん中はとても優しく柔らかいあたたかな心

i am so happy( ˊᵕˋ )♡
2

【19】「何(what)を捨てたか」ではなく、「なぜ(why)捨てたか?」にフォーカスしよう

「捨てトレ」アドバイザーのモワンヌみきです。

片付けとか、ミニマリストとか、「何をどれぐらい捨てたか」って、結構分かりやすくて、話題にもなりやすいんだけど、正直、私はそこはあんまり重要ではないと思っている。

それよりも、「今まで捨てられないと思っていたものを、なぜ?どのように?捨てると判断するに至ったか」が、重要。

なぜなら、「何を捨てたか」は単なる「結果」だから。その結果を真似ることはもち

もっとみる
「いつか使う」は「明日使う?」 スキありがとうございます!

【18】「気持ちの捨てトレ」個人セッション@zoom~恋愛問題編~

モノ×気持ちの捨てトレアドバイザーのモワンヌみきです。

「気持ち・捨てトレ」個人セッション@zoomを行いました!

テーマは、「自分の今の捨てたい気持ち」

事前に簡単なアンケートを実施し、60分間のセッションを行いました。

※個人が特定されない範囲で、一部シェアさせていただきます※

今回のクライアントさんは、海外でのビジネスで大活躍で、いつもエネルギッシュで、周囲を元気づけるような方。

もっとみる
「いつか使う」は「明日使う?」 スキありがとうございます!
3

怒る側の課題

先日、怒られること価値について自分の考えを整理しました。

怒るという状況においては、怒られる側だけではなく、怒る側にも考えておかないことや整理しておかないことがもちろんあると思っています。

ということで、今回は怒る側の課題について整理をしたいと思います。

怒る側にも問題がある

私は、現在会社の中の立場上怒られることよりも怒ることが多いので、特にそう思うのかもしれませんが、怒るという状況にお

もっとみる
ありがとうございます!
2

信じるか信じないかはアナタ次第です

noteをご覧の皆さまおはようございます。
徳島大学細胞生物学分野・ヨネケン秘書 兼 悩める母のあべみょんです。

皆さんはアンガーマネジメントなんていうものをご存知でしょうか。

怒りを予防し制御するための心理療法プログラム だそうで。

つまり。感情的にブチギレたりしないように。怒りをコントロールするというものです。

育児をしておりますと
たびたびやってしまうブチギレ。そしてその後とんでもな

もっとみる
スキありがとうございます。ヨネケンポイント差し上げます。
13

「イライラを見せない」ということ

「ご配慮いただけると助かります」

この記事を読んだ後、私はクライアントさんへの文章をこう書きなおした。

私はイライラしていた。

仕事内容に関する話はわりとスムーズなのに、手続き関連となるとやたら遅くて、毎度のように催促していたクライアントさんがいたのである。

そして、今回それがちょっとひどかったので、「今後このようなことがないよう徹底していただけますでしょうか。」と書いたのだ。

その時、

もっとみる
どんどん書きます!
4

アンガーマネジメント 中田敦彦氏

■具体的なアクションは?
・「べき」と考えない、信念、執着による感情である
・怒りが生じた時に6秒待つ
・メモを取る、例えばラーメンの注文の間違いなんて実際は大した問題じゃない。メモを見るとくだらない事で起こっていることに気づく
・なんとかなる、大丈夫、という言葉を言う、思うだけでなく言う
・下記の言葉が自分の中に出てきたら黄色信号ワード「常識」「当然」「当たり前」「普通は」
 →自分の考えが正し

もっとみる
スキありがとうございます!
4

私なりのアンガーマネジメントは力を発揮するためのもの その2 試合で自分を出す 集中するとは?

(私なりのアンガーマネジメントは力を発揮するためのもの その1より)

ト:そうすると力が出せますよ!
私:そんなことができるんですか?考えたこともありませんでした。どうすればそんなことが……。
ト:できますよ。怒るんです。
私:えっ?

怒る!?

当時の私にとって、この怒りという感情は、試合中一番感じてはいけないものだと思い込んでいた。当然チームの子たちにも、何があっても怒ってはだめだ。冷静に

もっとみる
とてもうれしいです!
1