「きょうだい児とはー健常者の姉と障害者の思いー」

皆さんは「きょうだい児」、ご存知ですか?
自分の兄弟・あるいは姉妹に病気や障害を抱えた人達の事を言います。
今日はその事について書きます。

目次
・障害が無い姉を、なんでもできる人だと思っていた私
・障害を持つ妹に抱えていたであろう、姉の心境
・まとめ

・障害が無い姉を、なんでもできる人だと思っていた私

小学生の頃は姉が羨ましくて仕方なかったです、外で一輪車に乗ったり、友達と遊んだり、買い物

もっとみる
嬉しいです、今後もよろしくお願いします
4

吃音を見届ける

3番目のミコの吃音が悪くなってしまったので、今後の方針を決めるために、保護者面接に行ってきた。

最初は私一人で行こうとしていたが、ミコがよく遊びにおじゃましているご近所さんとその話題になったとき「おかあさんが?ひとりで?おとうさんは?」と言うので、「ですよねー」と考えを改めて、夫にも半休をとってもらって、2人で行ってきた。

私が一人で行こうとしていた理由は、夫は関係ないという思いではなくて、夫

もっとみる
嬉しい、今日は良い日になりそうです!
22

こんな感じだが、家の弟は可愛い。

写真は成人式の時の写真。
可愛い可愛い弟です。
なんせ、12歳も年が離れていて弟が物心つく前から母はガンで入退院をしていたものですから、ほぼ親の様な気持ちです。
従業参観行ったり、病院に連れてったりしてましたから何の予防接種受けたとかまで覚えています。
そんな弟ですが、デカくて悪人顔なのでよく職務質問を受けたり、初対面の人にビビられたりします。
高校の時やたらくまモンの着ていくなーと思って聞いてみ

もっとみる

きょうだい児の私から。

仕事の話を中心に書いた自己紹介シリーズは
一度中断し、今回は少し違う話をします。

なぜかというと、
私がうつ病になる要素って、
もっと根っこの方にもあるんだよなぁ。
と思うからです。

仕事だけが原因ではないし、それを
ちゃんと見ていかないとこの病気は
治らないし、noteを書いていても
言葉足らずだな、と思ったのです。

※重い話になるかもしれません。
今ハッピーな人や、ハッピーになりたい人は

もっとみる

間違えるな、人生の選択を 映画『ふたり~あなたという光~』鑑賞レポ

先日、ある一本の映画を観るにあたって、自分の半生を振り返り、こういった記事をあげた。

障害者の兄姉弟妹のことを指す「きょうだい」について、当事者の目線でこれまでの人生を振り返ったものだ。私には、3つ下の知的障害をもつ弟がいる。

同じ境遇や、きょうだい児の家族、子育て中の方など、様々な人にこの記事を読んでいただけたようで、非常に嬉しく思っています。本当にありがとうございます。

今回は、私も制作

もっとみる
ありがとうございます!so happy!
23

まだ見ぬ我が子に、きょうだい児の母として伝えたいこと。

もともと自分のことを話すのは苦手だけれど、

そんな中でも特に、生まれてきてくれるであろう我が子にどう伝えたらいいのかと、気がかりなことがあります。

そのひとつが、兄のこと。

障害者手帳の二級を持っている兄について、私は将来我が子にどう伝えるのか、未だにイメージが湧きません。

きっとこの子が大きくなるころには、親も歳をとり、兄も歳をとっている…。

そのとき、我が子が兄を見てどう感じるのか、

もっとみる
読んでくださりありがとうございます!
8

発達障害がある弟の姉の物語。

突然だけれど、私の弟は二人とも(正確にはもう一人は診断名をもらっていない、しかし彼の癇癪には随分手を焼かせた)発達障害だ。

今メディアでも特集が組まれ、本でも多く出版され、その中身は当事者にスポットを当てたものや発達障害のパートナー。専門家の知見や支援方法等、実に幅が広い。

あの話題の発達障害だ。

そして私が子どもだった頃、かれこれ10年前はそもそも話題にすら上がらなかった。支援の窓口も少な

もっとみる

【絵本】「わかってるって」 ✳︎親子さん、アダルトチルドレンさんに読んでほしい本

こんばんは!Rioです🍀

絵本第2弾です📚
タイトルの「わかってるって」は子どもっぽく、そして可愛らしく言っている感じです☺️
しもかわらゆみさんの絵本です✨

これはぜひ子ども達全員を含めた親子さん、そして大人でもアダルトチルドレンの方や「愛ってなんなんだろう。」って悩んでいる方に読んでほしいなぁと個人的に思います。

《内容》
あらいぐまの男の子、お母さん、赤ちゃんの物語です。お兄ちゃん

もっとみる
スキをしてくれたあなたにパワーを🍀
8

【この組み合わせが「性格」っていうんじゃない?】(発達)障害✖️人格障害の遺伝子が様々な環境の刺激により、持っていた遺伝子が活発化するか、しないか。病気レベルになるか、ならないか。社会的に困るか、困らないか。そう考えると、人に腹が立ちにくいなぁ、と思う今日この頃。

よろしくお願いします!
6

きょうだい児と不登校

こんばんは!
今日は私が小学校2年生の時の話を書いてみることにした。

以前書いたnoteにも触れたが、私は小学校2年生の時に不登校を経験した。
きっかけは妹の入院と母親の育児ノイローゼだった。

家庭環境も最悪だったその時の私は、毎日が情緒不安定で、些細なことで泣いていた。
とにかく不安でたまらなかったし、それを誰にも理解して貰えなかったのも辛かった。

その頃の家庭環境は、まさに最悪だった。

もっとみる
この記事を読んで、少しでも心が楽になりますように✨
11