宿命とは。

母の長年の友人が亡くなった。

母と同い年。
わたしが小さい頃、抱っこしくれた方だった。
ここ数年、知人が亡くなったり、大切な人と別れなきゃいけなかったり。

そんなことが多すぎる。

わたしは生きてる。
「宿命があるんだよ」と周りは口を揃えて言う。

わたしの宿命って何?
どうして生き続けなければならないのだろう?

周りと一緒のことをしないと"正解"とは言われない世界で、どうして生き延びなけれ

もっとみる

IgA血管炎と診断された日のこと(後編)

長くなってしまいましたので後編です。
前編はこちら

息子の足に発疹ができた夜。
ネットで検索をしたら
「胃腸炎の後によく蕁麻疹がでる」と沢山の記事を見かけて
そんなもんかーと思っていた。

その後も息子の食欲は戻ってきて、本人も
「今度は便秘にならないようにちゃんと水分もとらなきゃ」とも言っていた。
始業式の日はなんとか登校させて私も仕事始め。
…のはずが、始業前に学校から微熱で呼び出しがかかり

もっとみる
あなたもスキ!
2

「定型発達」第15回-定型発達の求める「共感」とは

#発達障害#アスペルガー #ASD)当事者から見た普通の人達( #定型発達 )の不思議な特徴とその理由について書いていきます。連載。

「共感」についてのtwitter上のやり取り

久々の更新です。
ツイッターで、「ASDと診断された配偶者には、自分の求める「#共感」はしてもらえないのか」という話題があったので、定型発達の人の求める「共感」とはどういうものなのか、質問してみました。

複数

もっとみる
変わっているのもちょっといいと思いませんか?

【おゆうぎ会】えんとつ町のプペル(と近況報告)

どうも。寝るのを忘れたり、おかしなところで寝たりを繰り返しているunicoです。

さて。最近私は西野亮廣エンタメ研究所に凸した訳です。
何かわからないけど西野信者(って呼び名もまた凄いなと思うけど)にでもなったのか?と思ってる方もちらほらいるんじゃないかと思うので、最近の話をしたいと思います。

私unicoは過去3年間位、『絵描き』メインで活動をしてきました。
お陰様で、職業『絵描き』としてま
もっとみる

苦手だけど好きという矛盾。

わたしは友達がとても少ない、
そもそも友達という定義がわからない。

ずっと人見知りだと思っていたが、それは違っていたようで、
人と関わることが苦手という、発達障害の特性だった。

人とほとんど喋らない、いや、喋り方がわからなくなった時期があった。

今は抵抗なく喋れるようになったし、
言語能力は高いという結果もあって、
通常の人と変わらない状態である。

決して緊張して喋れなかったわけではない。

もっとみる

2020.4.2「世界自閉症啓発デー」イベント

●「世界自閉症啓発デー」とは

世界自閉症啓発デー 日本実行委員会 公式サイトより

http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=165

国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Auti

もっとみる

片付けって

「片付ける」
って

色んなルールとか手順とか、暗黙になってることが多すぎるんじゃないのかなあ。そこを解決しようとしないで、片付けろ片付けろって呪文のように唱えても、辛くなるだけだと思うのね。

ここまで言うからには方法を視覚化して見せるのがいいよね。うん、やろう。(こうしてまたやることが増えるのだ。)

服薬について

依存性がどうとか、薬でコントロールしないといけないなんて不自然だとか、色んな人が色んなことを言うけど、私は薬ともいいお付き合いをしていると思っている。

だからと言って、特性のある子どもを持つ親御さん達に対して、薬についていいも悪いも言うことはない。正直、言いたいこともあるけど。

フラッシュバックと戦う

note、インスタ、おたく用サイトのブログと分けてやっている。
Twitterは完全にやめてしまったけど、意外とこれが困らない。
いや、Twitterの画面を見ると、こわくてだめだというのもあるけど…
自分のせいなのに、自分が怯えているの、滑稽すぎるね。
あ…関係ないけど、ストラテラを飲み始めてから一週間経ってた。

人間関係でのトラブルのフラッシュバックが度々あるんだけども。
自分が悪いとはいえ

もっとみる
わたしもあなたがスキです!ありがとうございます!
3

「お気に入りの物」に褒めてもらった

雪が降るとつらい。
天候が雨や台風だったり、気圧の変化がおおきいとつらい。他にもいろいろと「つらくなる」トリガーや条件はある。
でもそういう、しんどい波が来る時以外は元気だし、働いているし、服やコスメを買いに行くし、映画館に通ったりするし、わりと楽しく過ごしている。
が、ともかくつらくなる時はある。そしてそれは突然やってきて、その時だけは「重病人か?」と自分でも驚くくらい本当になにもできなくなる。

もっとみる