バニラファッジ

ブロガー/「7人家族の真ん中で。」18年目突入→https://carmine-app…

バニラファッジ

ブロガー/「7人家族の真ん中で。」18年目突入→https://carmine-appice.cocolog-nifty.com/ お仕事のご依頼はこちらからお願いします→https://note.com/vanilla_fudge/message

最近の記事

  • 固定された記事

親子別姓だった夫の話・1(全4話)

 私の夫(政夫)は実母と苗字が違う。産まれた時からずっと母親と一緒に暮らしているが親子別姓だった。  義母は政夫が2歳の時に離婚が成立している。当時、乳飲子の息子を抱えて逃げるように実家に帰ってきたそうだ。そして離婚が成立した時、義母は旧姓の「鈴木」に戻したが息子は父方の戸籍に残し「竹之内」のままで母親と一緒に暮らすことになった。実は竹之内家は代々続く名家で政夫は、その竹之内家の長男だった。 離婚はしたものの、息子は竹之内家の長男のまま自分の手元で育て、成人したら竹之内家に

    • 親子別姓だった夫の話・3(全4話)

       親にも教師にも毎日減らず口をたたいていた。 しかし、友だちはたくさんいて高校生活は楽しかった。ただ、連絡を取り合う手段は固定電話しかなかった時代で、友人から電話がかかってくると 「はい、鈴木でございます」  と家族が出るので、だいたい 「すみません、間違えました」  となっていた。母親と苗字が違うことなんか面倒くさ過ぎて誰にも説明していなかった。  小学校から高校まで一緒の幼なじみに「箱根アフロディーテ」に誘われた。 箱根アフロディーテは、日本初の大規模野外ロック

      • 親子別姓だった夫の話・2(全4話)

         おふくろは市役所に勤めていた。毎朝ぼくを見送ってくれるのは、おばあちゃんだった。学校から帰ってくると家はいつも留守で、どうしても寂しい時は、畑にいるおばあちゃんのところまで1人で行った。    その頃のぼくは、おふくろの言いつけを守り「神童」と呼ばれていた(笑)  おふくろと遊んだ記憶はないが、一緒に暮らしていたおばさん(母の妹・未婚)が幼稚園教諭をしていてよく遊んでくれた。当時、おばさんからは「おねえちゃん」と呼ぶように言われていた。  ほしいおもちゃ(めんこなど)や

        • (57)大丈夫きっと

           ダンナは昔から病院嫌いで、体調不良になってもなかなか病院に行かない。年に1回の健診で「要精密検査」と診断されてやっと腰を上げる程度だ。なので、ダンナが 「精神科に行きたい」 と言った時は驚いた。20年くらい前にもダンナは1度「鬱」状態になったことがある。私が異変に気づき、病院に行こうと何度も手を引っ張ったが頑なに行かなかった。ダンナは 「病気ではない」 「わかっている、大丈夫」 を繰り返し、半年ほどでそのトンネルから自力で抜け出した。その前例があったので、ダンナはケンやリュ

          有料
          120
        • 固定された記事

        親子別姓だった夫の話・1(全4話)

          (56)お父さんと家族

           ダンナが「適応障害」と診断され、2週間が過ぎました。 当初より睡眠が取れるようになり、少しずつ声が出るようになりました。最初は何か話そうとすると涙が溢れてしまって大変でしたが、日常会話は泣かずにできるようになりました。  先日、ダンナの血圧の薬をもらうために私がかかりつけ医(内科)のところに行ってきました。その時、ダンナが精神科を受診したこと、ダンナの今の状況などを担当医に話し始めたら、私も涙が出てしまって驚きました。  内科の先生でしたが 「適応障害は治りますよ、原因

          有料
          120

          (56)お父さんと家族

          (55)歩みが止まる

           「会社をたたむ。もう無理。」 ダンナが小さい声でゆっくり言った。正直寝耳に水だった。でも、ダンナの表情がいつもと違うので 「そうか、お疲れ様。」 とだけ伝えた。 今年3月の誕生日で69歳になったダンナは、普通ならとっくに定年退職している年だ。  今の会社は58歳の時に起業した。小さいながらも自分の理想と叶えられなかった夢の続きを形にするためだった。もちろん順風満帆ばかりではなかった。でも、とてもいい会社だった。  

          有料
          120

          (55)歩みが止まる

          (54)2人は28歳になりました!

           夜は1度寝てしまえば朝まで目が覚めないタイプです。しかし朝、目が覚めて立ち上がると急激な尿意に襲われ、トイレまで悶絶しながら駆け込む年齢になりました。間に合わず漏れてしまうのも時間の問題かもしれません。そんなオーバー60歳の私ですが、息子たちが28歳になりました。  3月22日ケンとリュウの誕生日の朝、メイが東京に遊びに行ってくるとでかけた。帰るのは日曜日。 「今日はケンとリュウの誕生日だよ」 と伝えたら 「おめでとうって言っておいて」 と笑いながら出かけて行った。 出か

          有料
          120

          (54)2人は28歳になりました!

          (53)苦手は苦手

           お正月明けには 「今年こそ自分の作品を完成させる!」 と力強く語ってくれた2人だったが、製作は一向に進まず長い1日を持て余しながら過ごしている。  リュウからは 「漫画の始まりと終わりだけできたんだけど、真ん中ができない」 となぞの相談を受け、その翌日にケンから 「ストーリーのオチができなくて、展開ばかり永遠に続いてしまう」 と悩みを打ち明けられた。    ケンに 「リュウは最初と最後のオチだけ作ったけど、それを繋ぐ真ん中が描けないと言ってたよ」 と伝えると 「リュウは発

          有料
          120

          (53)苦手は苦手

          (52)夢と希望を小出しするひきこもり

          今年の3月でケンとリュウは28歳になる。 ひきこもりに限らず30歳前後は人生のターニングポイントの1つではないだろうか。私だったら結婚出産、ダンナは脱サラし起業した頃だ。 ひきこもり生活も10年経つとさすがにベテランの域になってくる。朝ごはんを家族と一緒に食べるようになれば、それはもうプロと言っても過言ではない。 いよいよ脂が乗ってきて、標準では思いもつかないようなバカなことをやり始めるんじゃないかとかと期待に胸が膨らむ(笑) 暮れにケンとリュウと保育園時代から同級生だっ

          有料
          120

          (52)夢と希望を小出しするひきこもり

          (51)ヒキコモリーズの1年

          noteは今年最後の更新になります。 息子たちの様子を2023年粛々と描き続けましたが、特に大きな変化も不幸もなく静かに幕を下ろそうとしています。   「今年は1本漫画を描きあげる」 と年頭にケンが宣言していたので、その結果を聞いてみたら 「100ページのネームを描いて全部消えて、その後80ページのプロットを書いたがまだそれは完成していない。」 とのこと。 父親から 「1年に漫画1本じゃなくて、もう少し目標を刻んでいけ。1日3ページとか」 とアドバイスをもらっていたが、常に

          有料
          120

          (51)ヒキコモリーズの1年

          (50)強迫性障害の一例

          最近、ケンが動くようになってきた。 「寒い寒い」と言いながら中庭を通って母屋と離れを行ったり来たりできるようになってきた。 そうなると、リュウとニアミスする危険も高まるがお互い相手の動向を遠くから観察しながら暗黙の了解で譲り合っている。 もはや、なんで顔を合わせられないのかわからないくらいに2人は気遣いあっている(笑)   強迫性障害のケンは自分のスマホを触れなくなって5、6年くらい経っている。その間に新機種に買い替えるという荒治療(?)にも挑戦していたが、新しい機種でも回復

          有料
          120

          (50)強迫性障害の一例

          「創作大賞」エッセイ部門入選しました!

          10月27日(金)四ツ谷にあるnote placeにて「創作大賞」の授賞式があり、参列してきました。 その様子は、後日note公式サイトから記事が更新されると思います。   なので、授賞式の後の様子を少し 初対面の人でも話しかけられれば、どんだけでも心を開く自信はあるのですが、自分から声をかけることができない。自意識過剰。   「一緒に食べませんか!」 と、ナンパした。無我夢中だった。   その時私がナンパした女性は創作大賞恋愛小説部門で「新潮文庫nex賞」を受賞した小説

          「創作大賞」エッセイ部門入選しました!

          (49)探る日々

          ずっと母屋のリビングのソファの上で寝ているだけのケンが、最近私たちが過ごす離れのキッチンに来るようになった。   離れの入り口は3ヶ所あるが、猫が3匹いるので常に施錠されている。母屋から来る人は、自宅とはいえノックをしないと入れない。 リュウが朝ごはんを食べて帰ったすぐ後にノックの音がした。 リュウが忘れの物をしたのかと、ドアを開けたらそこにはケンが立っていた。 めちゃくちゃ私は驚いた。   ケンの中でとんでもない強迫が起きたんじゃないかと(汗)

          有料
          120

          (49)探る日々

          King Gnuで一句

          群れとなり先頭走るKing Gnu THE GREATEST UNKNOWN次は世界へ!     「King Gnu」の名前の由来は、ファンの間では有名ですが アフリカ大陸に生息するヌーが個々に集まりだんだん大きな群れになることから、「自分たちも多くの人を巻き込み、大きな群れに育っていきたい」という気持ちが込められているそうです。 11月29日に4年ぶりのアルバム「THE GREATEST UNKNOWN」をリリースし、その後5大ドームツアーが始まります。 デビューしてわ

          (48)リュウのこだわり

          リュウは物を大事にする。 発達障害あるあるかもしれないが、リュウは自分が買った物を大事にし過ぎる。 その結果、送られてきた荷物は段ボールのまま部屋に収納されている。 大切なものほど未開封。 もうその時点でKing GnuのライブTを寝巻きで着ている母とはわかりあえない。 リュウの部屋がいよいよ段ボールに埋め尽くされてきた。ダンボール(大切な物)の上にダンボール(大切な物)を積み上げることはしないので床一面に段ボール。歩行不能。   テトリスみたいに揃ったら1列消えるとかは

          有料
          120

          (48)リュウのこだわり

          約束

          15年前にこんな記事描いてて笑った。   小学生のくせにテケトーなこと言ってるなぁ(笑) この頃の方がコンビニぐらい行けてたね。