#Nコラム

11
記事

私の考える、日本の3大おかしな点(2019年6月版)

・社会主義は絶対的な悪であるという考え
・認知行動療法を教えて、森田療法を教えない
・民主主義=多数決=絶対的判断

1時間手を洗い続けたって、5万円を道端に落として道に触れるのが嫌でそのまま帰ったって、床に触れなくたって、本人や周囲がよしとしてるなら、別によいのでは?第三者にジャッジしてもらう必要はない。
それに、少数者と呼ばれる人の行動に多数者が合わせた方が幸せなことも多々ある。

民主主義を勘違いしている人が多過ぎる。民主主義では、少数者を生み出してはならぬのだ。議論を重ねて重ねて徐々に徐々に反対者を減らしてゆき、最後には全会一致できる案を妥協に妥協を重ねて議論していくのだ。

同じく、医療や福祉の現場でも、少数者=異状者とするのは、とても悲しい。

電車のつり革を触りたくない人向けの商品が発売される背景には、困っている人がいるのだ。

別に少数者を多数者側に無理に引き込まないでほしい。(時にはこちらの方が多数者じゃないのか、と思うことだってある。)
マイノリティが全員が全員、そんなことを望んでるとは思わないし、多数者のエゴ。

認知行動療法って結局は、「お前は少数者だ」と根拠もなく決めつけられ、例えそれが事実であったとしても、それを受け入れることは決して許されず、寧ろ、「お前はおかしいから、多数者の社会に適合せよ」、というマイノリティを無視した治療法だよね。

「定額」サービスで「生活サポート」は成功するか

この度、始めた個人事業、《キャスケット》では、フリーランス業務(主に、「#iPhoneで撮影」...

なぜ再び大阪都構想なのか

上にある、先日の「#Nコラム」でも書いたように、今、大阪では大阪都構想の議論が盛り上がって...

さまざまな価値観を共有したい

noteではさまざまなお題企画が用意されている。今日は初めてこのお題企画に参加してみようと思...

飲食業界の不思議

飲食業界というのは不思議なものである。 1、 例えば… 1、 ラーメン屋ではサイドメニューだ...

京都市の救護施設を巡る対立について

京都市が向日市との市境に救護施設を整備することについて一部で話題になっている。詳細につい...