SNSとの付き合い方

私はSNSはあまり使用していないし、このBlogのように匿名で使用している。
Facebookは実名だが、それはほぼ連絡手段のツールになっており、ほとんど投稿しない。

ビジネスにおいてはSNSのマーケティングの重要性が高まっているのはよく理解できるが、医療においては実際に病院に来院してもらい成り立つ業界である。
そして、来院される患者さんは基本的に高齢者であることから、SNSとの親和性は高くない

もっとみる
お役に立てれば幸いです。

【無料】アメリカで医師になる方法 【USMLEについて】

こんにちは、かぶ@kabtabiです。

今ウクライナの医学部に留学中ですが周りにアメリカ人もいますし
モロッコ人で将来はアメリカに行って医師になりたい人もいるのでUSMLE(ユーエスエムエルと言います)情報に詳しくなったのと、自分自身で振り返るためにも記事を書くことにしました。

試験は1回じゃない

日本の医師国家試験は6年間の課程の後に試験を受けて合格すると医師になります。まぁ3年次または4

もっとみる
シェアしていただいたら更に嬉しいです!
3

医師も病に

〝医者したくない病〟

(ニート医師tuber 【DrJun】さん、23.04.2020)

Je vous remercie de tout mon cœur!
3

日本外科学会定期学術集会完全Web開催~外科医のここだけの話~

新型コロナウイルス感染症の影響に伴って、多くのイベントが中止や開催延期となっています。

国内外の多くの学会もしかり。
僕は外科医なので日本外科学会(日本の外科医が最も多く入会している学会)はというと、完全Web形式で開催することが決まりました。
https://www.jssoc.or.jp/jss120/index.html

学会はもちろん最新の知見を勉強する場であり、自分たちの成果を発表し

もっとみる

グローバル人材がいる診療科は?

m3.comに医師に対して、世界のトップランナーの診療科はどこかというアンケート結果が提示された。私の診療科である消化器内科が第1位に選ばれており、素直にうれしいがそれについて意見を述べたい。

(m3.com調べ)

まずグローバル人材の定義だが、

どの世界でも価値を生み出す存在。そして、その国の医師よりも優れている。

とした。

言葉の壁があり、言葉が通じないとグローバル人材になりえない。

もっとみる
お役に立てれば幸いです。
1

働かないおじさん 医師版

医師は年功序列形式が大半で、特に手技系の外科系はその傾向が強い。
いくら知識や研究実績があっても、手術は実際に担当しないと上手くならない。
手術数の多さ=経験数が手術のうまさと相関しているといわれており、手術の巧さを維持するためにも手術は必要だが、それも年齢を重なると老眼や体力の問題、指導がメインとなり手術数も減ってくる。

内科系も年次が上になってくると、徐々に病棟患者をみなくなり(若手医師が担

もっとみる
お役に立てれば幸いです。
2

大分前に録って、出そうか迷っていましたが、大事な事なので出します。
しかし、結構怒り爆発なので苦手な方は聴かないでください。

スキありがとうございます! これからもお願いします。
2

京アニ容疑者を救った、医師の苦悩を想う

(*この記事を書きはじめる前に、京都アニメーション放火事件で亡くなられた世界の宝であったスタッフの皆様に心より哀悼の意を示し、今も心や体の傷に悩む被害者の皆様とご家族に、少しでも心が落ち着く日が来ることを心からお祈り申し上げます。)

目の前の患者を助けなくてはならない医師の信念とは

ニュースで、京都アニメーションの放火事件で多数の死傷者を出した容疑者が映し出された。ストレッチャーで運ばれ、退院

もっとみる
ありがとうございます。どうか良い一日を!
4