少子高齢化対策

今思うと少子高齢化対策って簡単だよなぁ。
・少子化対策は減税または無税
・高齢化対策は就業年齢の延長

少子化対策で金を配らないのは、貧乏子だくさんを防ぐため。富裕層はただでさえ税金が高いからその分が浮けば使えるお金が増える。忙しくて家事や育児が大変なら家政婦やホームヘルパーなどを使うとか。
貧乏子だくさんは子どもにかけられる教育のレベルが落ちるし学力も低下しやすいから推奨しない。

たいてい仕事

もっとみる

お客様、どうか日本文化と仏壇を救ってくださいませんか。

私は仏壇屋の孫です。

20数年間、お仏壇とお寺から預かった仏具に囲まれて暮らしています。
小学校から帰ると漆のツンとしたにおいが、
中学校から帰ると木材のにおいが私を出迎えてくれました。
そして、大学から帰ると日本美術の本のインクのにおいが私をつつみます。

今、心からお願いしたいことがございます。
職人と仏壇を助けてください。

今はコロナウイルスが流行し、現世のことも忙しいのに顔も見たことな

もっとみる
ありがとうございます!うれしい!!
13

2050年編 Chapter 1

▼前話 

  1

 無限に続くかのような微睡の中で、彼は一人佇み、娘を見ていた。
 目蓋の裏に造られた無数の層が増減を繰り返しながら、徐々に深くなっていく。

 今度は、後部座席から談笑する二人の男女を眺めていた。運転席には息子が、助手席には娘が座っている。車窓の外では、海原が太陽の光をあちこちに反射させながら、地平線にまで広がっていた。
 娘は、肩先まで髪を伸ばしていて、薄花色のセーターを身

もっとみる

労働力不足と高齢者の労災に関する番組を見ていて改めてこの世が地獄なのだと確信しました。また、「両親が欲しいから。そして将来の労働力として期待されて。そういう理由で生まれてくる人間の子供」は「食われるためだけに生まれてくる家畜」と大差ないように思います。単なる「エゴの産物」でしょう

【独り言】過疎地の医療を守りたい【戯言】

私はnoteの収益金の一部を過疎地の市民病院或いは医院に寄付をしたい。

なぜなら、過疎地は医師不足にあり、医療のライフラインが整っていないからだ。需要に対して供給が大幅に低い。

それでも若い医師たちは過疎地の医療事情を見て見ぬふりをしている。

もっとも、医師は慈善事業では無い。コンビニと同じ自営業で接客業なのだ。自営業であるからには儲からない田舎には赴かない。

本来なら、医師は所得の再分配

もっとみる
コメントも遠慮なくどうぞ。

老人関数は収束していく。

今朝、千葉で震度5

  今朝、地震があった。千葉で震度5弱だそうだ。みんなこの地震で目を覚ましたようだが、その頃俺は毎度のこと金縛りと戦っていた。金縛りって、知っているだろうか。体は眠ったままなのに、意識はばっちり起きている、という状態だ。
 脳はしっかり働いているくせに、体は布団の上で揺られていた。そう思うと、今朝の俺はなかなかシュールだった。

 まあそんなことはどうでもいい。問題は、寝てい

もっとみる
シェアお願いいたします。
3

【高齢者への人工呼吸器装着】そう簡単に外せない問題

こんにちは、現役看護師のゆずです。

本日は、「人工呼吸器」にまつわるお話です。

はじめに

コロナ肺炎でよく話題になる「人工呼吸器」。

ドラマなどでも時々目にすることがあると思います。

私は、ICU(集中治療室)での勤務経験が一番長く、人工呼吸器を装着した患者さんをたくさんみてきました。

苦しい治療を乗り越えて元気になる方ももちろんいますが、特に高齢者の方で、なかなか人工呼吸器から離脱で

もっとみる

病棟の景色。自分のさして遠くない未来を見るようで、なんだか複雑な思いがしている、今日この頃。

時々、患者さんのことを記事にしている。

以前の病院では、癌の治療をしている人と接する事が、多かった。その人達と交わした会話。今も、心の片隅にて残っている。癌の患者さんは、最後の方は、かなり弱って動けなくなってしまうが、尊厳と言うものを強く感た。その人達の姿や言葉は、時に私を励まし前を向かせてくれた。

今の病院では、循環器関連の疾患の患者さんと接している。

年齢層も違う。やはり循環器は高齢者が

もっとみる
ありがとう🍎
17

65歳からのブランドばあちゃんが過疎の町からお送りするオンライン教室

「65歳からのブランドばあちゃんが過疎の町からお送りするオンライン教室」ってのがあったらおもしろいんじゃないかと思う笑
略してブランドばあちゃんorブラばばww
いわゆる、小学校の時の祖父母学級をzoomでやっちゃおうという企画!個性が強いばあちゃん達が田舎にはたくさんいるはず…
これで田舎にもデジタルツールが浸透してくれたら、行政サービスも手厚くなるんじゃないかと思う。

過疎化や孤立が進む町に

もっとみる