「人口」を考える。②妊娠するまで~その2~

前回の記事の振り返り

 前回の記事までに「人口」を増やす時の問題を5つに分けた。そのうちの1つに前回は取り掛かり始めた。下の図のAの部分だ。

 前回は妊娠するまでに出てくる健康問題として①体重と②感染症を取り上げた。そして②感染症について話している途中だった。

 というわけで、今回は感染症対策の続きとしてワクチンの話から始めよう。

(2-2)ワクチン

 感染症対策としては標準予防策とワク

もっとみる
ありがとうございます。ぜひご意見をお聞かせください。

育休旦那と解決できない少子化問題

「少子化を解決するビジネスを思い付いたんです!聞いてください!」そういった相談を学生から受けたことがある。連日ニュースで放映されている通り日本の出生者数は史上最低を更新し憂慮すべき事態となっていることは誰もが知っての通りだろう。そして若き学生が日本の未来を何とかしようと課題に真正面から取り組もうとする気概も素晴らしかった。しかしながらビジネスで取り組める領域と取り組めない領域を取り違えていたので、

もっとみる
光栄です!
49

少子高齢化

noteを書いていると自動車学校の先生に言ったら読むと言われました。高谷先生、読むんはいいけど広めんなよ!!

今回は少子高齢化です。特に今回は少子化について書いていきたいと思う。

少子化が進んでいると聞くが、私の家の近くは新しい家が建って、小学校のクラスも自分がいた頃より増えている。本当に少子化が進んでいるのかと思う。

実際のデータとして、年少人口(12.3%)・生産年齢人口(60.0%)・

もっとみる
Thank you so much!!
6

命の選別

ことの発端は、昨年にはれいわ新選組から参院選に出馬している大西つねき氏が7月3日にYouTubeにアップした動画である。その中で彼は「高齢者の命は選別すべき」という趣旨の発言をし、それに対して党内外や一般の人々から批判が巻き起こっている。一旦は「チャンスを与えたい」と処分を保留した山本太郎代表も、数日後に一転して「除籍に値する」という認識を示したようだ。

 このように、れいわと共闘する野党からも

もっとみる
<゜)))彡
4

(記事深読み)揺らぐ「学びの保障」/「一律・平等」脱却に芽

おはようございます。

日経1面記事の考察です。
記事:日本経済新聞2020/07/07朝刊1面「教育改革 危機が促す 揺らぐ「学びの保障」」

日本経済新聞2020/07/08朝刊1面「教育改革 危機が促す 「一律・平等」脱却に芽」

03/23にユネスコで教育担当の閣僚級会議があったらしく、参加11か国で日本以外の10か国がオンライン指導をしていたと聞いて「最も遅れているということを改めて自覚

もっとみる
ありがとうございます!コメントなどもいただけますと幸いです
4

子育てして知った日本少子化になる理由について②

こんにちはおいなりです。11ヶ月になる娘を妻と一緒に育児中です。

日記では子育て世代が考える家についてや夫目線で夫婦円満になる秘訣についてご紹介しています。

本日は子育てして知った日本少子化になる理由②
についてです。

今日は

*結婚の目的欠如

*世の中に溢れる性

についてです。

なぜ結婚ってするんですか?

この答えをもっている人ってどれぐらいいますか?

日本ではとくに義務教育が

もっとみる

子育てして知った日本少子化になる理由について①

こんにちはおいなりです。11ヶ月になる娘を妻と一緒に育児中です。

日記では子育て世代が考える家についてや夫目線で夫婦円満になる秘訣についてご紹介しています。

本日は子育てして知った日本少子化になる理由①
についてです。 

世界の人口はどんどん増えているのになぜ日本の人口はこんなにも減っているのでしょうか?

国連の2019年報告書によると、世界人口は現在の77億人から2050年の97億人へと

もっとみる

「人口」を考える。②妊娠までの健康~その1~

前回の記事の振り返り

 前回の記事で人口を増やすにあたって、何が問題かを考えた。すると大きく2つの問題が浮かび上がってきた。一つは産む子供の人数。もう一つは子供を産むことへの理解。そしてこれらの問題を5つに分けた。

 今回はこれらをどう解決していくか、を考える第一弾としたい。というわけで、まずは図のAの部分から考えていく。この部分ははっきりいって女性の話がメインになる。しかし男性も将来の、ある

もっとみる
ありがとうございます。ぜひご意見をお聞かせください。
3

縁を結いて

経済とか医学とか色々勉強してるけどメインは保育系だから、少子化について考える課題は多い。

「恋愛感情も性的欲求も持たない中性として生きている私は、子どもを産むことはないだろう」と毎回考えてしまう。

子どもが嫌いなわけじゃない。
子どもは好きだから保育の勉強をしているし、ちゃんと自分で今の大学に行くと決めた。

でも、私には少子化を少しでもくい止めるための事が出来ないだろう。

もちろん新しい命

もっとみる

会社を辞めた経緯と無職と熱い少子化語りとか

どうもuenoです

もうそろそろ遠出もしたいところですね
4月からこもりっぱなしなんで
気分転換にどっか行こうかな思ってますね

パワースポット的なとこに行きたいですね~
まだどこに行こうかははっきりしてないですけれど

色々と候補はあるんで
あとはインターネッツサーフィンをしてから決めようと思ってますなあ(*^ω^)

東京に来た理由も色んな場所に行きたかったからってのもありますからね

でね

もっとみる
感謝です!うれしーいいい( ^^) _💖
6