無知の栄えた例しなし

泣きの太郎は、もうダメでしょう。
いまは政治家としての役割を演じているだけで、その限界は都知事選で、これ以上無いという形で証明されました。
ある人におだてられて都知事選に引っ張り出されて、立憲民主党、国民民主党からのれいわへの逃げ込みを塞がれました。
それも見抜けず、「総理になって皆さんを幸せにしたいのです」と軽口を叩き、寄付を集め、その自分の過去も忘れて都知事選に立候補しました。
「都知事になっ

もっとみる
ありがとうございます。元気が出ます。

366万【徒然文】

政治家は地味でいい、ただただ誠実であってほしいと思う。特に最近の政治家たちを見ていると思う。多くの人は、どうしてパフォーマンスに弱いのだろう。小泉劇場、安倍さんの「シャンパンタワー」「アベノミクス」などなどなり、小池さんの「都民ファースト」だったり。

 今回の都知事選。「積極的に小池さんに一票」というひとよりも、「他の候補者たちをみると見栄えがしない、なら現役に一票」という消極的支持のひとが多か

もっとみる
他も、よろしく、です(笑
16

2020年東京都知事選挙レポート

2020年6月18日、注目の東京都知事選挙が告示された。7月5日の投票日に向けて17日間の選挙戦の火蓋が切って落とされたのである。緊急事態宣言は解除されたが新型コロナウィルスは相変わらず深刻である。2011年の都知事選以降、私は出来るだけ多くの候補者を実際に見るように務めてきたが、今回それは難しいだろう。もちろん、近所や通勤途中のターミナル駅での街宣活動は出来るだけカバーしようと思っているが、街宣

もっとみる

パートナーシップ制度って

昨日は私のルワンダの親友が携帯を買って、嬉しくて久しぶりに話して朝4時までずっと電話繋げてたということで、ブログを1日しれっとサボりました。

6,000円の携帯買うだけで何ヶ月もかかるんか。日給200円そこそこやもんなあ。私の携帯10万です、なんて言えんなあ。

さて、
もう東京都知事選の投票日。

6月のプライドマンスがちょうど終わったこともあって、改めてLGBTQIA+のパートナーシップ制度

もっとみる

「スーパークレイジー君のウグイス嬢」編集後記

7月上旬、私はある女性に取材の申し込みをしていた。

彼女の名前は鈴木彩文さん。

今年の東京都知事選でウグイス嬢をしていた女性だ。

末端のライターが何故ウグイス嬢に声を掛けたのか。
今日はそれを語ろうと思う。

1.

鈴木彩文さんがウグイス嬢をやっていた候補者、スーパークレイジー君党・西本誠氏を知ったのは、Twitterがきっかけだった。

ある日、いつものようにタイムラインをぼんやりと眺め

もっとみる
スキありがとうございます!
9

「希望の炎」

「希望の炎」

あまりにも歯痒く、悲しく、腹立たしく思ってしまうニュースが多いです。
新型コロナや政治経済関連、あるいは演者や著名人の訃報。

オリンピックも開催されるべきなのか、されないべきのか。
このトゲトゲと、ザラザラと、荒くれた心はいろいろものを否定的に捉えようとします。

そんな中、オリンピックの開会式の会場となる国立競技場で、水泳の池江選手が世界へ向けてメッセージを発信しました。
自身

もっとみる

投票っていろんな面からみると面白い

私この間18歳になったんですよ。でちょうど選挙に行ったんですけど、選挙って行かない人もいるじゃないですか?もちろんめんどくさいということだったり、やり方がわからない、時間がないとか理由としてあるらしいんですよ。

でもこの間読んだ経済の本で2人の経済学者が投票所で会うっていう話だったんですけど、その時にお互い奥さんに行かされたと話投票場でお互いを見たことは言わないということを約束して投票をすまして

もっとみる
大吉!!!
3

あなたのSNSのタイムラインは社会の小さなごく一部である(都知事選感想)

今月5日に都知事選が行われた。

個人的には、都民になって初の都知事選で、初の選挙権があった(前回は大阪府民、その前は埼玉県民)。

そのため、色々と調べてこれかな!と思う候補者に投票した。

今回、自分のSNSでは、過去類を見ないような盛り上がりがあった。期日前投票に行った人は写真をUPし、ハッシュタグを付け、「皆で行こう!」と呼び掛けている人が大勢いた印象だった。SNSと投票は相性がいいと思っ

もっとみる

「若者」の投票率が低い理由を考えてみる

もうすでに日にちが経っているので、ホットな話題とは言いにくいのですが、今回の東京都知事選では、投票率が55%(東京都選挙管理委員会発表)という「都民の半分ほどしか選挙に行かなかった」という結果となりました。今回の年代別投票率は検索した限り、まだ発表されていないようなのですが、前回2016年の都知事選の結果を見ると、21歳〜29歳の投票率が最も低く、おそらく今回もまぁここらへんが最も投票率が低いので

もっとみる

日常のゆくえ 2020/07/05(日)

雨が降ったりやんだり。
午後にzoomで打ち合わせなどをする。止まっていた仕事も少しだけ動く。みんな様子を見ながら手探りで進んでいくかんじだ。

今日は都知事選だったが、投票結果はがっかりするものだった。なんでこうなるんだろう。投票締切時間の20時ちょうどにもう当確の速報が入る。無力感この上ない。選挙のたびにいつもほんと何でなの、くやしいな、ありえないなってなるけど、これが諦めに繋がるのはちがうと

もっとみる
励みになります
3