中村慎太郎 旅とサッカーを紡ぐOWL magazine

タクシードライバー、文筆家、会社経営者。 東京23区を中心にタクシー営業中(休業中)。愛する東京が職場です。 旅とサッカーのウェブ雑誌OWL magazine代表。サポーターを主役にした紀行文を書き連ねています。 株式会社西葛西出版代表取締役社長。本を作ってます。

中村慎太郎 旅とサッカーを紡ぐOWL magazine

タクシードライバー、文筆家、会社経営者。 東京23区を中心にタクシー営業中(休業中)。愛する東京が職場です。 旅とサッカーのウェブ雑誌OWL magazine代表。サポーターを主役にした紀行文を書き連ねています。 株式会社西葛西出版代表取締役社長。本を作ってます。

    ストア

    • 商品の画像

      〝サッカー旅〟を食べ尽くせ! すたすたぐるぐる 信州編

      -----------------------------------------------------------★特典★当ページよりご注文いただくと、ニシカサイペンギンのオリジナルステッカープレゼント!!-------------------------------------------------------------全国47都道府県へのサッカー旅をつづる『すたすたぐるぐる』シリーズ。第二弾は、信州・長野県!!本シリーズの第一弾である埼玉編は、サッカー本大賞2022優秀作品に選出されました!!町歩き、観光、食べ歩き、登山、サッカー観戦、サポーターの昔話……。信州を大満喫した紀行文集です。スタジアムグルメの話もたくさん出てきますが、グルメガイド本ではないのでご注意ください。信州といえば、長野パルセイロと松本山雅が争う「信州ダービー」が有名で、映画『クラシコ』の題材にもなっています。北信・長野と中信・松本の確執は、古くは明治初期の廃藩置県からはじまり、乱闘や「原因不明の火事」が多発しました。当時ほどではないものの、対立構造は現在まで続いています。その熱量を背景に、両クラブにとって「絶対に負けたくない戦い」が信州ダービーです。本書は、信州のサッカー文化を「旅」というアングルから探っていくことで、信州ダービーの背景を読み解いています。------------------------------------------------------------★登場するクラブ★(登場順)長野パルセイロ、長野パルセイロレディース松本山雅アルティスタ浅間アザリー飯田ボアルース長野------------------------------------------------------------<代表的な著者>中村慎太郎 OWL magazine代表、西葛西出版でも代表。『サポーターをめぐる冒険』(ころから)がサッカー本大賞2015を受賞。企画・編集・執筆を担当。サッカー観戦は宗教じゃないから自由に楽しくすれば良い主義者。宇都宮徹壱写真家・ノンフィクションライター。『フットボールの犬 欧羅巴1999-2009』(東邦出版)が第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ 』(カンゼン)がサッカー本大賞2017を受賞。その他著書多数。古川康平長野パルセイロの元コールリーダー。かつての信州ダービーを戦い抜く。のんちゃん長野生まれの女子大生。おやきやナスキーなど長野への愛を語る。Harako登山とサッカーと変なものを愛する夢見がちな人。GKがとても好き。キャプテンさかまきOWL magazine副編集長。自転車に乗って善光寺から松本城へ。澄山シン松本山雅の古参サポーター。よく松本で飲んでいる。最近は文豪と呼ばれている。薄荷松本に住む天才系クリエイター。高崎選手の影響で最近はキノコばかり食べている。FJまりこ世界は私の庭!旅するフットボールジャンキー。キワタユウ癖の強い長崎サポーター。音楽を愛する人。五十嵐メイフットサルと酔いどれ担当。-------------------------------------<目次>【前書き】●日本全国すたすたぐるぐる宣言●世界へ羽ばたけ、信州のサッカー【1 長野】●長野パルセイロレディースと信州松代ワンダーランド●皆神山と神々もしくは宇宙人●長野パルセイロ、伝説のコールリーダーの未練と後悔●私のふるさと、長野へようこそ●茶臼山のちUスタ~恐竜の山に全力〝橙頂〟~【2 長野から松本へ】●脚で感じる信濃の国~自転車で長野から松本へ~【3 松本】●松本山雅、昔話 サポーターになったおじさん●松本でご飯を食べてお酒を飲む東京の人●小さなおやきと広がる幸せ●東京は信州山形村・松本の「出城」です●続・松本山雅、昔話 信州ダービーの思い出●焼岳のちアルウィン~そこに山雅があるから~【4 信州】●映画『クラシコ』とアルティスタ浅間の現在地●飯田の街は北信越の夢を見るのか●架空のクラブ、白馬FCを求めて●「楽都」松本にて、ギター職人の結晶をめぐる旅●上山田温泉の誘惑とボアルース長野-----------------------------------------------このシリーズを47都道府県続けていけるように頑張ります!是非お読みください!
      ¥1,980
      西葛西出版の本屋さん
    • 商品の画像

      〝サッカー旅〟を食べ尽くせ! すたすたぐるぐる 埼玉編

      「サッカー本大賞2022」優秀作品に選ばれました!https://www.footballchannel.jp/2022/04/05/post458882/-----------------------------------------------------------★特典★当ページよりご注文いただくと、ニシカサイペンギンのオリジナルステッカープレゼント!!-------------------------------------------------------------47都道府県へのサッカー旅紀行。第一弾はまさかの埼玉県!壮大な旅が始まろうとしている!<前書き 日本全国すたすたぐるぐる宣言より>「今日はサッカーの日だ。家を出て、スタジアムに行こう。すたすたぐるぐる、歩いて行こう。スタジアムには何だってある。試合がある。スタジアムグルメがある。ビールがある。音楽がある。たくさんのサッカー仲間がいる。」サッカー旅とは餃子のようなもの。サポーターの楽しみすべてを包み込んで、おいしくパッケージしてくれます。試合、スタグル、空港、電車、観光、マスコット……。サッカーの試合はメインディッシュですが、それがすべてではありません。サッカーには詳しくないけど、スタジアムで過ごす時間は大好き。楽しみ方は人それぞれ。それでいいのです!!この本は、サポーター文学であり、スポーツツーリズムの本であり、地域の食文化本です。珍書、奇書の類かもしれませんが、丁寧に作りました。是非手に取ってみてください。<代表的な著者>中村慎太郎(@Shintaro)サッカー旅の本が作りたくて、タクシードライバーをしながら出版社を創業した東大卒のおじさん。株式会社西葛西出版代表取締役社長。OWL magazine代表。『サポーターをめぐる冒険 Jリーグを初観戦した結果、思わぬことになった』(ころから)でサッカー本大賞2015を受賞。宇都宮徹壱(@tete_room)写真家・ノンフィクションライター。『フットボールの犬 欧羅巴1999−2009』(東邦出版)で第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ 』(カンゼン)でサッカー本大賞2017を受賞。その他著書多数。<目次>【前書き】●日本全国すたすたぐるぐる宣言●なぜ埼玉県を旅することになったのか【1 大宮】●オレンジ色に染まる街、大宮を食べ尽くせ!!●これからも、大宮とともに【2 大宮から浦和へ】●地図にないものを、探しに行こう。大宮から浦和への道。【3 浦和】●静かなる浦和と三菱重工浦和レッズレディース●REDS GO TO THE WORLD!【4 埼玉県】●『キューポラのある街』川口市に生まれたクラブ●埼玉と新潟を繫ぐ店 吹上の名店「どんまいじゃん」●アルディ・狭山茶・ゾウキリン●かるたをかたる ①彩の国21世紀郷土かるた●埼玉に南部はなく、秩父がある。●かるたをかたる ②さいたま郷土かるた●知られざる川越ダービー COEDO KAWAGOE対さつまいーも川越
      ¥1,760
      西葛西出版の本屋さん

    マガジン

    • スポーツコラム

      サッカー旅、サッカー関係者へのインタビューなどなど。

    • クリレコ ~Creators Recording~

      • 58本

      クリエイターに大事なのは、定期的な進捗確認と体重管理!!中村慎太郎(作家)、若林杏樹(漫画家)、ナツメリュウイチ(作詞・作曲家)の3人が、クリエイターの日常と増大していく体重について叫ぶ音声チャンネルです!

    • 商品の画像

      〝サッカー旅〟を食べ尽くせ! すたすたぐるぐる 信州編

      -----------------------------------------------------------★特典★当ページよりご注文いただくと、ニシカサイペンギンのオリジナルステッカープレゼント!!-------------------------------------------------------------全国47都道府県へのサッカー旅をつづる『すたすたぐるぐる』シリーズ。第二弾は、信州・長野県!!本シリーズの第一弾である埼玉編は、サッカー本大賞2022優秀作品に選出されました!!町歩き、観光、食べ歩き、登山、サッカー観戦、サポーターの昔話……。信州を大満喫した紀行文集です。スタジアムグルメの話もたくさん出てきますが、グルメガイド本ではないのでご注意ください。信州といえば、長野パルセイロと松本山雅が争う「信州ダービー」が有名で、映画『クラシコ』の題材にもなっています。北信・長野と中信・松本の確執は、古くは明治初期の廃藩置県からはじまり、乱闘や「原因不明の火事」が多発しました。当時ほどではないものの、対立構造は現在まで続いています。その熱量を背景に、両クラブにとって「絶対に負けたくない戦い」が信州ダービーです。本書は、信州のサッカー文化を「旅」というアングルから探っていくことで、信州ダービーの背景を読み解いています。------------------------------------------------------------★登場するクラブ★(登場順)長野パルセイロ、長野パルセイロレディース松本山雅アルティスタ浅間アザリー飯田ボアルース長野------------------------------------------------------------<代表的な著者>中村慎太郎 OWL magazine代表、西葛西出版でも代表。『サポーターをめぐる冒険』(ころから)がサッカー本大賞2015を受賞。企画・編集・執筆を担当。サッカー観戦は宗教じゃないから自由に楽しくすれば良い主義者。宇都宮徹壱写真家・ノンフィクションライター。『フットボールの犬 欧羅巴1999-2009』(東邦出版)が第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ 』(カンゼン)がサッカー本大賞2017を受賞。その他著書多数。古川康平長野パルセイロの元コールリーダー。かつての信州ダービーを戦い抜く。のんちゃん長野生まれの女子大生。おやきやナスキーなど長野への愛を語る。Harako登山とサッカーと変なものを愛する夢見がちな人。GKがとても好き。キャプテンさかまきOWL magazine副編集長。自転車に乗って善光寺から松本城へ。澄山シン松本山雅の古参サポーター。よく松本で飲んでいる。最近は文豪と呼ばれている。薄荷松本に住む天才系クリエイター。高崎選手の影響で最近はキノコばかり食べている。FJまりこ世界は私の庭!旅するフットボールジャンキー。キワタユウ癖の強い長崎サポーター。音楽を愛する人。五十嵐メイフットサルと酔いどれ担当。-------------------------------------<目次>【前書き】●日本全国すたすたぐるぐる宣言●世界へ羽ばたけ、信州のサッカー【1 長野】●長野パルセイロレディースと信州松代ワンダーランド●皆神山と神々もしくは宇宙人●長野パルセイロ、伝説のコールリーダーの未練と後悔●私のふるさと、長野へようこそ●茶臼山のちUスタ~恐竜の山に全力〝橙頂〟~【2 長野から松本へ】●脚で感じる信濃の国~自転車で長野から松本へ~【3 松本】●松本山雅、昔話 サポーターになったおじさん●松本でご飯を食べてお酒を飲む東京の人●小さなおやきと広がる幸せ●東京は信州山形村・松本の「出城」です●続・松本山雅、昔話 信州ダービーの思い出●焼岳のちアルウィン~そこに山雅があるから~【4 信州】●映画『クラシコ』とアルティスタ浅間の現在地●飯田の街は北信越の夢を見るのか●架空のクラブ、白馬FCを求めて●「楽都」松本にて、ギター職人の結晶をめぐる旅●上山田温泉の誘惑とボアルース長野-----------------------------------------------このシリーズを47都道府県続けていけるように頑張ります!是非お読みください!
      ¥1,980
      西葛西出版の本屋さん
    • 商品の画像

      〝サッカー旅〟を食べ尽くせ! すたすたぐるぐる 埼玉編

      「サッカー本大賞2022」優秀作品に選ばれました!https://www.footballchannel.jp/2022/04/05/post458882/-----------------------------------------------------------★特典★当ページよりご注文いただくと、ニシカサイペンギンのオリジナルステッカープレゼント!!-------------------------------------------------------------47都道府県へのサッカー旅紀行。第一弾はまさかの埼玉県!壮大な旅が始まろうとしている!<前書き 日本全国すたすたぐるぐる宣言より>「今日はサッカーの日だ。家を出て、スタジアムに行こう。すたすたぐるぐる、歩いて行こう。スタジアムには何だってある。試合がある。スタジアムグルメがある。ビールがある。音楽がある。たくさんのサッカー仲間がいる。」サッカー旅とは餃子のようなもの。サポーターの楽しみすべてを包み込んで、おいしくパッケージしてくれます。試合、スタグル、空港、電車、観光、マスコット……。サッカーの試合はメインディッシュですが、それがすべてではありません。サッカーには詳しくないけど、スタジアムで過ごす時間は大好き。楽しみ方は人それぞれ。それでいいのです!!この本は、サポーター文学であり、スポーツツーリズムの本であり、地域の食文化本です。珍書、奇書の類かもしれませんが、丁寧に作りました。是非手に取ってみてください。<代表的な著者>中村慎太郎(@Shintaro)サッカー旅の本が作りたくて、タクシードライバーをしながら出版社を創業した東大卒のおじさん。株式会社西葛西出版代表取締役社長。OWL magazine代表。『サポーターをめぐる冒険 Jリーグを初観戦した結果、思わぬことになった』(ころから)でサッカー本大賞2015を受賞。宇都宮徹壱(@tete_room)写真家・ノンフィクションライター。『フットボールの犬 欧羅巴1999−2009』(東邦出版)で第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ 』(カンゼン)でサッカー本大賞2017を受賞。その他著書多数。<目次>【前書き】●日本全国すたすたぐるぐる宣言●なぜ埼玉県を旅することになったのか【1 大宮】●オレンジ色に染まる街、大宮を食べ尽くせ!!●これからも、大宮とともに【2 大宮から浦和へ】●地図にないものを、探しに行こう。大宮から浦和への道。【3 浦和】●静かなる浦和と三菱重工浦和レッズレディース●REDS GO TO THE WORLD!【4 埼玉県】●『キューポラのある街』川口市に生まれたクラブ●埼玉と新潟を繫ぐ店 吹上の名店「どんまいじゃん」●アルディ・狭山茶・ゾウキリン●かるたをかたる ①彩の国21世紀郷土かるた●埼玉に南部はなく、秩父がある。●かるたをかたる ②さいたま郷土かるた●知られざる川越ダービー COEDO KAWAGOE対さつまいーも川越
      ¥1,760
      西葛西出版の本屋さん

    最近の記事

    国際マラソンコレクター鈴木ゆうり、書籍企画、記事一覧【note×西葛西出版】

     世界中のマラソンを駆け抜けるつよつよなギャル、鈴木ゆうりさんの書籍企画についてnoteでお話しています。  企画を公開して大丈夫なのか?!というご意見もありますが、企画するところから見て頂くのが一番楽しんでもらえるかなということで、思考をダダ漏れにしています。本作りの生々しい過程を是非ご覧下さい。

    スキ
    7
      • 中村慎太郎はアンチ山雅で長野パルセイロの味方なのか?!町田は独立して県になるべき!!など。『すたすたぐるぐる』公開作戦会議!!@高円寺kiten!!

         こんにちは、長野パルセイロサポーターの……。ではないですけど、中村慎太郎です。どうも、山雅サポの中では「あいつは長野よりだから」という人がいるようです。 『サッカー旅を食べ尽くせ!すたすたぐるぐる信州編』まだの方はこちらから!!  6月9日(木)のイベント@高円寺へのお申し込みはこちらから!  ぼくは東京の人間なので、長野寄りも、松本寄りもないのですが、実は『サッカー旅を食べ尽くせ!すたすたぐるぐる信州編』については、明瞭に役割を分けています。    長野について書く

        スキ
        13
        • レアポケモン、鈴木ゆうりをゲットだぜ!具体的に本を作る前に考えること【note×西葛西出版】

          noteで活躍する「世界マラソンコレクター」の鈴木ゆうりさん。出版のオファーをしてみたところ……。 お返事いただきました。 レアポケモンゲットだぜ!! (人柄と考え方を褒められたのが嬉しい私) <この企画の進展> 中村の最初の文章 鈴木ゆうりさんのお返事 ぜひ過去記事もあわせてお読みください。シェア&いいねもお願いします!  無事オファーを受けていただいたので、鈴木ゆうりさんには文章を書きはじめてもらいました。  本当はこのラリーももっとハイペースでやりたかっ

          スキ
          11
          • 突発・居酒屋バッカス【OWL magazine読者限定】

             中村慎太郎です。  本日は、豊田選手による「すごい記事」が出ますが、それとは別に突発飲みのお誘いです。購読者限定なので有料部分に記します。突発なので明日です。  詳細、以下。すたすたぐるぐる信州編・埼玉編の著者も何人か来るので制作秘話など聞き放題となっております。あ、新編集長も来ます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • スポーツコラム
            中村慎太郎 旅とサッカーを紡ぐOWL magazine
          • 釣りログ
            中村慎太郎 旅とサッカーを紡ぐOWL magazine
          • クリレコ ~Creators Recording~
            中村慎太郎 旅とサッカーを紡ぐOWL magazine 他
          • 注文の多いクリエイティブ相談所
            中村慎太郎 旅とサッカーを紡ぐOWL magazine
          • 東大卒だけどタクシードライバーになりました
            中村慎太郎 旅とサッカーを紡ぐOWL magazine
          • 新宿ゴールデン街、はじめました。
            中村慎太郎 旅とサッカーを紡ぐOWL magazine

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            弊社で本を書きませんか? 世界マラソンコレクター鈴木ゆうりさんへの公開執筆オファー 【note×西葛西出版】

            鈴木ゆうり様へ note twitter  株式会社西葛西出版の中村慎太郎と申します。西葛西出版は2021年の9月にできたばかりの新しい出版社です。  noteの藤里さんから鈴木ゆうりさんの活動を教えていただき、是非書籍の形にしたいと思い、ご提案させて頂きます!!  鈴木ゆうりさんのテーマは、世界各国を走ることで海外マラソンコレクターと名乗っていますね。中村が得意としているのは、いわゆるスポーツツーリズムなので、きっと良い本が作れるのではないかなと感じました。  本を

            スキ
            25

            10億円あったらやりたいこと(田端さん記事より)

            田端さんといえば、ハリルホジッチ解任の際の「ぶち切れ記事」を続編も含めてシェアしてくれた方。田端砲出ましたねってIT系の友達に言われて気づいた。 田端さんといえば、人生の成功者というイメージが一般的にはあると思う。実は育児の文脈で、田端家とは隣接したことがあって、某所で奥様にご挨拶したこともあった。 だから、すごく親近感がある。 ハリル記事はこれ。ちゃんと予言の書になっているのである。 さて今日は、久々に自分のためだけの文書を書こうと思う。最近仕事で書いている意識が強

            スキ
            10

            『サッカー旅を食べ尽くせ!すたすたぐるぐる信州編』 前書きとゲラ公開!

             4月4日月曜日の11時から、『サッカー旅を食べ尽くせ!すたすたぐるぐる信州編』の先行販売を開始します!!  前作を出したのは半年前でしたが、そのあととっても苦労しました。このへんの苦労話は、どこかで打ち上げをしたときに是非聞いてください。  というわけで先行販売はこちらのサイトから! 「先行販売」で購入していただけるととっても嬉しいですが、お祭りを眺めているだけでも大丈夫です。月曜日からはスペースなどもなるだけ毎日開こうと思っておりますので、是非聞きに来てください!

            スキ
            39

            OWL magazineと桝井かほ

             OWL magazineは群像劇。何が書いてあるかよりも、どういう人が書いているのかが大切です。  キャプテンさかまきによる「選手名鑑シリーズ」もありますが、中村も人物評を書いていこうと思います。この企画は記事数が減る来月からは消滅するかもしれませんが、隙間をみつけて書いていこうと思います。  来月からのOWL magazineは「旅への回帰」を強く掲げていくことになります。そういう意味では「桝井かほ」という人物にフィーチャーした記事はミスマッチに感じられるかもしれませ

            スキ
            18

            旅とサッカーを紡ぐOWL magazine、コロナ禍を越えて旅への回帰!!

             OWL magazine読者の皆様、こんにちは!!  OWL magazine代表の中村慎太郎です。最近はぼくがいなくてもだいぶ運営が回るようになってきたのですが、やはり大なたを振るう役は必要になってきます。  というわけで……。4〜6月を目処にOWL magazineの紙面を大きく変えていくことになりました。最大のテーマは……。 「旅への回帰」  OWL magazineは旅とサッカーを紡ぐウェブ雑誌なので当たり前といえば当たり前なのですが、そうも言っていられない

            スキ
            16

            信州本目次公開【書籍制作ゾンビ日誌】

             OWL magazine読者の皆様こんにちは。書籍制作でゾンビ化している中村慎太郎です。  今回はきつい……。本当にきつい……。山で遭難しているのかというくらいつらいです。そんな中、長野のドーミーインで漫画『岳』を読んだので臨場感いっぱいです。  『岳』は、松本市周辺で人が遭難して死にかけるのをせっせと助かる漫画です。あるいは、助けられずに死体回収をする漫画です。人が死んだ瞬間重くなる描写を、娘をおんぶした時に思い出して、人間年を取ると色々感じることが増えるなぁと思う今

            スキ
            19

            すたすたぐるぐる信州編の内容紹介。異例の制作途中での情報ダダ漏れ記事!

             作ってるプロセスを見せるのって、とっても大事!!  という言い訳を置きつつ、社長&編集者じゃないとなかなかできないハイパートップダウン式情報漏洩のお時間。流石に購読者限定にしようと思うのだが、それだけじゃ流石にサービス精神が足りないので、少しだけ無料部分にも記す。  もうね、ちょっとハードワークが過ぎるんですよ。今回何をしたかというと……。  ・編集者が突然離脱したことによる会社システムの立て直し  ・事業計画の見直しと銀行への説明  ・書籍制作プロトコルの再構築とチ

            スキ
            20

            江戸川区にJリーグクラブが生まれようとしている……?【東京23FC記者会見】

             江戸川区が誇るグリーンパレスで東京23FCの記者会見が行われた。ぼくは、関係者に取材をしないスタイルでやってきたので、記者会見には行ったことがなかった。はじめての記者会見、である。  グリーンパレスというのは、区役所の近くにあり、区民がときおり使う施設のこと。西葛西からはやや距離があり、新小岩駅のほうが近いような位置だが、子供の頃から聞き親しんできた名前である。  グリーンパレス、グリーンパレス。この名前を聞いた時に妙にしっくりと来るのを感じた。「埼玉県のサッカー本」を

            スキ
            34

            OWL magazineの本がサッカー本大賞優秀賞!!『サッカー旅を食べ尽くせ!すたすたぐるぐる埼玉編』

            旅とサッカーを紡ぐウェブ雑誌OWL magazine。 2019年2月に刊行して以来、3年。 昨年10月に刊行した『サッカー旅を食べ尽くせ!すたすたぐるぐる埼玉編』 なんと……。 サッカー本大賞2022年、優秀作品に!!!  いやー、流石にびっくりです。いい本を作りたいと思って頑張りましたが、最近非常にレベルがあがっているサッカー本大賞にはちょっと引っかからないかなと思っていました。  だって、できたばかりの出版社の最初の本ですからね。まだ流通すら整備できていない

            スキ
            26

            『すたすたぐるぐる信州編』編集してます。あと読者向け極秘重大発表

             サムネイルは、信州本のはらこさんの原稿から拝借!!松本山雅の文章なのに見事に山登り紀行となっていて、OWL magazine以外では考えられない個性的な文章となっている。   この記事では、信州本の制作状況と、『サッカー旅を食べ尽くせ!すたすたぐるぐる埼玉編』についてのビッグニュースを発表する! 著者:中村慎太郎 OWL magazine代表、株式会社西葛西出版代表取締役社長。サポーターの耳元で、「文章を書こうよ、You才能あるよ!」と囁くのが趣味。東大大学院仕込みの地

            スキ
            15

            埼玉サッカー本が、ラジオニッポン『上柳昌彦あさぼらけ』で紹介されます!!

            なんといきなりAM進出!! ニッポン放送で早朝に放送中の『上柳昌彦あさぼらけ』に取材していただきました!! 放送は2月9日(水)の朝5:20頃 「あけの語りびと」のコーナーです。 このコーナーは関東ローカルだそうですが、ラジコなどを使えば聞けるはずです。 ええ、そうです。 朝の5時20分頃です。 ぼくは無理ですが、是非皆さんリアルタイムで聞いてください。え?無理とかいうなって?ええ、何とか……、頑張ります……。 今回は、西葛西出版が創業されるまでと、今後の狙い、『サッ

            スキ
            9

            西葛西出版、新企画「自分の街の本」書き出しを公開します。

               新企画を思いつきました。  思いつくままに、前書きを書いてみました。  一般の出版社の場合「企画を思いつく」→「著者を探す」→「依頼する」→「原稿を回収する」という行程が必要です。一方で、ぼくが自分で書く原稿の場合は「企画を思いつく」→「自分で書けそうだから書いてみる」→「いけそうならそのまま書く」という行程になります。  ぼくの場合、「自分で書ける」ということが一つの強みにはなるので、特に創業期はなるだけ自分で書いていこうと思います。  というわけで、西葛西出

            スキ
            16